« 黒豆ショック | トップページ | クレンク人は笛を吹くか »

賀状の季節につらつら思う

 年賀状の受付が今年もはじまった。考えてみるとこれも変なことにも思うのだけれど、郵便局としては年間売り上げのなかでの稼ぎ頭であるのは事実であるし、なにしろほかに例を見ない一括配送イベントであるから、大変ではあるがオイシイ話でもあるわけで。

 そもそもで思うと、本来なら元日に年始に回るべきところ、遠方であったりもろもろの事情でそうも行かないという方への義理を果たすために元日に賀状を書いて出したというものであろうから、本来的には元日に書くべきものだったというのは歴史。もちろん、だから前年のうちに書くなどもってのほか、などというつもりはないのだけれど、すなわちなにもあせってどうあっても元日に配達されなくてはならないという風に思い込むのは、少し違うように思うよと。

 もちろん、郵便局としたら一括配送できるというメリットを生かすには、事前に出してもらわないと困るわけで、新年になってからパラパラと出されたりするのは、あまりうれしくないというのが本音かもしれない。それでも、郵便を利用するだけよいということでもあろうけれど。

 自分自身の変遷を思うと、ひところ年賀状を出すことをやめてしまい、寒中見舞いを替わりに出したこともあったけれど、そう長くは続かなかったか。そのうちに今度は元日に書くことにしたものの、あえてお年玉くじつきの年賀はがきを使わない時期がそれに続いた。ただ、これは受け取る人にとっては不評だったかもしれないなあとは思う。「どうしてくじ付きはがきじゃないんだよ」というがっかり感はあったかもなあ、と。

 今はお年玉つきはがきを使って元日に書いて出すというパターン。まあ、元日の大半がそれで終わるので、事前にある程度準備はするようになってきたけれど、最終的に書いて出すのは元日。ゆえに届くのはいつも元日以降。まあ、それもいずれどう変わるかはわからないけれど。

 年賀状がまったくないのは確かにちょっと寂しいものがあるし、それはある意味元日配達になれてしまっているのもあるのだけれど、まあこだわり過ぎなくてもいいよね、というのはたぶん変わらない。

 昨今の若者は友達(どの程度の親しさかは問わないような印象だけれど)の数の多さが大事とかいう話題を聞いたけれど、さながら年賀状の量の多寡を競うような人もまたそういうものかもしれないなあ、などとも思う。

 時期とか量とか、あまりあれこれ気にせずに時折年賀状を含めて手紙を書くという習慣だけは、残していきたいものだなあと。メールの便利さとはまた別の意味を持っているよなと、昔のことなど思い出しつつ脈絡なく思ってみたり。

|
|

« 黒豆ショック | トップページ | クレンク人は笛を吹くか »

コメント

定年退職したら年賀状がたった20枚しか来なくて自殺したという小説を、読んだことがあります。
その人にとっては、義理であれ年賀状の数が人生のバロメータだったのでしょう。

投稿: | 2010.12.16 19:54

そういう人は案外現実にも多いのかもしれませんね。特に男に。
それを良いとも悪いともいえませんけれど、そういう社会で生きてくると、なかなか切換ることは難しいのでしょうね。

投稿: ムムリク | 2010.12.17 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/50315173

この記事へのトラックバック一覧です: 賀状の季節につらつら思う:

« 黒豆ショック | トップページ | クレンク人は笛を吹くか »