« 高々の自分 | トップページ | 女々しいのは男 »

ひとまずパイプラインは開通するも

 pipeline2 を Windows 環境で試してもどうもうまくいかないので Ubuntu 環境で試すことにした。せっかくなので後回しにしていた 11.10 へのアップグレードも。ところがこれが時間がかかる。都合 4 時間くらいはかかったのでは。VirtualBox 上でというのもあるので多少は我慢してあげなくてはいけないとは思うけれど。

 そして当時噂にのぼった Unity の画面。なんだかタッチパネル向けという印象が。確かに少し不便な印象はぬぐえないけれど、まあ慣れることにする。

 Ubuntu で pipeline2 を試すとやはり作成した dtbook はエラーになる。とはいえ Windows よりはきちんと動作してくれるので、やはりこちらで試すほうがよいかもしれない。samples/dtbook で試すと epub3 が作成できた。Windows ではこれすらエラーになったのだった。

 それに気をよくして自作のファイルをやるとやはりエラー。Zedai Validate でエラーになっているようなのだけれど、エラーメッセージがそっけなさすぎてまったく対処するよりどころがない。

 日本語が駄目なのか、はたまた ZedVal でエラーとしていた pagenum が悪さをしているのかとそのあたりを対処してテストしてもやはり駄目。どうも他の部分でエラーにしている様子。謎だ。

 といって dtbook のバリデートが通ってないわけでもなく、いったいどうしろというのか。ひとまず生成されたサンプルの epub3 を参考にしてみるか。


追記:03/26
 記録のために。

 pipeline の z3986 バリデートを行って ZedVal が pagenum にエラーを出すのは「ページ」という文字が入っているため。削除するとエラーはなくなる。

 ZedAI = dtbook-2005-2 と判断しているのかもと思うのだけれど、実際はイコールではないためにエラーになっているのかも、などとは思っている。(その意味では開発が不十分ということかもしれないけれど)

|
|

« 高々の自分 | トップページ | 女々しいのは男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/54303624

この記事へのトラックバック一覧です: ひとまずパイプラインは開通するも:

« 高々の自分 | トップページ | 女々しいのは男 »