« 中夏 | トップページ | ごめんよ周 »

 この冬はじめての雪らしい雪になった。といっても雪かきが必要なというわけではないので、まだ助かる。山ひとつのおかげでこの程度ですんでいるといったところか。

 路面に雪はないし、予報ほどの冷え込みは幸いなかったので凍結というほどでもなく、むしろ高めといったところ。寒いことには変わりはないものの、むしろ室内の寒さのほうがという。

 時折陽射しがでるようにもなったりということで、屋根の雪もいくらか融けてきた。冬になるといつも思うのは、スキー場だけに雪が降ってくれたらよいのだけれどねえと。まあ、そううまくはいかない。

 昔に比べて雪の量が少なくなった分、雪に対して弱くなっているというのはあるかもしれない。

 雨の日はほとんどないのだからと撤去してしまった、長野市中央通りのアーケード。明るくなって、建物の上まで見えてよいというらしい。若者向けの店が出来ては消え、出来ては消え。しかし、そこに暮らす多くはお年寄り。雨でも雪でも安心して街に出られるアーケードの存在がどれほど役に立っていたことか。

 それでいて中央市街地に活気を戻そうなどといっていろいろやっているようではあるけれど。

 あらぬ方面に話が進んでしまったので、ここまで。この冬の雪はさてどんな具合なのかなあと。寒さはどんな具合なのかなあと。

|
|

« 中夏 | トップページ | ごめんよ周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56283591

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 中夏 | トップページ | ごめんよ周 »