« 種の保存 | トップページ | 接近遭遇 »

文明史的見地?

 たまたま読んでいる「情報の文明学」(梅棹忠夫)で、であった部分をちょっとメモ。

文字がなんのためにもちいられたかよりも、文明史的に重要なのは、それがなににかかれたかという点である。あるいは媒体の問題である。媒体次第で、文字の社会的役わりは一変するからである。(P.219)
紙に文字をかくことがはじまってから事情は一変した。情報は紙にかかれることによって、非時間的なものとなったのである。情報は紙という物質的媒体のかたちをとって、現にそこに存在するのである。文字と紙によって、情報は存在となった。(P.220)

 さながらデジタル化された情報は非空間的なものとなった、ということかもしれないか。

 ほぼナイトキャップみたいな読み方になっているので、なかなか進まないのが難点。まあ、ぼちぼちと。春も近いし。

4122033985情報の文明学 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社 1999-04

by G-Tools

|
|

« 種の保存 | トップページ | 接近遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/54218607

この記事へのトラックバック一覧です: 文明史的見地?:

« 種の保存 | トップページ | 接近遭遇 »