« プライミーバル シーズン1 | トップページ | 巳年なれど虎 »

そんなんじゃクチコミしないよ

 気になってはいたものの、いつしか新刊書店からは姿を消してしまい、もよりの中古書店でと思ってもなかなか見つからない。しまいにはブックオフオンラインあたりでも見つからない時期に重なってしまったりというのもあって、ついそのままになっていた。

 そこへ、この年末年始だけパブーの電子書籍(PDF)を無料にしました、とのことだったのでさっそくに落としておいたのだった。

 パブーに出したというのは知っていたのだけれど、これまたすっかり忘れていたのだった。そして、いざ落としても、それに満足してしまってまた忘れてしまうということが起きる。事実、震災直後に落とした「ペリー・ローダン」2冊がそのままだったことに時々気づく。そのときに読めばよいのだが、それすらすぐに忘れてしまう。

 これはいけないということで、今回は正月明け早々に読み始めた。で、思ったよりもさくさくと読んで読み終えた。今更内容についてあれこれ言うこともないし、実際大きく頷きつつ読んでいたので特別なにもない。

 巷ではなにかとクチコミ、クチコミというけれど、絶対的にないとは言わないまでも、冷静に考えればそんなことが頻繁にあちこちで、しかも確実に起きるわけもなく、「これからはネットクチコミの時代ですよ~」みたいに言う輩はほとんどが詐欺師みたいなものと言っても過言ではないのではないかと。

 ネットさえ始めればクチコミが発生して売り上げが増大してもうたまりませんよ、みたいな話はあるはずもない、ということをきちんとわかりやすく、そしてあるときは厳しく言い切ってしまっているのがむしろ心地よいくらい。

 河野さん自身もそういう事例そのものを否定してはいないようであるし、まれにそういう成功事例はあるだろうけれど、ほとんどの場合のそれは幻想にしかすぎないということをきちんと踏まえるべきだ、という論旨と読んだのだけれど。にもかかわらず電子書籍版のあとがきで「では、どうしたらクチコミしてもらえるのか」というコメントがあったと紹介されていて、親切にそれへの答えも少しされていた。

 実際その人(たち)は見事に編集者の策にはまっているわけだ。この本の趣旨は「基本的にはクチコミなんて存在しないも同然なんだよ」というところにあるのでは、と思うのだけれど、タイトルはあえて「そんなんじゃクチコミしないよ」と煽る形になっている。そうなると、「じゃあ、どうすればいいのさ」という答えを求めたくなる。

 けれども、本の趣旨は違うのでそういうことを求めてしまった時点で、いったいこの本から何を読み取ったのさ? ということになってしまう。編集者の思う壺。だったかもしれない。

 わたしはマーケティングについてはよく知らない。けれども、「なぜこの店で買ってしまうのか」を買ってみたりするくらいに人間の行動心理には興味を持っているつもり。「これからはネットの時代だ」「これからは Twitter だ!」「Twitter はもう古い。これからは Facebook だよ!」とかいう変な人の指示で、ネットマーケティングをやれと言われてしまった、というような人が、まずはじめに心得ておく事柄としては、案外十分な内容なのではないか、と素人的には思うくらいの本。

 少なくとも「ネットさえやればもうウハウハですよ」みたいな幻想の声からは逃れる下地を持てるのではなかろうかと。

 もちろん、たかだか数年ではあるけれど、スマートフォンの急激な普及などもあって、ネットと社会との関わりは大きな変貌を遂げた部分も確かにあって、そのあたりの違いだけはいかんともしがたい。ただ、だからといってネットが持つ意味であるとか、社会にもたらす影響力といったものが変貌したのかというと、さほど変わったわけでもない。ただ、人々のネット依存は当時よりも格段に高まっている、というのは事実だろうと思う。

 そうした差異を踏まえたうえでなお、今も変わらず意味をもつところはあると思う。

 さて、内容とは別に編集という意味ではちょっと指摘したいところが。

 PDF 化にあたってどのようにされたのか具体的にはわからないけれど、英数文字の縦書き処理が不統一なのが気になった。(印刷されたものをスキャンしてなのか、それともパブーでの PDF 生成を使っていて、テキスト原稿から生成したのか)

 日付での年数が横倒しになっている場合と、一文字ずつ縦に並んでいる場合とが混在しているのは、ちょっと残念。縦書きでの日付では月日の二桁までは縦中横に配置し、年数は一文字ずつ縦に並べるというのが日本語文字列での基本的な扱いなので、それは統一してほしかったところ。(パブーのシステムによる生成であれば、数字の全角半角の原稿段階の差異が影響したと思われるけれど)

 また、本文 p.21 で「「時かけ」は2.6億円です」という部分があるけれど、p.97 の「1月は前月比4.8%増」では「4.8」を縦中横にできている。「2.6」はできていない。全角半角の別もあってではあるけれど、これもちょっと残念。

 また、「mixi」も全角文字で縦に並んでいるのはちょっと奇妙な印象が。ほかのサービス名はほぼ半角で横倒しのままなので。

 などというあたりはまあ瑣末なことで、本文には影響はないのですが、やはり本としてみたときにはちょっと気になってしまうのだった。

|
|

« プライミーバル シーズン1 | トップページ | 巳年なれど虎 »

コメント

ありがとうございます!
(いま気づきました)

まっ芯で捉えてくださっていて、とてもうれしいです。

それと表記についてですが、このPDFはInDesignのファイルをもらって、それを素人のぼくがPDF化しています。
いま確認したところ元のデータ、というか書籍のほうでも混在してました(で、それを直すスキルがありません)。
そのうち誰かに教えてもらおうと思います。

レビューほんとうにありがとうございました!

投稿: 河野 | 2013.01.17 11:53

いえいえ、むしろ恥ずかしいのでそっと書いておいたというのが本音ですので(^^;

数字などの表記は駄目ということでもないのですが、できれば統一できるとうれしいですよね。

#InDesign って見たことも触ったこともないので、わたしもお力になれません(><)

投稿: ムムリク | 2013.01.17 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56516768

この記事へのトラックバック一覧です: そんなんじゃクチコミしないよ:

« プライミーバル シーズン1 | トップページ | 巳年なれど虎 »