« 煮干に帰る | トップページ | 88の時代を懐かしむ »

ガッテンできるか、つきたて餅

 先日放送されたためしてガッテンでの「パック餅をつきたての味わいに戻す方法」をメモしておく。いずれ見られなくなるかもしれないので要点だけ。

ガッテン流「つきたて再現法」

1. フライパンを予熱(うすく油をひき、強火約1分)
2. フライパンに、熱する方の面だけ水をつけたもちと、湯(80℃以上)大さじ1を入れて、すぐふたをする。
3. 30秒加熱して、火を消す。
4. 余熱約7分で出来上がり。(水蒸気を充満させているため、ふたを途中で開けないでください)

※「つきたて」を再現するためには、原材料名に「もち米」と記載されたものを使用してください。
※厚さ16mm以下のもちを、室温20℃以上で使用しています。
※火力やフライパンの種類、もちの大きさによって、時間を調節してください(もちを4等分したとき、余熱時間は2~3分になります)。
※保温性の低いフライパンの場合、できない場合があります。室温が低いときには、火を消した後、フライパンのふたの上に、タオルをかぶせるなどして保温力を高めてください。その場合、必ず火元から離れた所で行ってください。

[ つきたてに変身!パックもちで至福の正月を : ためしてガッテン - NHK ]

 ついついパック入りを買ってしまった。さて、どうなるかな?

 もっとも、フライパンで両面をじっくりと弱火で焼いてやるとトロッと柔らかくなって、それを砂糖醤油で食べるとこれがまた美味なんだよねえ。

#しまった。「粉」のほうだった。ま、雰囲気ということで。

|
|

« 煮干に帰る | トップページ | 88の時代を懐かしむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/47111891

この記事へのトラックバック一覧です: ガッテンできるか、つきたて餅:

» 雪寅 [つらつらぐさ]
 大雪警報も出ていたとはいえ、それは山沿いのことで、今回のこの寒波を気圧配置や寒気の流れの図など見ていても、日本海沿岸部での影響が多そうだと [続きを読む]

受信: 2010.01.01 15:11

« 煮干に帰る | トップページ | 88の時代を懐かしむ »