« 予言の書:たぶん明けていました | トップページ | 消えるルビ »

絵本の連想

 [ フレデリック・バック展:更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと ]

 「木を植えた男」が話題になったのは 25 年くらい前だったろうか? あの独特のパステルだか色鉛筆だかと思わせるような色合いとタッチの、ややざらざらした感じの絵柄だったような記憶があるのだけれど。

 多分絵本があって、それをそのままのイメージでアニメーションにしたような記憶もあるのだけれど、なにぶんはっきり覚えていない。

 いずれにしてもやたらとテレビなどで取り上げるような大きな話題になったのは確か。

 同様に社会的な話題になったということでいうと、たとえば「風が吹くとき」(ブリッグス)なども。 あるいは今の時代ならばまた新たなブームを呼べるかもしれないけれど、とりあえずそうした噂は聞えてこないようだ。

 もっとも、ブリッグスとしては同じ夫婦が登場する「ジェントルマン・ジム」であるとか、あるいは「さむがりやのサンタ」などのほうがもっと知られてよいとも思う。 まあ、サンタのほうはそれなりに著名ではあるけれど。

 「スノーマン」あたりもその手に含まれるのかもしれないけれど、「ウォーリーをさがせ」あたりになると、もうなんだかわからなくなるようにも。

 大人のための絵本などという言葉が生まれてきたのも、その頃からだったかもしれないなあ。

4751514318木を植えた男
ジャン ジオノ フレデリック バック
あすなろ書房 1989-12

by G-Tools


 あら、篠崎書林から移籍していたのね。

4751519719風が吹くとき
レイモンド ブリッグズ Raymond Briggs
あすなろ書房 1998-09

by G-Tools


 ジムのほうは絶版・・・

4784104593ジェントルマンジム
レイモンド ブリッグズ 小林 忠夫
篠崎書林 1987-06

by G-Tools

4834004368さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
レイモンド・ブリッグズ さむがりやのサンタ
福音館書店 1974-10-25

by G-Tools


 篠崎書林版では「サンタのたのしいなつやすみ」だったのだが、こちらも移っているのね。

475151458Xサンタのなつやすみ
レイモンド ブリッグス Raymond Briggs
あすなろ書房 1998-05

by G-Tools


追記:
 なるほど。 アニメーションはあとからと。

|
|

« 予言の書:たぶん明けていました | トップページ | 消えるルビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/55216610

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の連想:

« 予言の書:たぶん明けていました | トップページ | 消えるルビ »