« それって光ケーブルでは? | トップページ | タイタス・クロウの帰還 »

きりん本

4873113679初めてのRuby
Yugui
オライリージャパン 2008-06-26

by G-Tools

 しばらく前のことではあるけれど、ようやくにして Yugui さんのきりん本を買った。なによりも多くの Rubyist のみなさんの評判も高いことから、それは読んでみるべきだろうと思いつつ今頃になってしまったわけではある。

 執筆前のころから(とブログで書かれてあったころを思い出すとそうかと思うのだけれど)言われていたように、また冒頭でも断っておられるけれど「初めての Ruby 」とはいっても、プログラミングがはじめてという人向けではなく、なんらかのプログラム経験が多少なりともあって Ruby を初めて手にする人向けの本であるというのがよく分かった。

 まだ読み始めでしかないのだけれど、それでも入門書などで Ruby を使い始めたけれどどうにもよくわからないところがあるんだよね、という人に向けているというのがよく伝わってくる。そういった疑問に思うはず、思っていたはずのポイントをついて端的に解説されているので、ある意味リファレンスとして傍らにおいて使うのに重宝しそうな内容だ。

 ページ数と価格を思うとちょっと手控えてしまいそうな感もあるけれど、中をみればそうでもないと思うはず。なによりも活字が小さいので実際に含まれている分量はそのページ数をしのいでいるはず。もっともそのおかげで老齢の身にはちょっと辛い感もなくはないわけだが。できればもう少しポイント数を上げて欲しかったような気持ちもあるかな。

 とにもかくにも、Ruby を使い始めてみたけれど便利じゃないか、と気づいてしまった人には必携の一冊(少なくとも現状において)といえるのではないかなと、道半ばのひとりとして思った次第。

 繰り返しておくけれど、プログラムそのものが初めてという人は買ってはいけない。そんな人は「たのしい Ruby 」あたりからはじめましょう。

4797336617たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング
高橋 征義
ソフトバンククリエイティブ 2006-08-05

by G-Tools

|
|

« それって光ケーブルでは? | トップページ | タイタス・クロウの帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/43287966

この記事へのトラックバック一覧です: きりん本:

« それって光ケーブルでは? | トップページ | タイタス・クロウの帰還 »