« ワンマンアカペラ | トップページ | 現代語訳 日本書紀 »

読書は1冊のノートにまとめなさい


4901491849読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
奥野宣之
ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008-12-05

by G-Tools

 本が好き!経由で献本していただきました。ありがとうございます。

 多くの本好きな人にとっては読む必要なしというのが率直な感想。著者は読んでも内容を覚えていないのが普通と思っていたり、ただただ読み流しているだけと断定しているが自分にとってはそうでもないし、不特定多数の本好きの友人知人はみなそれなりに覚えてもいるし、いろいろ感想をきちんともっているものだ。ノートに書いたほうがより深まるとか、書かないからどうも覚えていられないという人はいない。

 だから、

読書ノートをつけると、より理解が進む。記憶にも残るし、もっと身につく。そんなことは誰でも知っています。(あとがき)

 誰でも知っているというのも妙だし、それによってよりよいと断定してしまうのも妙だ。

 たとえば「窓際のトットちゃん」を書いた黒柳徹子さんは子どものころのことを一切なにかに書き留めるということはしなかったと書いていて、もしも書いていたらそれに安心してここまで詳しく記憶していて書くことはできなかったと思うと書いている。書くことは、忘れてもそれを見れば思い出せるという安心を生み、その時点で忘れることを前提にする。そして後になって見たときに思い出すのは結局そこに記された断片でしかないということになる。

 もちろん、本であればふたたびその本を読むこと(あるいは見ること)で補足することも可能ではあるからそれでもよいということはいえるかもしれないが、それこそがよりよいのだというこの手の本の手法に乗せられすぎないことが肝要だ。

本は読んだほうがいいと思っているのだが、なかなか読む本を見つけられなくてベストセラーばかりだったり、なかなか続かないという、本が苦手な人になら、ある程度薦められる内容かもしれない。

 というのが正直なところ。

 もちろん、細かいことは抜きにしてもしも知らずにいたのなら本探しに役立つという話もわずかにはある。末尾にある役立つかもしれない文房具などの紹介も面白いかもしれない。ただ、買ってまで読む本ではなかろう。前著の「情報は・・・」の内容も推して知るべしというところ。


 以下は気になってしまったところを列挙。(ノートを作ろうとして読んだのでもなければ、ぐっとくるところを探そうと思って読んだのでもなく、流せばよいと思いつつもどうにも見過ごせないところ満載なので、かえって疲れる読書だった) アマゾンでも珍しく低い評価が前面にでているところを見るとあながちこの感想が間違っているわけでもなさそうだ。

#かなり長文ですのでご注意ください。

財布を三つも四つも使っていれば、いくら几帳面に整理していても、どこに歯医者の診察券が入っているか、わからなくなります。

では反対に、まったく整理をしなくても、レシートや会員カードの類などを何でも突っ込んである財布ならばどうでしょう。机の上でひっくり返してひとつずつ見ていくことで、必ず診察券は見つかりますよね。
・・・
つまり、
「この中に必ずある」
「この中にないなら、もうない」
というわけです。
要は、いっぱいになり次第、次々に代替わりしていくことで、ノートをこのダンボール箱のような「何でも突っ込んでおける入れ物」として使っていくのです。(P.37)

 仮に複数の財布を使い分けているとしましょう。几帳面に整理しているのだから通院はこの財布というように使い分けができているはずです。月々の医療費としてその財布を使っているという使い方もできる。診察券がわからなくなるということはない。

 ひとつの財布でも結局全部をぶちまけてよりわけなくてはわからないわけで、4つの財布を順に調べていくことと違いはない。むしろ期待値としては複数のほうが高いのではないか。もちろん 100 個もあれば別かもしれないが、仮に同等の量がひとつに入っているのであれば同じことだ。

 さらに(これはあとでパソコンに頼ることになるのでそれはそれとしてなのだが)次々と代替わりするノートが存在するのだから、結局複数の財布を調べることと変わりはない。


僕は、これをA4用紙にプリントした上で四つ折にしてノートに挟んでいます。(P.54)

 わざわざパソコンに打ち込みなおして印刷するよりノートを使うのであるし手書きにすればよいのでは。これは検索のためにノートに書き散らした内容を、あとからパソコンに入力しなおして検索機能を使うということにも通じる。理解はできるが、そのための労力は万人に薦められるものでもなかろう。しかもエクセルデータにして携帯電話で閲覧するのが IT だみたいに書かれているのだが、それはどうだろう。いっそ携帯でメモしてメールで送って登録しておく、みたいなサービスのほうがよくはないかなどとも。あればの話だけれど。

大きい書店では買い物かごがあるので、それを借りて、次から次へと品定めしていきます。まるで書店員の人のようです。(P.59)

