« 東京はいつまで言い訳を続けるつもりなのか | トップページ | グレート・ディベーター »

2012-13冬の黒豆第二号

黒豆二号


 お正月早々で 250g (乾燥重量)の黒豆が終わったので、第二弾を煮た。都合により 200g * 2 = 400g ということで。そのためかちょっと重曹の量が足りなかったらしく、いくらか固めになってしまった。

 もっとも食べられないという固さではなくて、歯ごたえがやや残る程度というところなのでまったく問題はないレベル。

 普段保存に使っている小さめのタッパーでは入りきらずに、大きなタッパーにいれてもまだ足りないという量になってしまった。まあ、来週一杯くらいは安心か。

 なんとなく久々に金時豆もいいなあ、などと思いつつあるこのごろ。煮豆は箸休めにもよいのだけれど、本音を言うと実は黒豆の煮汁が好きだったりする。

 それにしても土井さんは偉大であるなあ。

|
|

« 東京はいつまで言い訳を続けるつもりなのか | トップページ | グレート・ディベーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56553014

この記事へのトラックバック一覧です: 2012-13冬の黒豆第二号:

« 東京はいつまで言い訳を続けるつもりなのか | トップページ | グレート・ディベーター »