« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

要対策

 [ カテゴリ毎バックナンバーについて: お知らせココログ ]

 むむ。これは困ったことに。書籍索引が作れなくなってしまう。

 対策を早急に考えなくては。

#バックナンバーページが長大になってしまうのを改善することには不満はないのだけれどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

虫愛ず

 [ [Podcast] 統合メディア・チャンネル::更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと ]

 世に言う金田パースですかね。ナウシカだとガンシップとの空中戦あたりでの振り向きざまに仰ぎ見るような構図とかが印象的だったような。

 映画ではなく漫画のほうのナウシカは完結しないままなのではと一時心配されたものでしたが、一応の完結をみてよかったなと思ったひとりです。映画は連載途中というのに無理やり作ってしまったので、物語の結末としては中途半端な面は否めなかったですね。

 ぜひ、漫画のほうも。

419210010Xワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
徳間書店 2003-10-31

by G-Tools
B000J8EFKEギリシア神話小事典 (1979年) (現代教養文庫)
小林 稔
社会思想社 1979-09

by G-Tools

 虫愛ずる姫君。

4122035279堤中納言物語―マンガ日本の古典 (7) 中公文庫
中央公論新社 1999-10

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エルサレムから来た悪魔


448822203Xエルサレムから来た悪魔 上 (創元推理文庫)
吉澤 康子
東京創元社 2009-09-30

by G-Tools

 本が好き!経由で献本していただきました。ありがとうございます。

 刊行予定を見たときから気にはなっていたものの、正直なところ中世の話ということもあって楽しめるかどうかとやや不安にも思っていたのだけれど、読み終えてみると杞憂でしかなかった。

 実際、読み始めはなんとなく慣れない時代の雰囲気に、いまひとつ入り込めないまま読んでいたのだけれど、女検死医であるアデリアが、殺された子供たちの検死を行うあたりからなんとなく空気がかわってきた。いや空気というか自分のなかの違和感のようなものがなくなってすっかり中世の物語世界に入り込んでいた、というところ。

 子供が惨殺されて発見され、磔にされたとみられたことから町のユダヤ人が犯人だとの噂が。町は不穏な空気につつまれたため、国王が城の領地内にユダヤ人を保護するような措置をとる。しかし、その後も子供の被害は続いたというのに、ユダヤ人がこっそり抜け出しているに違いないと人々は噂し、剣呑な空気はいっそう濃くなるばかり。

 事態を重くみた国王の依頼を受けてシチリア国王から派遣された、調査官シモンと有能な検死官として嘱望される女性アデリア、そしてアデリアの召使であるマンスール。けれども中世にあって女が医師であるなどということは魔術を意味するように捉えられていたため、マンスールを医師にみたて、アデリアはその助手ということにして捜査がはじめられる。

 調査官シモンもまたユダヤ人であることや、異国からやってきてなにやらかぎ回っていることもあり、アデリアたちの調査は必ずしも順調にはいかない。女性に対する扱いは現代のそれとは大きく違うことで、アデリアに対する好奇の目や非道な扱いが時代を教えてくれる。

 子供たちの検死結果は鋭利なものでなんども突き刺されていたり、石灰質の土地をひきずられたと思われるあとが。磔にされたとされ、修道院で聖なる遺骨として祭られたはじめの子供の遺体をなんとか見ると、やはり同様の所見。磔にされた形跡などもとよりない。修道院は金集めの道具として利用している。無残に殺された子供の遺体で。

 やがてシモンが重要な手がかりを発見した直後に溺死体として発見されて事態が大きく動き出す。宿でアデリアたちの面倒を見ることになったギルサとその孫のユルフをもまきこんで。犯人は身近にいるのでは。十字軍に関わるものなのでは。ひた隠しにされる修道院の内実。そして揺れ動くアデリアの恋心。後半は息をもつかせぬ展開でぐいぐいと読者をひっぱってくれる。中世という時代の制限。科学的な、さらに社会制度、社会通念としての制限。それらがいじらしいまでに物語のキーとして生きてくる。

