« 新番組三題 | トップページ | 楽園への疾走 »

夢が夢でなくなるとき

 [ TBS「夢の扉~NEXT DOOR~」 ]

 がん治療に粒子線照射を利用しているという話。そりゃ加速器を設置するのだろうから相当の設備費がかかるだろうと思ったら、当初は 200 億円かかったのだとか。現在ではなんとか 100 億円にまで下げることができるようになったそうな。

 粒子線の照射によってがん細胞が生存できない状態にするということで、切除することもなくきれいなままで治療を終えることができるということも大きなメリットらしい。

 ただ、正確にがん細胞に照射するための準備や実際の照射にはかなり厳しい面もあるようで、目下の課題は乳がんにどう応用するかだそうな。乳房のような柔らかな動きをしてしまうものをいかに固定するのかと。現状では特殊な樹脂を体にあてて固定するための冶具を作り、それをあてて固定するらしいが、乳房の場合にはそれだけでは不十分ではないかということらしい。

 あくまでも想像の域でしかないものの、逆転の発想で、仰向けではなくうつ伏せの状態で固定するというのはどうなのかなと思った。そのほうが重力をも利用できてより固定がしやすいのではなかろうかと。

 まあ、反面下から照射できるような装置の改良が必要になったりと、必ずしも簡単ではないとは思うけれど。

 いずれにせよ、設備費と治療費をいかに低減するかというのがなによりも火急のテーマなのだろうなとは思うけれど、人の道にはずれない医療の進歩は素直に期待したいところだなあ。

|
|

« 新番組三題 | トップページ | 楽園への疾走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/44732334

この記事へのトラックバック一覧です: 夢が夢でなくなるとき:

« 新番組三題 | トップページ | 楽園への疾走 »