« ジェイン・オースティン | トップページ | IXY30S »

コンピュータ入門1 プログラミングの考え方


コンピュータ入門1 プログラミングの考え方

 1987 年刊行のシリーズで、この第1巻の画期的に思えたのは、あくまでもアルゴリズムを理解してもらおうということで、プログラム言語によらない解説を試みたこと。プログラムの命題を設定して、それを実現するにはどんな処理が必要なのかをあらいだして、それを言葉で列挙していくというもので、特別に決めた記号(●■▲+-><など)は使う程度で、あとは日本語で簡潔に書かれているあたりが、当時としては珍しかった。きっと、今でも珍しいのだろうとは思うけれど。

 「編集にあたって」として、次のようなことが記されている。

 ”コンピュータを始めました。何かよい本はありませんか”とよく聞かれる。パーソナルコンピュータの普及によって、多くの人がコンピュータに親しむ機会をもつようになったからである。 (中略)

 いざプログラムを勉強しようとすると、たくさんのプログラミング言語がある。だがプログラム作りとは、実は、手順を整理して書きあげるという作業である。だから、手順を整理していくための考え方・まとめ方を身につけることが大切なのである。そこで、日本語を主体にした自然な表現方法で、この考え方・まとめ方を学ぶという、これまでにない試みをした。それが第1巻である。そこで作った手順を、第2巻・第3巻では、プログラムに置き換えて、実際にコンピュータで動かしてみる。

 でも、きっと、売れなかったんだろうなあ。

|
|

« ジェイン・オースティン | トップページ | IXY30S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/51815968

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ入門1 プログラミングの考え方:

« ジェイン・オースティン | トップページ | IXY30S »