 終盤。犯人は判明するが、物語はむしろそこからが本題。アデリアを前にはじめられる裁判ではない裁判こそが物語の本題。最後の最後まで油断なく描かれた物語は圧巻のひとこと。アデリアの人としての、女としての、検死医としての成長を追いつつ、物語の結末を篤とご堪能を。

 嬉しいことに、アデリアの活躍はすでに続編がでているとのこと。今から翻訳が楽しみです。

 ひとつだけ気になったのは、独白や心のうちの言葉などがフォントを替えて表現されているところ。このフォントの違いがちょっとわかりにくい時があります。系統が似ているので場合によっては気づかずに読んでしまうくらい。

 原文がどうであるのかはわかりませんが、このあたりはもう少し工夫があったほうがよかったのではとも。せっかくフォントを替えている意味が半減してしまうので。原文とは異なる表現であったとしても()付きで表現するなりしたほうが明確でよかったかもしれません。

 今年のベストに推したい一冊です。

 多少の無理があるのは承知で、なかなかよかった。いずれ原作も。根こそぎ拾ってやる、ってことですな。

B002G55XEK臨場 DVD‐BOX
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-11-21

by G-Tools

433474303X臨場 (光文社文庫)
光文社 2007-09-06

by G-Tools

 始まりはこのあたりから。かつてのベストセラー。

4167656027死体は語る (文春文庫)
文藝春秋 2001-10

by G-Tools


#旧本が好き!サイトのドメイン処理の不備により、意図しないリンク先となってしまうということで旧アドレスへのリンクを消去しています。(2012/02/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ACではなくACC

 NHK 「ためしてガッテン」で記憶力の低下といったことに関する内容。

 で、昨今は記憶するという行動が減ってきていることによって、記憶を助ける、あるいは記憶を思い出すことを助ける働きをしている ACC という部分の働きが弱まっていると。年齢に関係なく。お年寄りであれば加齢にともなうということで止むを得ない部分もあるものの、若い人でも記憶するということが減っているので働きが弱い人が増えているといったこと。

 電話番号は携帯のアドレス帳まかせ。昔は自宅はもちろん、友人知人などいくつも覚えていたもの。いまじゃ自宅の番号も住所も、ともすれば度忘れしてしまうような経験がすくなからずあるのでは。

 と、考えていくと、学校で闇雲に丸暗記させられた経験というのは、あながち間違いではないのではないかと。記憶するという訓練の役にたっていたのではなかろうかと。百人一首を覚えたり、九九を覚えたり(これは少なくとも実生活に役立っているか)、歴史の年号、などなど。

 その意味では円周率を「およそ 3 」などとしていた時代は、なんと不遇な時代だったのか。といって数十桁、数百桁も覚える必要はないけれど、興味本位で覚えてみるかと挑戦することは、それなりに意味があったのだということかもしれない。

 昨年攻城団ご一行さまとお会いした際に円周率の話がちょっと出て、そこそこ覚えているあたりを読み上げたのだけれど、いささか「それは本当にあっているのかな? といって今ここでは確かめるすべもないんだけど」といった空気を感じたわたしです(笑)。(<追記:他意はないですので。自分でも証明はできないなあ、などと内心思っていたので)

 3.14159265358979 までは今でも覚えていて(中学生ころにはもう少し先まで覚えていたこともあったけれど)、この数字は特にイメージするまでもなく出てくるようになっている。実のところこれには日本語の語呂合わせもあるのだけれど、それをイメージしているわけでもない。まあ、そっちも覚えているから確認には使えるけれど。ちなみに、「産医師異国に向こう産後役なく」といった感じだったかな。

 似たようなものでは平方根とかもありますね。ルート 2 が 1.41421356 。ルート 3 が 1.7320508 。とかとか。フジサンロクオームナク、とかね。

