« ナノなの | トップページ | 声 »

音の記憶

 そういえば、遠い記憶で映画になったのだと覚えてはいたものの、劇場はおろか、おそらくテレビでの放送もメジャーな時間帯(○○洋画劇場とか、しかし洋画といいつつ邦画もあるのは奇妙ではあるなあ)ではなかったであろうという、「櫻の園」をようやくにして見たのだった。吉田秋生の原作も読んでない。というか、あれほど有名で、もちろん知っていたし手に取ったこともあるのに、どの作品にしても、まともに読んだことがなかったのだなあと。

 映画そのものは、淡々と事件が進展していって、はたして創立記念日に毎年上演されている「櫻の園」が、今年はあるいは中止になってしまうのでは、という不安と、中止になればいいのにという、一部の思いとが錯綜して描かれていて、いかにも青春なんだなあと思うところはよい感じ。女子高ってのは、こうなのかなあと思わせてくれるし。

 とはいえ、新人ばかりなので、どうにも台詞まわしが妙で、ぎこちない感じが強すぎて、それでいて、女子高生らしい会話では、かえってその雰囲気がうまくでているともいえるのだけれど、物語としては、やっぱり不満が残ってしまうような。少なくとも、昔、映画化されたほうの映画のはなし。ちょっとばかり、危ない方面に行ってしまうのか、という不安も持たせつつ。

 青春映画なんだと思えば、あるていど割り切れるので、まあ、ほどほどに満足したともいえるのだけれど。

 それよりもなによりも、作中、何度となく流れるあの曲が、どうにも有名な CM を連想してしまって、その影響のほうが大きかったのかもしれないか。恐るべし。

B00005HNT3櫻の園 [DVD]
パイオニアLDC 2000-10-25

by G-Tools
4592883217櫻の園 白泉社文庫
吉田秋生 白泉社 1994-12

by G-Tools
4091911617Banana fish (1) (小学館文庫)
吉田秋生 小学館 1996-12

by G-Tools

株式会社 太田胃散 CM紹介

|
|

« ナノなの | トップページ | 声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/48137260

この記事へのトラックバック一覧です: 音の記憶:

« ナノなの | トップページ | 声 »