« ブラック・ウィドワーズ | トップページ | メモ:不思議な数列フィボナッチの秘密 »

プラゴミの略称が誤解を生む

 俗にプラゴミと略称されることが多いけれど、正しくは「プラスチック製容器・包装ゴミ」のリサイクルであって、あくまでも容器・包装資材としてのプラスチックのこと。プラスチック製なら製品そのものであってもよいというわけではない。

 けれど、導入からすでに数年はたっているかと思うのだけれど、なかなかこれが理解浸透されないようで、製品そのものを出す人がいるんだよね。で、回収されずに残るという。

 日本人の大好きな省略が誤解を生むもとになっているんじゃなかろうか。プラゴミといわれたら、もはや”容器”とか”包装”とかいうイメージはまったくなくなってしまうから。

 というか、いっそ製品もひっくるめてプラスチックはリサイクルにすれば、こんな問題は起きないのにとも思ったり。容器・包装の材質と製品のそれとは材質が違うってことでもないだろうに。そもそも、容器・包装にしてもさまざまな材質が混在しているわけだから。製品になっているものはリサイクルの対象ではないが、容器・包装に使われていたらリサイクルの対象となるというのは、なんとも理不尽。

 もちろん、それが、容器・包装リサイクル法という限定された法律に基づくからなのだろうけれど、どうしてこういう無為なことをしてしまうのだろう。

 容器・包装だけ、なんていうのを徹底しようとしても、この分だとなかなか浸透しそうにないので、早いところ製品も含めてプラスチックのゴミとしてまとめてもらったほうが、むしろ効率がよいのではないのか、とも思うのですが。どうなんでしょうね。

|
|

« ブラック・ウィドワーズ | トップページ | メモ:不思議な数列フィボナッチの秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/49198326

この記事へのトラックバック一覧です: プラゴミの略称が誤解を生む:

« ブラック・ウィドワーズ | トップページ | メモ:不思議な数列フィボナッチの秘密 »