 で、黒柳徹子さんが「窓ぎわのトットちゃん」を書いたときに、あとがきだったかどこかで話されていたのか、「当時のことをこれほどまでに詳しく書けたのは、そうした出来事をどこかに書き付けておいたりせずに、全部頭のなかに記憶しておいたからだと思う」といったことを言われていたのを思い出します。

 忘れないようにメモしておくことも必要であり大切なことではあるけれど、記憶にとどめるということもまた大切なことなのだとあらためて感じた次第。


 余談としては、星のスペクトル型なんてのもなぜか覚えていて、OBAFGKM なんですが、一般には英文の語呂合わせを紹介するようです。日本語にもあって、そのほうが覚えやすいのですが、昨今では差別的に受け止められそうな感じもします。昔むかしの「天文ガイド」だったか「天文と気象」あたりに載っていたのだと思うのですが。ちなみに英文では、Oh! Be A Fine Girl Kiss Me. といった具合。

4061832522窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)
講談社 1984-04-15

by G-Tools

 昔読んだのはたぶんこれ。

4001152029πの話 (岩波科学の本 12)
岩波書店 1974-06

by G-Tools

 ちょっと面白そうなのでメモしておこう。

4791764390πとeの話―数の不思議
久保 儀明
青土社 2008-09-25

by G-Tools

 [ ACジャパン ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ:京都あるき

408781419X羽田美智子私のみつけた京都あるき
集英社 2009-10-26

by G-Tools

 羽田さんという不思議なキャラクターは好き。ウェルかめではお母さんだものなあ。ということでメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マイコン、パピコン、パソコン

 [ PC USER'z Park:「昔々あるところに、1台のパソコンがありました」 (2/3) - ITmedia +D PC USER ]

 はじめて購入したのが無印 PC-8801 。漢字 ROM をつけると高くなったのでつけなかった。それでも高かったなあ。192KB のメモリとかいっていたけれど、大半は ROM だったし。PC-6001 と PC-9801 が同時期に新発売で、どうするか迷ったような記憶が。

 ディスプレイは小さな古いカラーテレビに RF モジュレータ経由で接続するから色ずれがあったりして大変だった。外部記憶はもちろんカセットテープレコーダーで、ロードエラーに泣いた日々は数知れず。延々続くピーヒョロに我慢してようやくはじめたゲームは、今となっては陳腐なものだったかもしれないけれど、当時はあれで楽しかったなあ。

 フロッピーディスクドライブをつないだら快適でうれしかったとか。ただ、EPSON TF-10 だったので NEC がいやいやをして不便な思いをしたのも確かで。微妙なリセット技とか使っていたような。

 BASIC やマシン語を打ち込んでみたりはしたものの、ほとんどは市販のゲームマシンになっていたかな。Xanadu はよくやっていたなあ。これも読み込むまでが苦労した。復刻の Win 版も買ったものの、忘れすぎていてあまりやってないまま。当時を懐かしんでちょっとやってみようか。でもエミュレータでも動いているんだった(M88)。

 時間もたしかに相当たっているのだけれど、その違いは時間だけでははかれないくらいに大きいような気がする。ま、当時は当時で面白かったし(不便なことも含めて)、今はいまで別の面白さかな。

4756147305蘇るPC-8801伝説 永久保存版
アスキー書籍編集部
アスキー 2006-03-14

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自転車のタイヤ交換

 自転車の後輪タイヤを交換した。春くらいからひび割れが目立ってきていて、そろそろとは思っていたのだけれど、自転車店でやってもらうか自分でやるかと考えていたら秋になってしまった。

 ふと見るとかなり磨り減ってしまったし、ひび割れ状態もいくらか拡大してきたようなので交換することに。相場的には工賃込みで 4000 ~ 5000 円くらいなので(タイヤの種類とか店によっても違うけれど、だいたい基準価格が設定されている)、自分で今回は交換することに。

