« メモ:シンポニー新薬承認 | トップページ | 差別化と利便性と »

「恋愛適齢期」

 きっと人生において遅すぎるということはないんだよ。きっと、たぶん、おそらく。と思うことにしよう。「恋愛小説家」とか、なんだかジャック・ニコルソンがこの手のラブコメディづいているような気がしたりするけれど、調べたわけじゃない。なんとなく。

 もうすっかり歳もいって二枚目ってほどでもないし、体型だって太っちょだし、でもなんとなく憎めないかわいらしさとかがあるのかなあ。で、いい感じに物語りにはまってくれるのでいいな。

 まあ、自分が連れてきたくせに心臓発作になった途端、放っておいて帰ってしまうとはどういう娘だとか、いくらなんでもふたりのことをほぼ忠実にコメディな戯曲にしちゃうなんてそれはあんまりだよエリカとか、いろいろあるけれど、最後が明るいのでいいよねと。

 ダイアン・キートンがすごくいいなあ。

B003EVW5VY恋愛適齢期 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools


 ヘレン・ハントも。

B004E2YUJC恋愛小説家 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-01-26

by G-Tools

|
|

« メモ:シンポニー新薬承認 | トップページ | 差別化と利便性と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/52144186

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋愛適齢期」:

« メモ:シンポニー新薬承認 | トップページ | 差別化と利便性と »