« パーソナルスペース | トップページ | 知る、読む、使う! オープンソースライセンス »

ネコは気まぐれだから気まぐれなのである(と思う)

 ETV での「極める とよた真帆のネコ学」最終回は野良猫社会だった。いくつかの餌場を中心にしていくつかのグループが存在し、その地域やグループによってやや気性というかが異なってくるところもあるようで、なかなかに面白い。海辺のグループは割りと猜疑心が強くて人間と距離を置いていて、すぐ逃げてしまう一方で、住宅街の中にいるグループは人から餌をもらうことも多いために人なれしていて逃げないとか。

 繁殖行動についても面白くて、通常は大きな個体のオスネコが強くて、発情したメスネコのもっとも近くにいて機会を伺っている。小さくて弱いネコはやや離れたところから狙っている。ほとんどは同じグループのオスネコなのだが、さらに離れて別のグループのオスネコがいることもあるそうで。グループが違うと近づくことはできないのだとか。たとえ大きな個体であっても。

 ところが、メスネコのほうは実は同じグループのオスはできれば相手にしたくないということで、隙をねらって脱兎のごとく走り出し、その先には別グループからきていたオスネコが待っていてささっと事をなすと。自然と近親交配を避けるような操作が行われているのだそうで。なるほどそれは面白い。

 別のグループのネコと鉢合わせしないように、曲がり角などでは一瞬立ち止まってあたりを伺い、そそくさと通り過ぎていくとか。たまたま出会ってしまった場合には、お互いに視線を合わさないようにしてしばらくその場にとどまり、どちらかが行ってしまうのを待つのだとか。いさかいを避けるために無視することが暗黙のルールなのだとか。

 ネコ社会もなかなか面白いなあと。というか、ある意味、人間的なものを感じるといえるかもしれないなあ。

|
|

« パーソナルスペース | トップページ | 知る、読む、使う! オープンソースライセンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/53869723

この記事へのトラックバック一覧です: ネコは気まぐれだから気まぐれなのである(と思う):

« パーソナルスペース | トップページ | 知る、読む、使う! オープンソースライセンス »