 軽快車の後輪は以前やったときに面倒だった印象があったので、どうしようかと思ってはいたのだけれど、安さには代えられないので。タイヤの価格はチューブ付きでも 1500 円ほど。メーカー製のものだとチューブなしでそのくらいの価格だった。

 とりあえず後輪を外せばなんとかはなる。タイヤ交換そのものは回数を踏んでいればこれといった問題もない。専用の工具がなくてもできる。とはいえ、再び取り付けるときには専用の治具があるといいなあとは思う。やや開いたフレームをギュッと押さえ込むようにして締めこむので。

 ついでにあちこち拭いてあげたりして、点検というかしたら、肝心な部品が壊れているのがわかった。代用品もないのでひとまずそのままなんだけれど、車軸が少しゆがんでしまうのであまりうれしくない。15 年以上は乗っているので、そろそろ買い替えも検討かなと。なんてことを考えているとへそを曲げるかな。

 ま、いましばらくはこれで。

 タイヤの空気は常に一杯に入れておきましょう。段差はスピードを落として越えましょう。

B001QXDCXC対磨耗タイヤ1本巻・L/T<26×1 3/8>(ブラック) ※ロングタフ Y2835
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

よくとれます

 [ トマニ式の生き方::L'eclat des jours(2009-10-22) ]

 arton さんがまたおっさんホイホイをしかけた(わけではないけれど、きっとそんな思惑があるに違いない。ということにさせてください)。

 ふとなつかしの映画「マタンゴ」を思い出したわたしは、そう古い人です。

 でも、なんだか面白そうで気になります。

 先日読んだ「ゾティーク幻妖怪異譚」の雰囲気に合いそうな話。

B0000TCKRMマタンゴ [DVD]
ウィリアム・H・ホジスン
東宝ビデオ 2003-12-25

by G-Tools
448854102Xゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫)
大瀧啓裕
東京創元社 2009-08-30

by G-Tools

 bk1 にはデータだけは残っていた。図書館かあ。
 [ オンライン書店ビーケーワン:トマニ式の生き方 Artback ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エネループブランドの新顔

 とうとうこんなものにまでエネループが。ひざ掛けにもびっくりしたけれど、これはまたすごい。

 でも、ちょっとひかれる。寒いのはつらいです。

B002MZXXXCSANYO エネループネックウォーマー 充電式ネックウォーマー ホワイトグレー ENW-NW1S(HW)
三洋電機 2009-09-01

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

州知事戦線異状あり!


4488115039州知事戦線異状あり! (創元推理文庫)
高澤 真弓
東京創元社 2009-09-30

by G-Tools

 本が好き!経由で献本していただきました。ありがとうございます。

 トロイ・クックという名前になんとなく覚えがあったものの、なんだったろうか、と思っていたのだけれど、昨年の今ごろに読んだ「最高の銀行強盗のための47ヶ条」の著者だったと帯を見てようやくわかった。よくいえばそのくらい印象のまったく異なる作品に見えたということかも。まあ、単純にすっかり忘れていたということでもある。

 カリフォルニア州での州知事選挙の候補者のひとりが死亡する事件が起き、さらに市長を務めていた女性候補が命を狙われ、意識不明に。女性候補の弟でもろもろの揉め事を解決することを仕事としているジョンが注意を配っていたなかでの事件。

 犯人は 100 人あまりいる候補者のなかにいる。

 ジョンと相棒のハーリーが捜査していくなかで、上院議員でもあるジョンの母親が奇抜なアイデアを提案。ジョンが姉の代わりに候補者となるという前代未聞のウルトラC的な手段。選挙運動をしながら犯人を見つけ出すことができるのか、そして選挙のゆくえはどうなるのか。

 全体の雰囲気は前作と同じようなものなのだけれど、出来栄えはすっかり違っていてより洗練されたといっていい。なんとなく違和感を覚えてしまった前作とは違って、テンポといい展開のスムースさといい会話のしゃれた空気といい、こなれたものになっている。そのため 430 ページあまりあるにも関わらずどんどんページが進む。

