« 80年代の80 | トップページ | うたかた »

2012-13冬の黒豆第一号

201213黒豆一号


 この冬の黒豆第一号。鉄分を入れないのでやや茶色なのはいつものこと。しかし、最近では古釘を入れるということも難しくなっているのではなかろうか? あるいは、釘ならいいんでしょ? みたいなこともあるだろうか?

 昔ならばどこの家にも古い鉄釘くらい手に入りやすかったものの、現代にあってはよほど大工趣味でもなければ釘があるなんて家庭はそうそうないであろうし、そもそも釘を使ったなにかが手近にあって、そこから不要になった分を抜き取ってなんてこともたやすくできないような環境ではないかと。

 まして鉄釘となればこの頃ではそれと目指して入手しなければ、ステンレス製とか別のものばかりになっているのではという気もする。

 先日の「きょうの料理」では有元葉子さんがおせちを紹介されていたのだが、そこでも黒豆に古釘をと紹介されていたけれど、そろそろあたらしい普及的な鉄分とうものが考案される時代なのかもしれないなあ。いや、料理に使うようにそういうものを発売すれば、多少の需要というのはあるのかもしれない。

 だが、まて。そもそもそこまでこだわって手作りする家庭がどれほどあるのかということのほうが重要なのではないかと。不況とか、デフレとかいうのだからそこそこ手作りで安くという家もあるかもしれないが、黒豆というのは面倒と思われる代表格のひとつ。となれば出来合いをちょっと買ってくれば済むと考える人も多いかもしれない。

 まして、黒豆は若い世代には人気がないとも聞くし。

 やはり、売れそうもないかあ。

#いつものことながら、作り方はこちらで。

|
|

« 80年代の80 | トップページ | うたかた »

コメント

はじめまして。
年末に黒豆の煮方を検索して辿り着きました。

黒豆は大好きなのですが、市販品でお気に入りなのがあるし、手間暇かかるものと決め付けて、これまで作ることなくやってきました。
ところが、今年はうっかりそのお気に入りを注文し損ねてしまい、成り行きで作ることに・・
そして、おかげさまで大満足な結果が得られました。
すばらしいレシピをご紹介くださり、どうもありがとうございました。

事後報告で恐縮ですが、ブログ記事にもレシピをリンクさせていただきました。
もし不都合等ございましたらはずしますのでお知らせください。
よろしくお願いいたします。

投稿: lykke | 2013.01.07 01:36

lykke さん、コメントありがとうございます。
そして、お役に立ててなによりです。
もっとも、これはかの土井正晴さん考案のレシピのようでして、クックパッドをはじめ類似のレシピはネット上に散見できるようです。
味付けについては適宜試しつつ、お好みのところを見つけてくださいませ。

「リンクは自由であってよい」が、正しいウェブの姿と思っていますので、どうぞご遠慮なく。

投稿: ムムリク | 2013.01.07 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56405094

この記事へのトラックバック一覧です: 2012-13冬の黒豆第一号:

« 80年代の80 | トップページ | うたかた »