« 既成や固定にとらわれないことの大切さ | トップページ | 「羅生門」 »

それ、入りますか?

 かつてはエクスパックと呼ばれたかと記憶しているレターパックというのが日本郵便にある。 つまりはかつての冊子小包ようのちいさなボール紙製の封筒に宛名欄などが印刷されていて、送料込みの価格で購入して使えるというもの。

 そこにはいるまでならば何をいれても(駄目なものも一応あるけれど)よくて、封をしてそのまま投函すればよいというもの。 ひところには詐欺事件の現金受け渡し方法にも使われたりして話題にはなった。(ちなみに現金はいれてはいけないことになっている。 このあたりは通常の封書でもそうではあるのだけれど。)

 現在は 500 というのと 350 というのと二種類あって、500 のほうは受け取りサインをもらうタイプで、350 は郵便受けに入れるだけの通常の郵便物と同じ扱い。 それぞれの数字が料金も示している。

 350 のほうは郵便受けに入らない場合には直接受け取りを求めるものの、基本的には郵便受けに入れるだけで完了する。 万一入らない場合で、なおかつ不在であれば不在票を置いて再配達となる。

 が、しかし。 このレターパックの大きさは 250*340 mm というもので、非常に大きい。仮に中身が比較的小さなものであっても、配達員さんがレターパックの端を折ってなんとか郵便受けにねじ込む、というようなことはほぼ経験がない。

 それは、ひとつには万一の場合の保証問題もあってかもしれない。

 で、思うのは、そんな大きなものがはいる郵便受けを持つ家庭がどれほどあるのだろうかと。 200mm 程度の幅しかないものが案外多くはないかと思うのだけれど。

 であれば、まずほとんどはいるはずのない大きさでありながら、いったいどうしたら「入らない場合には」などということが出来るのだろうかと。 本来そのまま入れてくるだけですむ場合が多いはずのサービスで、ほぼすべてをいちいち手渡し確認せざるを得ないのだとしたら、そのサービスは設計そのものが間違っていはしないか、とも思うのだけれど、どうしたものだろう。

 もちろん、郵便としては郵便法にしばられている部分がまだまだ多いので、たとえばヤマトのメール便などのように袋にでもいれておいてくるなどという技が使えないとかの制約もあるのだろうけれど。 ただ、メール便に関しても、法的には玄関先においてくるというのは許容されないものなのかもしれないけれど。 黙認しているだけで。(詳細は知らないけれど)

 などと、たまに受け取ることのあるレターパックを見るたびに思うのであった。

|
|

« 既成や固定にとらわれないことの大切さ | トップページ | 「羅生門」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55578637

この記事へのトラックバック一覧です: それ、入りますか?:

« 既成や固定にとらわれないことの大切さ | トップページ | 「羅生門」 »