 相変わらずの文体は好みが分かれそうだけれど、訳文がなかなかこなれているのもあってさほど違和感はないかもしれない。まあ、多用されている太字強調はあまり意味がないように思うのだが、こればっかりは仕方ない。

 ハリウッド映画になっても案外おもしろいのではないかという展開なので、あるいはいずれそういう話が起きてくるのでは。三作目も本国では出版されるということで、近い将来翻訳でまた読めそうだ。それでさらに洗練されていたとしたら、エンターテインメント系の注目すべき作家のひとりとして確立するといってもよいかもしれない。

 ドタバタしつつもユーモアもあり、ちょっとしたお色気のサービスもある。とにかくスピード感たっぷりで突っ走ってくれる爽快な読後感。たまにはひたすらおもしろいものが読みたいという向きには特におすすめ。

 まったく味わいは異なるけれど、こちらの選挙も面白い。

4167711036町長選挙 (文春文庫)
文藝春秋 2009-03-10

by G-Tools



#旧本が好き!サイトのドメイン処理の不備により、意図しないリンク先となってしまうということで旧アドレスへのリンクを消去しています。(2012/02/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

命日

 ふと調べていてあらためて認識したので。

めいにち【命日】

 その人が死んだ日にあたる、毎月のその日。[ 狭義では、祥月命日を指す ]

しょうつき【祥月】

 [ 一周・忌(年)以後にめぐって来た ] 故人の亡くなった月と同じ月。
 【--命日】故人が亡くなってから何年目かにめぐってきた当月当日。


(上記どちらも「新明解国語辞典第四版」から)

 本来的には命日はその文字そのものが示すように、日にちを指すにすぎないと。同様に月を指すのは祥月なので、まさに同じ月日をさすのが祥月命日であると。命日そのものは基本的には毎月あるといってよいこと(大の月、小の月があるので、必ずしもそうではないけれど)。

 で、命日=祥月命日という意味に使われていることも、ままあるということか。また、祥月というのは亡くなって二年目から使われるということか。

 もっとも文化的な違い、地域による違いというのはあるだろうから、必ずしもこの限りではないのかもしれない。

追記:
 出典表記を忘れていたので追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トウシューズはピンクだけ


4488248047トウシューズはピンクだけ (創元推理文庫)
Leslie Meier
東京創元社 2008-02

by G-Tools

 本が好き!経由で献本していただきました。ありがとうございます。

 三人の子供の母であるルーシーが、地元ティンカーズコーヴで起きる事件を解決に導くシリーズの第2弾。探偵とまでいってしまうとちょっと言い過ぎなところもあるものの、テレビの二時間コメディサスペンスを見ているような軽快さで読み進められるという意味では非常に安定感のある作品。

 今回はお腹の中に四人目がという状況にも関わらず、殺人事件に遭遇してしまったり、子供たちが通うバレエスクールの発表会が近いというのに突如失踪してしまった元バレエダンサーの老婦人の行方を気にしてあれこれ探して回ったりというなんとも活動的なルーシー。それでも、さすがにちょっとお腹の子が気になるのでいささか行動も控えめになってしまいがち。そんなところもまたうまい味になっていたりするのは確か。

 殺人事件では知人が容疑者として逮捕拘置されてしまったどころか、凶器となったのはとある理由で貸すことになったルーシーのビデオカメラ。娘たちのリハーサルを撮影したかったのにビデオカメラは証拠品として警察に。

 一方の失踪事件。形式的な捜索はしたものの、老人というのは時としてふいにいなくなるものだなどという理由をもってして警察の捜索はいったん中断。もっとも遺体が発見されたわけでもなく、身代金要求の電話があったわけでもないとあれば、事件性を特定できるわけでもなく、わけもなく捜索を継続できるということでもない。

 いったいどうなっていくのか、ちゃんと物語は収束されるのかと思っていると、意外な関係から事件の全容解明の糸口が見つかるというあたりは、なかなか面白い。なるほど、その行動にはそういう理由もあったのか、とわかってくるあたりから事件は佳境にはいっていく。

