« ncc:files の続き | トップページ | Daisy2.02図書をDaisy3図書に »

あずキング

 あずきバーが好きである。 夏に冷たいアイスというのは、あまりに暑すぎるときにはちょっとうれしいけれど、といって昔のように始終アイスを食べたいというほどでもなく、といってさすがの暑さにたまには冷たいものも、と思うときに、あずきバーがなんともうれしい。

 がっちりマンデーで井村屋さんを取り上げていたのだけれど、小豆をひたすら煮た小豆液と小豆餡の中間のような状態に砂糖を混ぜ、それをそのまま冷やし固めただけ、というシンプルさがよい。 まあ、歳をとったということなのかもしれないけれど。

 そもそも和菓子屋として始まって、他社にさきがけてアイスキャンデーを作り、さらには販売店用に専用の冷凍ボックスまで用意したというあたりが見事。

 しかも、現代ならいざしらず、当時としては冬場にアイスを食べるという感覚がなかったので、冬には売れずボックスは邪魔になるだけ。

 それならばと肉まん、あんまんを作り、それを冷凍して出荷。冷凍ボックスに保存して売る分だけを加熱調理して保温容器で販売するスタイルをはじめたのだとか。

 やっぱりできる会社はこういうところの発想が違うのだなあと。

 今ではいろいろの製品を出しているとはいうものの、やはり基本には小豆があって、小豆をこよなく愛していて、そうしたゆるぎないところもまた会社として健全にある理由のひとつなのかもしれない。

 今年の豆類の出来はどうなのだろうなあ。

B0073RD4GK井村屋 あずきバー 6個入 ×8個 (冷凍)
井村屋

by G-Tools

#アズキキングはパッケージにもはいっている井村屋のキャラクター。 でも「あずキング」のほうがゴロがよくない?

|
|

« ncc:files の続き | トップページ | Daisy2.02図書をDaisy3図書に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55779919

この記事へのトラックバック一覧です: あずキング:

« ncc:files の続き | トップページ | Daisy2.02図書をDaisy3図書に »