« 量ってみよう | トップページ | サンタ »

「四人の女」

 なんとなくタイトルが B 級な匂いをさせていて当初は敬遠していたのだけれど、どうも評判はよいようなので見てみることに。いや、これは案外掘り出し物かもしれない。

 女四人の強盗。冒頭で運転手の女が知り合いに見つかって犯行をばらしてしまい、もう少しというところで中で仕事をしていた三人が追われるハメに。なんとか、ふたりは逃げ出して車で逃走するも、ひとりが捕まってしまい投獄生活。

 判事とか警察とかいろいろと手を回して刑を軽くしてもらうべく動いたりするのだが、なかなかうまくいかない。そのうちに仲間の一人がメキシコのマフィアにみそめられて結婚することになるが、結婚生活はよいものではなかったと。ただ、金はある。

 そこで投獄されていない仲間ふたりをスペインから呼び寄せようということになって、まずはひとり子連れがやってくる。そうして、金を奪う計画をたてはじめる。スペインに残ったひとりは投獄された仲間を出そうとする。

 ようやく出所するとあれこれ機械工作する女。強奪計画がちゃくちゃくと進む。そして、メキシコへ。

 メキシコのマフィアのほうはなにやら胡散臭い匂いをかぎつけているけれど、どうしてこうも男どもは莫迦で愚かで単純なのかと。その対比がこの映画たらしめているあたりかなあ。

 単純に計画が進まないというあたりと、でてくる男はどうしてこんな奴ばかりなのだというあたりと、四人四様の女の魅力的なあたりとか。まあ、結局 B 級かもしれないけれど、結構見ごたえもある作品になっているのではないかなあと。

 絶賛というわけではないものの、暇つぶしに見るくらいには十分面白いと思う。

B003CLB3N24人の女 [DVD]
アグスティン・ディアス・ヤネス
オンリー・ハーツ 2010-05-21

by G-Tools

|
|

« 量ってみよう | トップページ | サンタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56383241

この記事へのトラックバック一覧です: 「四人の女」:

« 量ってみよう | トップページ | サンタ »