 一見善人が悪人かもしれないし、悪人に見えて善人かもしれない。外向きの顔と家庭内での顔とはまた違うということもあるかもしれない。隣の家のことであっても、その実際の暮らし振りとか生活習慣、家のなかでの振る舞い方の違いなんてことは知りようもない。

 それにしても、そんな大きなお腹で無茶をしちゃいかんだろう、というのは、まあご愛嬌。最後はすべてが丸く収まってくれるという点でも安心して読める軽めのエンターテインメント。

 気になったところとしては、細かく分けられた各章には、ピンクシートと呼ばれるバレエ発表会の注意書きの文言がひとつずつ惹句としてつけられていて、きっかり最後までそれらが収まるという仕組みになっている。ただ、それが特に章の内容に絡んでくるということでもなく(ごく一部はそうと取れないこともないのだけれど)、ちょっともったいないようなところも。せっかく使うのであれば、なんらかの形で絡んでいたならよりひねりが効いてよかったのではないかと。

 とはいえ、トントンと実にいいリズムで展開していく物語を体験できるので、気が付くとページが進んでいるという具合。秋の夜長にじっくり、と思ったものの、あっという間に読み終えてしまった。たまには軽めのもので楽しみたいという向きにはお薦めというところでは。


#旧本が好き!サイトのドメイン処理の不備により、意図しないリンク先となってしまうということで旧アドレスへのリンクを消去しています。(2012/02/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お手軽大学芋

 マイミクさんに紹介したらいたく喜ばれて普及活動が始まったので、それに乗じてということで。

 そもそもは TBS の「はなまるマーケット」で昨年あたりに紹介されていたもので、どこかの商店街だったか普通にお店だったかで考案したらしく、それを紹介していたのだった。あいにくとはなまるのサイトでは過去のものは残っていないようでもあるので、こちらでも紹介してせっかくのこの季節においしくいただこうという普及活動。

 内容はほぼ「はなまる」サイトで紹介されていたまま。一部書き直した部分もあり。

材料
さつまいも:1本(250-300g)
砂糖:大さじ4
醤油:小さじ1/3
酢:小さじ1/3
サラダ油:大さじ4
水:少々
黒胡麻:適宜

作り方
1.さつま芋は乱切りにし、水洗いして表面の水分を拭き取る。
2.フライパンに砂糖、醤油、酢、サラダ油、水を入れて、さつま芋が重ならないように並べ、蓋をしてから弱火にかける。
3.2分したらさつま芋を返して蓋をしてまた2分。さらにさつま芋を返して焼いてない面を下にしてから蓋をして焼く。(揚げ焼き状態で都合6分)
4.タレが飴色に変わったらまんべんなくさつま芋に絡ませる。串などをさしてスッと通れば焼き上がり。
5.オーブンシートなどに取り出して黒胡麻など振れば完成。

 こんな感じ(あまり上手な写真が残ってない)。

Sweetpotato


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わなわな

 [ http://www.kt.rim.or.jp/~kbk/zakkicho/09/zakkicho0910b.html#D20091011-1 ]

 むむ。ちょっと読みたい気持ち。

 保険はまあそれとして、銀行や郵便の預貯金口座とかは死亡が確認されると凍結されるわけですが、こうなるといろいろ手続きが面倒だったりするわけです。もちろん、当然のことなので仕方ないことではあるし、手続きを踏めばちゃんといろいろできるわけでもあります。

 ただ、あれこれ思うと突然の死のあとに、死んだ本人はもうまったくなんの悩みもないわけですが(宗教的な話は除外するとして)、遺族には煩雑な作業が山のように残ってしまったりすることもありうるわけなんですよね。

 そうすると、保険とか預貯金口座とか、あれやこれやというさまざまなサービスなどについても、生前にある程度整理したりとか、わかりやすくしておく必要ってのは誰しもあるんじゃなかろうか、などと思ったりするわけです。

