« 2011年現在の主な抗リウマチ薬 | トップページ | 今年も大根を煮る »

内陸の塩害

 近年、雪が降りそうだとか、冷え込みが厳しそうだとか、下手をすると冬の間中はとか、とにかくやたらと主要な道路に塩化カルシウムをばらまくようになった。おかげで路面の凍結が少ないとか、融雪が進むとかあるのかもしれないけれど、やたらと大量にしかも広範囲に飛ばすので(回転させながら飛ばしている)かなり遠くまで飛んでいる。

 道路から 2 メートルほど離れた歩道。向かって右側に縁石をはさんで道路がある。
20111229_01

 縁石をはさんだ歩道部分と植え込み。白くぽつぽつと見えるのは塩カルの粒。
20111229_02

 縁石にあたったり、車の通過による風とかで集まるとはいえ、あられや雹でも降ったのか? と思うほどの塩カルがたまっている。
20111229_03

 正直なところ撒く必要などなかろうというときでも撒いている嫌いはあって、つまりは予算額を消化するためにせっせと使っているというのが本当のところではないかとも。路側の植え込みの樹木にも当然影響があるし、個人の住宅や田畑に影響を与えることだって少なくないのでは。

 どこまでいってもお役所はお役所。政治家は政治家。なんとかならんものかなあ。

|
|

« 2011年現在の主な抗リウマチ薬 | トップページ | 今年も大根を煮る »

コメント

塩カル、私も心配してました。
近年本当にまく量が多いのですもの。
除雪するよりは安上がりなのでしょうが、それでも・・・。
塩害といえば、降雪機も塩を核にして雪を作るとか。スキー場の人工雪には塩分が混じっているわけで、こちらも気になります。

投稿: ぽんず | 2011.12.30 10:48

近年ものすごい散布量ですよね。
先日も自転車で走っていてあられでも降ったのかと思ってよくみたら塩カルでした。路側を走る自転車にとってもちょっと怖いです。
事情はいろいろあるにせよ、人工に頼りすぎるのも心配だなあというのはありますね。

投稿: ムムリク | 2011.12.30 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/53604616

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸の塩害:

« 2011年現在の主な抗リウマチ薬 | トップページ | 今年も大根を煮る »