« 「実地」 | トップページ | ひとが自然の一部になるとき »

Ruby-1.9.3-RC1がでたので「175倍現象」を再確認してみた

 arton さんがさっそくに Ruby-1.9.3-RC1 の Windows パッケージを作ってくださったのでいれてみた。で、そういえばと思い出した。昨年 1.9.2 で Ruby/Tk 使っていたら異様に遅い現象が起きていて、まつもとさんの目にまで触れるまでになってしまったのだった。

 ということで試してみることに。結果は「早い」。ということで一応公開しておしらせ代わりとしておかなくては。点取り虫ゲームを実行して Window が表示されるまでの時間で計測。

ruby 1.9.2p290 (2011-07-09 revision 32553) [i386-mswin32_100]


13.244424
15.397227
12.246021
13.072823
15.210027

--------
ruby 1.9.3dev (2011-09-23 revision 33323) [i386-mswin32_100]

0.405601
0.561601
0.452401
0.546001
0.546001
(単位は秒数)


|
|

« 「実地」 | トップページ | ひとが自然の一部になるとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/52835159

この記事へのトラックバック一覧です: Ruby-1.9.3-RC1がでたので「175倍現象」を再確認してみた:

« 「実地」 | トップページ | ひとが自然の一部になるとき »