« オリヲン座からの招待状 | トップページ | ReVIEWでの画像ファイルの指定方法がようやくわかった »

クワイエットルームにようこそ

 そういえば聞き覚えはあるなあと思っただけで、どういう話なのかもわからずに見始めたのだった。ゆえに冒頭部分がどうにも嫌で見るのをやめようかなと思ってしまったくらい。どうもこういう展開というのは苦手だ。

 それでも我慢してみていたら中盤から後半にかけては割といい感じの物語になってきて、結構感じるものもあったり。

 それにしても精神科というのはやっぱりちょっと怖いところがあって、まったく問題ない人を相手にしても、医師が病気だと診断すれば患者にされてしまう恐ろしさというのがあって、しかも一度つかまったら(というのも奇妙な表現だけれど)なかなか逃れることが難しいという印象が強くて。他の疾患の場合なら具体的な数値であるとか、外傷の具合とかはっきりと判断できるものがある場合も多いのに、こればかりはあまり具体的な指標がないのでやっぱり怖さというのはあるなあと。

 けれど、ここで描かれているのは実は社会の縮図でしかないのだなあと思いつつ。結局誰もがそこから逃れられないのかもしれないなあ。

 内田有紀がいいなあ。

B0011JPENCクワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
角川エンタテインメント 2008-03-19

by G-Tools

|
|

« オリヲン座からの招待状 | トップページ | ReVIEWでの画像ファイルの指定方法がようやくわかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/52677899

この記事へのトラックバック一覧です: クワイエットルームにようこそ:

« オリヲン座からの招待状 | トップページ | ReVIEWでの画像ファイルの指定方法がようやくわかった »