« 風は止まる | トップページ | 否も応も »

惜しまれつつ去るのは案外難しいのかも

 今頃になってなぜ映画化などを、と思ってもいた実写版「るろうに剣心」の公開も近いということのようで、かつて放映されたテレビアニメ全話が GyaO! で無料配信されていたので、ついつい懐かしさもあって見たのだった。 とはいえ、96 話もあるので、配信がはじまったのは昨年の暮れくらいのことだったかと。 長かった。

 なぜかテレビ放送時に、結構見ていた記憶があり、それでいてはじめのほうとか後のほうとか記憶にない部分もある。 今回すべてを見てわかったのは、後半などは本当に見覚えがない。 はっきりと覚えているのは京都編あたりまでのような気がする。

 で、実際の物語としても、正直なところ京都編まではなかなかに見ごたえもあるのだけれど、それ以降はちょっとやっつけ感がしてしまってよろしくない。 変なおまけをつけないほうがよかったのではないか、とも思うくらいに。 もちろん、原作ままなのかもしれないけれど。

 実写映画のほうは当然、オリジナルな物語なのであろうから、それとの比較はナンセンス。 とはいえ、配役はいささか微妙な気もしないではないのだけれど、まあ、それは見てからの判断かもしれない。 例によってテレビ放映待ちですが。

 しかし、当時なぜこのアニメを見るようになったのだろうなあ。 壮大なホラ話でもあり、明治初期のスポーツ根性物的な剣客ものという雰囲気が、ちょっと珍しかったのもよかったのかもしれない。


 このボリュームでは、この価格も止むを得ないのだろうなあ。

B000FVX8M6るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝
和月伸宏
アニプレックス 2006-12-20

by G-Tools

|
|

« 風は止まる | トップページ | 否も応も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55542462

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しまれつつ去るのは案外難しいのかも:

« 風は止まる | トップページ | 否も応も »