« 左きゝの拳銃 | トップページ | 夜と霧 »

男と女

 映画のなかにはテーマ曲が妙に耳に残って、それで映像が思い浮かんだりというのもあるのだけれど、昔の映画の場合にテーマ曲をあまりに聞き覚えているがゆえに、なんとなく見たような気になっている映画、というのも案外多かったりするような。テレビやラジオなどで、何度となく聞く機会があるために、なんとなくそんな錯覚をしてしまうような。

 ということで、「男と女」を見た。こんな映画だったのかと。なんとなく今でも斬新な感じがする。お互いの過去を言葉で話すという場面はなくて、回想する映像が流れる。しかも音声はなかったような気がする。それでも見ていると、「あー、そういうことね」とわかる。

 時々、モノクロとカラーとが出てくるのだけれど、これは演出としてなのだろうか。それともモノクロだったものを一部カラーにしたとか。使い分けているような印象もあるにはあるのだけれど、よくわからない。

 物語としたらシンプルなのだけれど、やっぱり「男と女」の関係は、永遠の謎なのだなあと思わせておいての、ラスト数秒の演出は、やはり謎だよねとほくそ笑んだところでおしまいといった感じ。

 ル・マンとかモンテカルロ・ラリーとか、なんだか時代を思わせてそれもまたいい感じ。この女優さん、素敵だなあ。

B003EVW604男と女 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools

|
|

« 左きゝの拳銃 | トップページ | 夜と霧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/51852726

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女:

« 左きゝの拳銃 | トップページ | 夜と霧 »