« そこでexerbですよ(と、ようやく気づいた) | トップページ | 塩の街 »

ゴースト再び

 Ruby のインストール先を調べてパス設定するようにしたのだけれど、ここで不思議なことが起きていた。見えないフォルダがある。

 現在インストールしているのは、1.8.7 と 1.9.3 と 2.0.0 preview 。このうち 1.8.7 は昔の名残で Peogram Files とは別のところに入れているので、そもそも検索対象になっていないのでよいのだけれど、なぜかほかのバージョンが表示される。

 Dir.glob しているのだけれど、1.9.2 と 1.9.3-p0 というフォルダがあるという。

 しかし、Dir をとっても、エクスプローラで見てもフォルダはない。

 ためしに rmdir してみても、そんなフォルダはないというだけ。しかし、スクリプトで得られた結果には先のふたつが含まれている。

 あるいは以前アップデートするときにきちんと削除しなかったためか(かつてはいちいち削除してから入れなおしていた)とも思ったので、わざわざ1.9.2 をインストールしてから削除してみても変わりはなかった。

 レジストリ方面? とも思ったけれど、それらしいところにはあたらないし。さて、どうしてそんなフォルダが拾われてしまうのだろう?

 NTFS はよく知らないけれど、ディレクトリエントリがおかしくなっているというようなことなのだろうか?

 謎だ。

|
|

« そこでexerbですよ(と、ようやく気づいた) | トップページ | 塩の街 »

コメント

おそらく、\users\ユーザ名\AppData\Local\VirtualStore でしょう。管理者権限なしにProgram Filesの下に書き込むと、そちらにリダイレクトされます。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/bb756960.aspx
のFile Virtualization 参照。

投稿: arton | 2012.11.18 00:38

ありがとうございます!
確かにそこに存在していました。
記憶は定かではないですが、きっとソースからインストールしようとしていたことがあったので、その時だったのかもしれません。

投稿: ムムリク | 2012.11.18 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/56118996

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト再び:

« そこでexerbですよ(と、ようやく気づいた) | トップページ | 塩の街 »