« TSNETスクリプト通信第6号 | トップページ | テケテケな日々(Ruby/tkメモの4) »

アコギなのかリッパなのか


4408535206アコギなのかリッパなのか(Jノベル・コレクション)
実業之日本社 2008-02-20

by G-Tools

 しゃばけシリーズが好きなのだけれど、文庫待ちをしているのでなかなか次にありつけない。単行本ではすでにいくつか未読のものがあるにはあるのだけれど、文庫で読み始めたのでできれば文庫で続けたいということで、ぐっと我慢している。概ね年に一冊程度が文庫落ちなので、今年も暮れくらいにはまた出るだろうか。

 とはいえ、たまには畠中さんのを読みたいものだということで調べると、単行本を除いた未読では二冊くらいしかない。で、ひとまず買ってみたのがこれ。

 ひとことで言ってしまったら、しゃばけの現代版とでもいえる連作短編。

 元大物政治家の事務所で事務員として働く大学生の佐倉聖(さくら せい)が、その元大物政治家である大堂の指示で、関係する政治家などのところにやってくる不思議な事件を解決していくというのが大筋。

 事件というのは猫の毛色が変わってしまうとか、後援会関係者の殴打事件をうまく治めてくるとか、選挙事務所のボランティアが妻に隠れて間食しているのではないかとか。まあとるに足りないといえば言ってしまえる一見ささいな事件ばかり。ただ、その裏には必ずといっていいほど、ちょっとした事実が隠されていてそこがしゃばけしリーズを彷彿とさせるところ。

 政治家の世界にうとい庶民とすれば、ところどころで触れられる政治家の内情であったり、事務所内のことごとなどなかなか興味深いところもある。珍妙な陳情などが集まりそうな政治家の近辺を舞台にしているというのも、現代版のしゃばけとしてはなかなかうまい舞台設定といえるかも。いってみれば一筋縄ではいかない政治家という種族は狢や狸、魑魅魍魎、あやかしたちとも同類といえなくもないか。

 ちょっと見たところでは続きが刊行されている様子がないのが残念。しゃばけをはじめとした時代物で忙しいというのはあるよねえ。

|
|

« TSNETスクリプト通信第6号 | トップページ | テケテケな日々(Ruby/tkメモの4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/46033524

この記事へのトラックバック一覧です: アコギなのかリッパなのか:

« TSNETスクリプト通信第6号 | トップページ | テケテケな日々(Ruby/tkメモの4) »