« 待ちに待った個展の夜に | トップページ | それって光ケーブルでは? »

レンジでゆたぽん

 どうせストーブに薬缶をのせてお湯を沸かしているのだから湯たんぽでもつかってみようか、と思ったのだけれど、案外湿気るよという指摘を受けたので、土地柄湿気やすいということもあってそれは避けたいかと思ったのだった。ちょうどその頃に家電 Watch のほうでレビューがあったのでいろいろ調べると良さそうだ。

 ホームセンターなどでは 600 円程度で売られているし、電子レンジでの加熱による電気代にしてもごくわずかなものなので、繰り返し使えることや柔らかなので感触もよいので買ってみた。なにより名前がいいではないか。「ゆたんぽ」の文字を入れ替えただけなのになんともかわいらしい響きを持ちつつ、ゆたんぽであるという主張もしっかり伝わる。

 使ってみるとほのかな暖かさでふにょんとした柔らかさがなんともいえずいい。持続時間が短いと揶揄する声もアマゾンなどにはあるようだが、きちんと布団の中で使う分には一晩十分に暖かい。当然本体そのものは冷めてきているけれど、布団の中が温まっているので申し分ない。さすがにパソコンを使っているときに膝の上などにおいて使っていると2・3時間程度しかもたないけれど、まあそれは仕方ない。それでもアームレストがわりにしていると暖かくて便利ではと想像していたりする。

 唯一不便に思うのは付属の専用のカバー。封をするのがちょっとてこずる。中央部分に切れ目があるので柔らかいとはいえちょっと躊躇しつつ折り返している。

 さて、この冬は快適に過ごせるだろうか。

B000FP3P3Y白元 レンジでゆたぽん
白元

by G-Tools

 こちらも便利かも。

B000KJGR6Cレンジでゆたぽん 首・肩用
ゆたぽん

by G-Tools

|
|

« 待ちに待った個展の夜に | トップページ | それって光ケーブルでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/43253467

この記事へのトラックバック一覧です: レンジでゆたぽん:

« 待ちに待った個展の夜に | トップページ | それって光ケーブルでは? »