 「わたしが死んだら、パソコンにこのフロッピーディスクをいれて起動してくれ」とかも、これからの時代は必要なのかなあとか。まあ、フロッピーディスクドライブのないパソコンが主流になりそうな気配もありますけれど。

 ま、そんなこんなでいろんなことを少し考え直すってのは必要なのかも。誰だっていつ死ぬかわからないわけだし。

#そういう奴ほど長生きしたりするのも世の常なんでしょうけれど。

 と、いうことでメモ。

4062724685生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
講談社 2007-11-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

紙は不滅です(とか)

 [ はてなやmixi、ついったのIDで郵便が届く時代がきっとくる::きしだのはてな ]

 前の正月に mixi で年賀状ってのはなかなか面白い取り組みか、とは思ったものの、使うってわけでもなかった。それでもネットだけのつきあいしかないけれど、長いおつきあいになっていて「たまにはリアルな年賀状ってのもいいな」とかってのはあるかもしれない。そんなときにあえて住所とか氏名を尋ねないままに送りあえるってのはなかなか面白い試みだなあとは思った。

 で、その発展系。なかなか面白いです。まあ、確かにいろいろとあらたな問題とか予防とか必要になるのだろうけれど、新しいことにはつきものなのでそのあたりをクリアしつつ出来ていったら面白いだろうな、と単純に思う。

 ま、自分で使うかといったら微妙ではあるんだけれど。

 郵政が民営化されて、いままたなにやら動きがでてきそうな気配はあるものの、よくなった部分ももちろんあるように思うし、不便になったりしたこともまたあるのだろうと思うし。

#電子メールでなくてリアルな手紙とか郵便手段は今でも好きだなあ。確かに頻度は少なくなってしまったけれど。便利なサービスも復活して整いつつあるようだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

閉ざされた扉

人生の時計は一度しかねじをまかない

その針がいつ止まるか
遅くか、早くか、
誰も知らない
今だけがあなたの時間だ
生きよ、愛せ、
そして力をつくして働け
明日があると思ってはならない
なぜなら、
その時あなたの人生の時計は
止まっているかもしれないから

 昔、図書館の印刷物に載っていたもの(記憶のなかのものなので多少の差異はあるかも)。出展は「The Book of Life」となっていたように思うけれど、当該書籍は見つけたことがない。

 ぜんまい仕掛けの時計というのも、今では珍しくなり、電池式の時計しか知らないという人も多い時代ではあるけれど、電池にしたところでよくて 5 年程度。ま、ソーラーパワーで充電するものもこの頃は増えてきているけれどね。

 ふたたび人生の扉を開くことが、もはやないのだと思い知るとき、懐かしさと無念さといくつかの後悔と、さまざまな思いが去来する。

 しなきゃよかった後悔は二度としないことで生かされるが、しておけばよかった後悔は満たされることはない。

 どんなに精一杯生きようとしても、後悔のない人生は多分望むことなどできないのかもしれない。せめて自分に謙虚で、相手に対して思いやりをもてたなら、なにかしら諦められるのかもしれないか。

 いや、諦観ではなくて、仏教的にいうのであれば無常観か。

 言葉をつくしても、伝えられないことはある。

 一生に見ることができる桜の花なんて、ほんの一握りなんだよね。

B000O76P6MDenim (通常盤)
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン 2007-05-16

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ:USBメモリでインストール

 [ 【山田祥平のWindows 7カウントダウン】 1,000円ちょっとで買えるUSBメモリでネットブックにクリーンインストール ]

 ネットブックは持っていないけれど、光学ドライブのない PC での作業メモとして。

 microSD カードの価格の下がり方が驚くべきものなので、これが一番安上がりかな。もっともリーダーを持っている場合に限るけれど。

 OS のインストールは別として、古いメディアが見つかったら USB メモリ代わりに使うと便利。かさばるのだけは難点。家で使うだけなら問題なし。ということでスマートメディアを使っていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蛍雪

