« 「ロード・オブ・ウォリアーズ」 | トップページ | 島のブルース »

再生可能?

 震災以降やたらと「再生可能エネルギー」などという言葉がはやっているけれど、どこが再生可能なのだろうと思ってしまったりする。風は再生できるのか? 太陽光は再生できるのか? 波は再生できるのか? 正しく「自然エネルギー」といわないのはどこの圧力なのだろう。

 16 日放送の「夢の扉+」ではマグネシウム合金による発電を紹介。マグネシウムはありふれた金属だけれど、燃えやすいという特徴があるためにそのままでは使いにくかった。マグネシウム合金はその点が改良されていて、そこから電気を発生させてみたらとやってみたら問題なかったと。

 必要なのはマグネシウム合金と海水。これでセルを作ってあとは電極つなぐだけ。リチウムイオン電池の 5 倍もの電力を生み出してくれるとか。

 しかも、いったん発電して酸化マグネシウム合金になってしまったものに、触媒と熱を加えることで、ふたたびマグネシウム合金と酸素とに分離できる。

 本当の再生可能とはこういうことを言うのではないのか? と。

 その再生のための熱源としては、太陽光を考えているようで、中東の地にヘリオスタット式の太陽光集光システムを作ってその熱で再生し、また発電に使うという計画を考えているとか。

 問題は海水(あるいは塩水)の補給問題かもしれないけれど、今はまだ実験段階なので、今後そうしたところも含めて解決ができるようになれば、まさしく安定して安価な電力が安全に確保できるということになるのではないかなあと、夢は膨らむ。

 電動バイクによる 100km 走行実証実験はみごとに成功していたし、国も関心を示しているらしい。

 まあ、残念ながら今すぐにというわけにはいかないだろうけれど、こういうところにもっともっとお金を入れて研究開発を進めることこそ本当に必要なことなのではないかなあ。

|
|

« 「ロード・オブ・ウォリアーズ」 | トップページ | 島のブルース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56343473

この記事へのトラックバック一覧です: 再生可能?:

« 「ロード・オブ・ウォリアーズ」 | トップページ | 島のブルース »