« ココログのトラックバック処理はおかしくないか? | トップページ | 珊瑚の涙 »

まもなく日本Ruby会議2009

 いよいよ Ruby会議2009 目前。今年も可能な限りライブ中継で参加させていただくことに。中継スタッフの方々に感謝。

 しかし今年は3本同時進行なために、参加者にしてもライブ中継にしても非常に悩ましいところかも。重なるものもきっとあるはず。どちらを選ぶか。はたまた客席を見たら数えるほどしかという部屋も、あるいは出てくるのか?(まあ、そこまでということはないでしょうが)

 追加チケット販売のころ、ささださんが「Ruby会議はどこへ行こうとしているのだろう」「参加希望者はすべて参加できるようにするのが望ましい姿なのか」的なことをつぶやかれていたように記憶しているのですが、会議の規模も大きくなってきて、実際どこへ行こうとしているのか、とふと思ってしまいそう。

 もっとも、それこそが今年のテーマの「変わる」ということのひとつの形かもしれないわけではありますね。

 実際チケットってどのくらいの枚数が販売されているのでしょうね。

 それはともかく。今回見てみようかなと思っているのは、こんなところ。(タイムテーブル

Railsエコシステムの研究 :: 松田 明

Rubyの数 :: 後藤 謙太郎

Ruby の標準乱数生成器とその改良案 :: 村田賢太

Ruby 1.8 のゆくえ :: 卜部 昌平

Ruby リファレンスマニュアル刷新計画 2009 夏 :: okkez

Rubyist Magazine が出来るまで :: ささだこういち

Rubyにおける生産性を高めるための開発環境を考察する :: ujihisa 氏久 達博

基調講演 :: まつもとゆきひろ

偉大なBigTableとぼくのおもちゃ :: 関 将俊

concov: 時系列に注目したテストカバレッジビューア :: 遠藤 侑介

RubyのGC改善による私のエコライフ ~レジ袋は結構ですよ(2009夏)~ :: nari

スクリプト言語Ruby :: arton

あらためて仕事で使うRuby :: 後藤 謙太郎

RubyGemsの落とし穴 :: 西山 和広

Regional RubyKaigiのご報告 :: 角谷 信太郎

RubyならMacでしょう :: Vincent Isambart -ヴァンサン・イザンバル-

RubyをつかったiPhoneアプリケーション開発 :: 森 琢磨

Ruby製アプリケーションを配布するn個の方法 :: 原 悠

Re-introduction to Ruby :: 前田 修吾

Take the Red Pill :: 角谷 信太郎

Erubis徹底解説 :: 桑田 誠

基調講演: Rubyと私、そして日本Rubyの会 :: 高橋 征義


 そして当然 LT やら RejectKaigi とか。

 それにしても結構重なっていたりして、悩ましいところ。

 幸いにして天候はまずまずのようですが、暑さの厳しい中ですので、スタッフの方々も参加者の方々も体調に気をつけて無事に終えられることを祈っています。

#終ったら次は日食だ。手軽に安全、木漏れ日観測がおすすめ。

|
|

« ココログのトラックバック処理はおかしくないか? | トップページ | 珊瑚の涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/45648139

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく日本Ruby会議2009:

« ココログのトラックバック処理はおかしくないか? | トップページ | 珊瑚の涙 »