 真っ暗にしないと眠れないという人と、明るくないと眠れないという人と。別にそういう理由ではないけれど、うっすらと明るかったら夜中に起きたときとか便利だろうね、というのが NEC のホタルック蛍光管。あるいはそもそも蛍光管というから、ホタルックに対する誤解が生じているのかもとか。

 蛍光管の内壁?に蓄光剤が塗られているので 10 分ほど使ったあとであれば、消したあともほのかに光っているという蛍光管。寝室とかに使うとなかなか便利なんだけれどね。

 価格は通常のものと比べて 1.5 倍くらい。もちろん普段つかっている照明器具にそのまま使える。すべてをホタルックに替えるとなると値段の点でもちょっとと思うかもしれないけれど、 2 本セットされているうちの 1 本を替えるだけでも有効。

 当然のことながら光を蓄えているだけなので電気を消費するわけではないので、小さな明かりだけは必ずつけて寝るという人なら節電にも。

 一度使ってみるとなかなか便利なんだけれど、あまり使っているという人に会わないんだよねえ。

B0027LV0G8NEC 40形+32形丸型蛍光灯・MILD色(昼白色)ホタルック FCL3240ENM-SHG
NEC

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たそがれどき

 [ イヴの時間|アニメ|無料映像 GyaO![ギャオ] ]

 以前からあるのは知っていたものの、なんとなく興味をひかなかったのでそのままにしていたけれど、最終話まで無料で見られるというので見ることにした。すぐに一話あたりの時間が 15 分あまりということに不思議に思い、さらに微妙にそれぞれの長さが違うことにまた疑問をもったのだけれど、この一年ほどをかけてネット配信で提供されたアニメだったのだと知ってなるほどと思った。

 テレビ枠であればあまり 15 分というのはないだろうし、まして 15 分になったり 16 分になったりというのはちょっとあり得ない感じ。秒単位くらいだったら状況によってあるのだろうけれど、ネット配信でという理由がわかると既存の時間枠に是が非でも納めなくてはならないという理由がなくなるので納得がいく。

 アンドロイドが生活のなかに自然に存在するような未来という設定で、けれども物語の主な舞台はたまたま知ることになった、アンドロイドと人とを区別しないという「イヴの時間」という喫茶店のみ。その店内で繰り広げられる様々な人間模様(あるいはひょっとすればアンドロイド模様)を通じて、人とアンドロイドの関係やそれぞれについて考えさせるという手法。

 どのキャラクターも謎や秘密を抱えているように見えるし、ひとくせもふたくせも何かありそうで興味はつきない。さらに巨大な組織的な力も背後に隠れている設定のようで、そのあたりがどう展開を見せるのかも今後の楽しみ。ひとまず第一期 6 話の終了ということらしい。


 アンドロイドというとすぐに思い浮かぶのは、

4150102295アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)
早川書房 1977-03-01

by G-Tools

 なんだかカバーが思いっきり変わってしまっている。

 映画のほうが分かりやすいような、そうでもないような。

B0016Y9E92ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11

by G-Tools

 しかし、アンドロイドといって連想するのは古い記憶のオットー。

4488637116恐怖の宇宙帝王/暗黒星大接近! <キャプテン・フューチャー全集1> (創元SF文庫)
東京創元社 2004-08-24

by G-Tools

 「アンドロイド&ロイド」ってのもあったなあ、と検索すると都筑道夫だったか。奇想天外に連載した「銀河盗賊ビリイ・アレグロ」のシリーズだったか。とすると奇想天外で読んでいたかも(探せばあるかな?)

4087506193銀河盗賊ビリイ・アレグロ (集英社文庫)
集英社 1983-01

by G-Tools

 ロボットの原点をさぐるならやはりアシモフよりも「 R.U.R 」を。

4003277422ロボット (岩波文庫)
Karel Capek
岩波書店 2003-03-14

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »