« ヒート市場 | トップページ | 夏目友人帳 »

種をまく

 山岳遭難による救助のニュースがいくつも報じられたり、スノーボードでスキー場のコース外へ立ち入り禁止柵を越えてでていって帰れなくなったり。少なくともスキー場というのは安全に楽しんでもらうために整備した環境を提供している場なのだから、禁じている整備できてない場所への立ち入りをするくらいなら、そもそもスキー場へ行くなと思ってしまったり。

 ふと目に付いた山にでもはいって自らの力で斜面を登り(いやそこから降りるだけだって構わないけれど)すべり降りる。当然遭難したかもという事態になっても救助を求めたりはせず自分たちだけで対処するくらいの覚悟を持ってはどうなのか、などとも思ってしまったりする。だって、新雪で滑りたかっただけでスキー場で滑りたかったわけではないのでしょ?

 野沢温泉スキー場ではこうした禁止区域への侵入が度重なるので、そうした場所で遭難騒ぎがあった場合の捜索・救助費用の全額を請求することを決めているのだけれど、守りたくない輩はいつになってもいるのでもっと全国のスキー場でもこうしたことを制定したほうがよいのじゃないかと。

 山にしても登るなとはいわないけれど、少なくとも誰にでも遭難する可能性はあるという認識を持って、遭難保険金といったものを預けなければ入山させないといった措置も本気で考えてよいのではないかなあと。以前、長野県で議題にあがったことがあったようだけれど、結局そうもいかないといったことで終わってしまったようだった。共済みたいな考えですべての入山者が負担し、なにごともなく下山したら、あるいはシーズンごとに残金を払い戻すような仕組み(まさに共済)というのも、あってよいのではないかなあと。

 自己責任だなどというと横柄な感じに思うかもしれないけれど、冬山登山などは明らかに危険な場所にみずから赴くわけで、そのくらいの義務を負うべきなのではないかなと思うのだけれど、それって無茶な話だろうか。

 などと遭難ニュースがまとまってあると、つい感じてしまう。

 どんなに注意していても遭難することはあるだろうから、少しでもそれが安全よりになされるような措置というのはいい加減あってもよいのではないかなあと。

|
|

« ヒート市場 | トップページ | 夏目友人帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/53651772

この記事へのトラックバック一覧です: 種をまく:

« ヒート市場 | トップページ | 夏目友人帳 »