« パーフェクト ワールド | トップページ | 男と女 »

左きゝの拳銃

 名前だけは聞き覚えのある「ビリー・ザ・キッド」って、こういう人物だったのかな、という。情にあついようでいて、けれどなんだか天衣無縫で子供みたい。いや、だからこそ”キッド”なのか。

 あまりにシンプルな映画なのだけれど、冒頭があっさりしすぎていて、やや理解に苦しむところは残念なようにも。それとも、アメリカ人であれば(あるいは、よく知ってさえいれば)そうでもないものなのかな。

 ポール・ニューマンがあまりに若くて、かえってそれが新鮮だったりはする。

|
|

« パーフェクト ワールド | トップページ | 男と女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/51841853

この記事へのトラックバック一覧です: 左きゝの拳銃:

« パーフェクト ワールド | トップページ | 男と女 »