« 芋が地球を救う(かもしれない) | トップページ | 桜の樹の下には »

noteref 関連の修正

 Daisy2.02 の件があってからデータ定義を大幅に変更したことへの対応が、Daisy3 についてはひとまず完了。

 その過程でこれまで見逃してしまっていた noteref 関連の修正も行った。

 ひとつはこれまで通常のフレーズしか想定してなかったことに気づいたので、その他のブロックタグなどの中にも適用するように修正。たまたまリストの中でテストしてみたら noteref を拾わないので気づいた次第。

 さすがに注釈本文の中にさらに noteref がはいるなんてことはまずないはずだけれど、それ以外のブロック、テーブルであるとか先のリストであるとか引用であるとかでは使えて然るべき。

 ということで、まずありえないとは思いつつも注釈本文も含めたあらゆるところで noteref が適用できるように修正。

 もうひとつは、フレーズ内に複数の noteref が使えるようになっていなかったことの修正。

 連続するのでない限りは、フレーズの分け方を工夫することで暫定的な対応は可能だとは思うものの、連続して複数設定したい時というのも起こりえるので、その対応も。

 単純に EPUB とかであれば、noteref を設定するだけで済むが、飛ばし読み機能を実現させるためには、読み順を正しく設定させなければならないので、そのあたりも修正。複数を設定してもちゃんと順に読み上げて、元に戻ることを確認。Pipeline でのバリデートもさせた。

 Producer 0.2.4 ではフレーズ全体が noteref 用のスタイルシート適用で、小さく表示されてしまっていたが、フレーズごとの読み上げはそのままで、表示そのものは適切にされるようにもしている。

 もう少し残された部分があるにはあるのだけれど、中途になった 2.02 のほうの修正にとりかかる予定。実のところすでに新たな問題点が 2.02 図書に見つかっているのだけれど、そのあたりの解析のためにも中途になっている部分を作ってしまったほうが作業が早いので、報告はもう少し先に。

|
|

« 芋が地球を救う(かもしれない) | トップページ | 桜の樹の下には »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55886634

この記事へのトラックバック一覧です: noteref 関連の修正:

« 芋が地球を救う(かもしれない) | トップページ | 桜の樹の下には »