 書店員の人、って・・・。

英語学習法の本など、正攻法からトンデモ本まで、掃いて捨てるほどあるわけで、下調べもせずへたに棚の前に立ってしまうと迷うだけです。(P.60)

 と言ったかと思うと、

北朝鮮の体制に興味を持ったら、本屋で「国際政治」の棚を見てみる。(P.76)

 と言ってみたり。

家で冷蔵庫の中を見て、買い物メモを作ってから行けば、スーパーで買い物の時間を短くできる。これと同じ理屈なのに、書店に「探書リスト」を持っていく人はあまりいません。(P.61)

 スーパーの場合、時間短縮のためにメモを持ってというわけではむしろなく、余分な食材を買ってしまわないようにということであったり、必要なものを買い忘れないためであって、結果的に短時間かもしれないが、それが主目的ではない。仮に買い忘れた本(チェックし忘れた本)があったからといって、メニューの変更を余儀なくされたりすることでもないし、やむなくそれだけ買いにもう一度行くということもない。同列に扱うには無理がある。

 略記というのは自分にだけわかるルールでやると必ずいつか破綻するのであまりやらないほうがいい。世間一般的に言われている表記ならまだしも、いずれ重複するものが出てきたりして迷ったり分からなくなったりする。行うにしても最小限にとどめるほうが無難だ。

それに、購入前に読んだ書評をもう一度読むことで、「この人のすすめる本はこれからもチェックしておこう」と決めたり、「この書評家はぜんぜん自分と合わない」とわかったりする。(P.69)

 その本を読もうと思ったのはその書評を読んだからだったのではないのか? 漠然と面白そうだと思ったという記憶しか残っていないとしたら、よほど記憶力に障害がある人なのだろうか。むしろ読んでいる間にそうした評者との意見の違いや、同意といったものを感じつつ読んでいるというのが普通ではないのか。

仮に買いまくって「探書リスト」が空になったとしても、すぐに補充できるのです。(P.70)
このようにすると、読みたい本がなくなるということがありません。(P.159)
それに百科事典の入った電子辞書を持っているので、よほどのことがないと「読むものがない!」ということにはなりません。(P.170)

 どうもこうした「読む本がなくなったらどうしよう」という中毒的な強迫観念を感じさせる記述が著者には多いようです。そんなに困ることなのだろうか。読みたいと思えば読むものなどはいくらでもあるではないですか。さらにいえば読書だけが楽しみでもないし、時間つぶしでもない。テレビでも映画でも観劇でもゲームでもスポーツでも楽しいことはいくらでもあり、それによって得られることも実にさまざま。もちろん読書に関する本なのでということはわかりますが、ちょっと異常な感じすら覚えます。

書店に行く前にネットで検索することもあります。

こうしておくと、書店に置いてあるかそうでないか、だいたいわかるので、無駄に探しまわることを避けられます。
・・・
逆に、書店に行く前にアマゾンに在庫があるか確認しておけば、もし書店になくても安心です。すぐアマゾンで注文すればいいので、「せっかく探し回ったのになかった」と不機嫌になることもありません。(P.71-P.72)

 書店の在庫というのは言ってみれば相対的なものと絶対的なものとがあります。絶対的なものとはつまりどこの書店においてもほぼ同じような状況にあるもので、流通や版元在庫などとも関係しています。これにたいして他には置いていないが、ここならあるという特定のものも書店によってはあります。

 そうした特長がわからずにいたずらに書店めぐりをするだけならば、無駄足を踏むということも多いでしょう。書店で見つからなければアマゾンで注文すればいいのだからというのは、つまりもはや買うという行為は決まっているのですから、それならば端からアマゾンで買えばよろしい。それこそ無駄を省くことにつながるのでは。

 探書リストをつくるというところでも盛んにかかれていますが、リストの本だけを探して品定めするので早い。余計な本に目が行かないといったことを書いているのだが、多くの人は漫然と書店にいくばかりではない。紙のリストなどなくともそれを探している。当然リストがあろうとなかろうと探す過程で他の本に目が行く。気になる本が見つかるということは往々にしてあることで、リストだけを重視するのであれば書店員にこの本を見せてくださいとでもいうほうがまだましではなかろうか。いい迷惑ではあるが。

大学生が日経新聞の書評欄を読んでも、あまり感じ入るところはないでしょう。(P.77)

 いくらなんでも大学生に失礼では。そういう大学生もいるだろうが、それがすべてではあるまい。たぶんに予断を含んでいてよろしくない。

しかも意味のわからないことはさすがに書き写せないので、理解できるまで読み込む。知らないうちに、三回くらいは読んでいることになります。(P.85)

