« Android のエミュレータ | トップページ | プライミーバル シーズン2 »

光学迷彩な時計

 [ Windows8にはデスクトップガジェットないのでYTClockを常駐させた - ただのにっき(2013-02-04) ]

 ということで、透明になってくれるアナログ時計が出てきていたのだなあと思った。XP の頃からだったかもう少し前からだったか Through Clock というのを使っている。アプリケーションウィンドウを邪魔せず、そのまま時計下になっているボタンとかも押せる。

 大雑把なところとしては同じような使い勝手のようだ。実のところ Through Clock はどうやらメンテナンスされていないようで、作者のページももうなくなってしまっている様子。ベクターあたりに残っているだけなのだ。Delphi 使って作られているらしくて、そんなところもちょっと気に入っているのだけれど、Win7 で使っていると稀に起動に失敗することがある。

 そんなこともあって代わりになるものがあるとよいなあと思ってはいたのだった。どうやらきむらさんも使われているようであるし、評判はよいみたい。ということでひとまず落としてみた。

 カーソルを近づけるとスーッと消えていく。なかなかいい。が、アラーム機能はないようで、というか、今のところ時計としての機能以外はないといってもいいくらいシンプルな様子。まあ、なければ駄目というほどでもないのでゆくゆくはこちらにということかもしれないかなあ。

 ところで Win8 ではデスクトップガジェットがなくなったのかしら。RP ではあったように思ったのだけれど。もっとも、あの時計はこれらのようには使えないので使う気にはなれないのだけれど。

 ということで代替になるものがあるのだということを知れたということで、いましばらく Through Clock を使おうかと。

Desktopclock


|
|

« Android のエミュレータ | トップページ | プライミーバル シーズン2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56716118

この記事へのトラックバック一覧です: 光学迷彩な時計:

« Android のエミュレータ | トップページ | プライミーバル シーズン2 »