« メモ:USBメモリでインストール | トップページ | 紙は不滅です(とか) »

閉ざされた扉

人生の時計は一度しかねじをまかない

その針がいつ止まるか
遅くか、早くか、
誰も知らない
今だけがあなたの時間だ
生きよ、愛せ、
そして力をつくして働け
明日があると思ってはならない
なぜなら、
その時あなたの人生の時計は
止まっているかもしれないから

 昔、図書館の印刷物に載っていたもの(記憶のなかのものなので多少の差異はあるかも)。出展は「The Book of Life」となっていたように思うけれど、当該書籍は見つけたことがない。

 ぜんまい仕掛けの時計というのも、今では珍しくなり、電池式の時計しか知らないという人も多い時代ではあるけれど、電池にしたところでよくて 5 年程度。ま、ソーラーパワーで充電するものもこの頃は増えてきているけれどね。

 ふたたび人生の扉を開くことが、もはやないのだと思い知るとき、懐かしさと無念さといくつかの後悔と、さまざまな思いが去来する。

 しなきゃよかった後悔は二度としないことで生かされるが、しておけばよかった後悔は満たされることはない。

 どんなに精一杯生きようとしても、後悔のない人生は多分望むことなどできないのかもしれない。せめて自分に謙虚で、相手に対して思いやりをもてたなら、なにかしら諦められるのかもしれないか。

 いや、諦観ではなくて、仏教的にいうのであれば無常観か。

 言葉をつくしても、伝えられないことはある。

 一生に見ることができる桜の花なんて、ほんの一握りなんだよね。

B000O76P6MDenim (通常盤)
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン 2007-05-16

by G-Tools

|
|

« メモ:USBメモリでインストール | トップページ | 紙は不滅です(とか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/46437477

この記事へのトラックバック一覧です: 閉ざされた扉:

« メモ:USBメモリでインストール | トップページ | 紙は不滅です(とか) »