« ”ある”けれど”ない” | トップページ | 人と世 »

フロスト

 不思議なことに、前後してフロスト警部がでてきた。フロストのシリーズは面白いですよね。

[ [本] 推理小説を読む::更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと ]

 こちらは、邦訳第一作。当初は知らなかったのだけれど、友人から評判を聞いていて、遅ればせながら読み始めて、すっかりフロストというキャラクターにはまった。そして、あの冷たく、重苦しいような季節感。小説の醍醐味のひとつは、明らかに主要登場人物の造形にあるというのは、異論のないところだと思う。

[ [英語] 下品で無神経なようでいて決めるところはしっかりと決めるFrost警部シリーズ: 遠回りするかな ]

 こちらは、きっとこれから翻訳される次回作あたりなのかなあ。2008 年に「フロスト気質」がでたところなので、今年か来年あたりには、翻訳で読めるだろうか。というか、そもそもまだ「フロスト気質」を読んでないのだった。シリーズを重ねるごとに、紙数が増えているようで、とうとう上下巻に分冊されてしまった。なんとなく買いそびれているので、いい加減そろそろ読んでしまいたいなあ。

 フロスト警部はあちらでドラマにもなっていて、こちらのイメージとぴったりかというと(カバーイラストのイメージ先行による影響も多分にあって)微妙なところもあるものの、まんざらでもないのではないかと思っている。機会さえあれば、一度見てみたいのだけれど。

 自分のためのメモもかねて。

4488291015クリスマスのフロスト (創元推理文庫)
R.D. Wingfield
東京創元社 1994-09

by G-Tools
4488291023フロスト日和 (創元推理文庫)
R.D.ウィングフィールド:著 芹澤 恵:訳
東京創元社 1997-10

by G-Tools
4488291031夜のフロスト (創元推理文庫)
R.D.ウィングフィールド:著 芹澤 恵:訳
東京創元社 2001-06-08

by G-Tools
448829104Xフロスト気質 上 (創元推理文庫 M ウ)
R.D. Wingfield
東京創元社 2008-07

by G-Tools
4488291058フロスト気質 下 (創元推理文庫 M ウ)
R.D. Wingfield
東京創元社 2008-07

by G-Tools

|
|

« ”ある”けれど”ない” | トップページ | 人と世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/48323591

この記事へのトラックバック一覧です: フロスト:

« ”ある”けれど”ない” | トップページ | 人と世 »