« 著者はnariさんなり | トップページ | 追跡不足 »

セン、オク、マン

 [ 『1000の風』と『千の風になって』 1 | 南風椎の「森の日記」 ]

 Twitter 経由で知ったのだけれど、なるほどねえと。もちろん、この情報だけで判断してしまっては早計な可能性だってないわけではないけれど、ただ、自分が当初から抱いていたあの歌への違和感に納得できる内容で、事実として十分あるのだろうなと思わせる。

 たしかに心情的に胸を打つ詩ではあるけれど、あの歌そのものがそうよいとは感じてなかったし、なぜあれほどメディアで絶賛され、紅白に毎年出演して歌うのか理解に苦しんでいたことが、すべて胸に落ちたという感じ。

 千の風が億の金になって満の金になったわけだ。


 昔、大杉正明さんのラジオ英会話で聴いたのがはじめと思うけれど、こちらのほうが好きだなあ。もちろん、単純な比較対象でないのは承知のうえで。

B000068TO0From a Distance: The Very Best of
Nanci Griffith
Mca Nashville 2002-06-25

by G-Tools

From a Distance - Wikipedia, the free encyclopedia

|
|

« 著者はnariさんなり | トップページ | 追跡不足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/47781613

この記事へのトラックバック一覧です: セン、オク、マン:

« 著者はnariさんなり | トップページ | 追跡不足 »