« 惜しいあーる | トップページ | たわわちゃんから »

ケアの時代

 [ 放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)(中川 恵一) - ただのにっき(2012-06-14) ]

 [ やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識 (田崎 晴明) - ただのにっき(2012-06-15) ]

 前者末尾の、

まぁ、これでも納得できない人はいるわけだけど、そういう人たちはもう、カルト宗教にはまっちゃったようなもんだからなぁ。こういう本とは別の方向からのケアが必要なんだよね。

 というのはまったくもってその通りだなあと。 いや、ほかの部分も含めてなのだけれど、特に「ここテストにでるよ」というくらいに。

 テレビも新聞も信用ならないから一切もう見ない。 あの人のいうことだけは信用できる。 みたいにどんどん視野が狭くなっていってまさしくカルトにはまっていく姿そのものという人が散見されるのだけれど、それはカルト宗教のそれと同じで、どう説得してもそう簡単に目が覚めるということはないわけで、そこが大変に困ったところでもあり、だからこそ信者は儲かるにつながる人間心理でもあるわけだ。

 かつてはこんな本があったのだけれど、そろそろ現代版としてのそれが待たれる時期かもしれない。(当然のごとく絶版であるなあ)

4871770710新興宗教の辞め方・断り方
早川 和広
あっぷる出版社 1990-06

by G-Tools


#もちろん、たださんのを読んで前二冊を読んでみたくなったのは言うまでもないことです。 はい。

 ということで、改めてメモ。

4584123586放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)
中川 恵一
ベストセラーズ 2012-01-07

by G-Tools

 [ 「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」をKindleで読むためのCropBox設定 - ただのにっき(2012-06-12) ]

|
|

« 惜しいあーる | トップページ | たわわちゃんから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/54995421

この記事へのトラックバック一覧です: ケアの時代:

« 惜しいあーる | トップページ | たわわちゃんから »