 理解したからこそ、そこが重要だと思ったのでは? 意味もわからず雰囲気で「なんかイイ感じ」と思ったということなのでしょうか。仮に意味がわからなくても、言葉の響きが気に入ったというのでも悪くはないでしょうし、「書き写せない」という理由がよく理解できません。三回読めばわかるでしょうか。

つまり、目的を「読了する」から「読書ノートを作る」に変えることで、自然と読書のアプローチが変化してくる。「読んだから読書ノートを作る」のではなく、「読書ノートを作るから読む」のです。(P.87)
このように読書を流れ作業化してしまうと、通勤電車の読書はかなり忙しい。(P.172)

 本書を読む限りにおいては、これはむしろ反対だと思う。読書ノートを作るために必死に読んでいるという作業に成り下がってしまっているような印象が強い。だからこそ「読む本がないと困る」という脅迫観念に囚われるようになる。あくまでも主体は読書であってノートを作ることではない。本末転倒というべきでは。

まず、読むときに読書ノートに引用することを前提としておくことで、読み方が「ぐっとくる箇所」を探す作業になってくるからです。(P.91)

 一つ前でいったように「作業」になってしまっている。たとえばビジネスのための読書であるとか、アイデアをなんとかひねりだすための読書というのであればそれは作業そのものなのでよいとして、通常の読書にそれを求めたのではそれはもはや読書といえない「さもしい読書」でしかない。

多くは、本棚の前に立ち尽くすうちに、読みたいと思ったこと自体を忘れてしまうでしょう。これでは再読につながりません。(P.139)

 本当に著者は記憶力が乏しいというか、「博士が愛した数式」の博士のように記憶が 80 分、いや 5 分ともたないのではなかろうか。仮に探している過程で他の本に目が止まり、懐かしさから再読したとしてそれが無意味なことだと誰が断定できるのでしょう。まして読みたいと思ったことを忘れるなんて失礼なものいいはどうかと思うのだが。

堅い木を削るとき、いきなり削りたい箇所に刃が入らなければ削れるところから削ります。すると、その断面や発生した角に刃が食い込むようになる。(P.165)

 堅い部分はどうあっても固いのです。やったことがありますか?

一括で入金しているわけですが、それを忘れたころにポストに雑誌が投げ込まれているのは、タダでもらったようでなかなか幸せな気分になります。(P.165)

 そんなおめでたい人がいるとは。

そうなると、考えが凝り固まることを未然に防ぐための本や雑誌は、投入を自動化しておくのがいい。歩けなくなってから、歩いてすぐの病院に行こうとしても遅いのです。(P.167)

 仮に歩けなくなったのなら、歩いていけない遠くの病院であっても歩いていくのは当然無理であるし、タクシーなどでどのみち行くでしょうから歩いていけないから病院にも行けないといった比喩は成り立たないでしょう。

 さらには、

僕はグラビアや広告のページ、読まない連載小説などはこの要領ですぐ取ってしまいます。(P.182)

 と、一つ前に意外な発見を与えてくれる出会いを期待して読んでいるはずの雑誌から不要と判断している部分を取り除いてしまうと書いている。グラビアだって話題のアイドルを知るきっかけであるかもしれないし、広告に意外な逸品を見つけることもあるかもしれない。なんとも一貫性がないのだ。

鹿児島空港の売店には、案の定、西郷隆盛や桐野利秋など、薩摩藩士の評伝や歴史小説が一ヵ所に揃っていました。こういうのをいちいち普通の書店で探して、全部立ち読みしてチェックするのはなかなか大変です。(P.169)

 本当に地方の書店に入ってみたことがあるのだろうか。郷土に関係する本はたいていの書店が入り口近くなどにコーナーを設けているものだ。これはとりもなおさず観光客などに向けたアピールでもある。それとも普通の書店とは東京の書店と同義なのだろうか。

健康やダイエットの本がよくヒットするのも、体を持っていない人はいないからだと思います。(P.169)

 そんな無茶な。

僕の場合は、カバーをまとめて、クリアファイルや大き目の箱に保管しておくことにしました。

・・・
これを繰っていけば、「こんな本を持っていたのか」と驚くことすらあるからです。(P.181)

 忘れるほど長い間膨大な数の本を併行して読んでいるというのだろうか。ちょっと信じがたい。いや、やはり著者は記憶力が・・・


#旧本が好き!サイトのドメイン処理の不備により、意図しないリンク先となってしまうということで旧アドレスへのリンクを消去しています。(2012/02/12)

|
|

« ワンマンアカペラ | トップページ | 現代語訳 日本書紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/43495434

この記事へのトラックバック一覧です: 読書は1冊のノートにまとめなさい:

« ワンマンアカペラ | トップページ | 現代語訳 日本書紀 »