« 夏の米 | トップページ | ルビ振りの不備をあらためて修正 »

夏の甘酒

 夏の季語でもあるはずの「甘酒」が、夏になると姿を消してしまうのはどうにもけしからん。 いや、けしからんとまでは思ってないのだけれど、なんとも残念な感じがしている。

 江戸の時代だって、夏は甘酒で英気を養ったわけだし、鰻高騰の折からも見直してあげたらいいじゃないの、などと勝手に思っている。

 なにしろ「飲む点滴」と言われるくらいなのだから。 まさに発酵の神秘。

 けれども、近年では甘酒を嫌う子供も少なくないようで、次第に廃れていくのかしらとも。 いや、嗜好などというのは年齢とともに変化するものだから、年齢を重ねていくうちにはこうした味を懐かしく(懐かしいというのは妙か)思うことはあるのではないかと、少しは期待したい。

 いや、そんなことでもなくて、スーパーとかでもっと売ってくれないかなあということなのだった。 通年で入手できるのが森永とかの乾燥甘酒ばかりというのは、なんとも寂しいじゃないか。

 めずらしくワンカップ的なものを見かけたけれど、もう一息、がんばれ甘酒!(そういう問題でもないような気はする)

#ちなみに甘酒を和英でひいたら、
「a sweet beverage made from fermented rice or sake lees. 」 だそうな。 まあ英語圏にはそういうものがないいじょう仕方ないのかもしれないけれど、長すぎるだろう!


 さすがに箱買いは・・・

B004QY6DP2森永製菓 甘酒14g×4袋×20袋入
森永製菓

by G-Tools

#「夏の」シリーズではないです。

|
|

« 夏の米 | トップページ | ルビ振りの不備をあらためて修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55449840

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甘酒:

« 夏の米 | トップページ | ルビ振りの不備をあらためて修正 »