« トウシューズはピンクだけ | トップページ | 州知事戦線異状あり! »

命日

 ふと調べていてあらためて認識したので。

めいにち【命日】

 その人が死んだ日にあたる、毎月のその日。[ 狭義では、祥月命日を指す ]

しょうつき【祥月】

 [ 一周・忌(年)以後にめぐって来た ] 故人の亡くなった月と同じ月。
 【--命日】故人が亡くなってから何年目かにめぐってきた当月当日。


(上記どちらも「新明解国語辞典第四版」から)

 本来的には命日はその文字そのものが示すように、日にちを指すにすぎないと。同様に月を指すのは祥月なので、まさに同じ月日をさすのが祥月命日であると。命日そのものは基本的には毎月あるといってよいこと(大の月、小の月があるので、必ずしもそうではないけれど)。

 で、命日=祥月命日という意味に使われていることも、ままあるということか。また、祥月というのは亡くなって二年目から使われるということか。

 もっとも文化的な違い、地域による違いというのはあるだろうから、必ずしもこの限りではないのかもしれない。

追記:
 出典表記を忘れていたので追加。

|
|

« トウシューズはピンクだけ | トップページ | 州知事戦線異状あり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/46527490

この記事へのトラックバック一覧です: 命日:

« トウシューズはピンクだけ | トップページ | 州知事戦線異状あり! »