« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ウィルスバスター2009にアップデート

B001F50L76ウイルスバスター2009 3年版
トレンドマイクロ 2008-09-19

by G-Tools


 もうしばらく前になってしまったが、ウィルスバスター2009にアップデートした。更に軽くなったというのだが、体感的にはよくわからない。アップデート前にメモリ使用量とか調べておけばよかったのだが、いまとなってはわからない。ただ、以前から似たような、あるいはもっと快適な環境と思われる人でも重すぎて使えないと憤慨する意見もあったのだが、自分の環境においてはまずそういうことはない。まあ、たいして重い処理をさせていないということなのかもしれないけれど。

 今回のバージョンでよいと思ったのは、検索結果ページでそのリンク先の安全度を色分けで表示する機能を盛り込んだことあたりだろうか。 IE と Firefox 限定のようではあるけれど、これは一般の利用者にとってはわかりやすくて安心できる機能のひとつかなと。

 インストールやアップデート自体はこれという難しさはなかった。セキュリティソフトはどれが一番いいというのは正直不毛な議論だと思うので、不満があればいろいろ試してみればよいし、特に不満がなく、一定の信頼をよせるものであるのであれば、使い続けたらよいのだろうな。

 どうしても安くあげたいというのであれば、更新料0円というものもあるのでそれを選べばよいだろうし、代価を払ってもそれに足ると思えば初心者にも比較的使いやすいソフトではないかなと思うのだよね。とりあえず、これから新規に導入を考えている人には個人的にはお薦めしておきます。

 いずれにせよ、このご時世にセキュリティソフトを入れていないで、オンラインスキャンをたまにすれば十分じゃない、などといっているのは危険なだけだと思うよ。

#それにしてもそっけないパッケージであることよ。ごてごてしてるより、良いともいえるけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

復活した

 自分の不注意とはいえ落胆していたのだが、ふいに思い出した。バックアップがあったはず。すぐさま確認するとあった。よかった。

 ということでコピーして事なきをえたと思った。とはいえ忘れていたということは随分バックアップをさぼっているということなので、この際久々に更新しようと思ったが、うっかり消してはいけないと除外ファイルにしてみたりしたら、バックアップ側のそれが今度は削除されてしまってまたまたあわてた。忠実とはいえそういうことなのかと。

 BunBackup って手軽に使えるのは確かなのだが、どうも使いにくいところもあって微妙なところもある。一番面倒なのが除外ファイルにフォルダ指定ができないこと(最近のバージョンは未確認なので対応しているかもしれないが)。ゆえにウェブのキャッシュとかがのきなみコピーされたりということになってしまう。

 とまあ、悪いのは別に BunBackup ではないので、今後は気をつけないと。そして、やはりこまめなバックアップは必要だなと。そして、そして、早いところ DVD に焼いてしまおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

消えた

 正月に録画しておいた「のだめカンタービレ」。不覚にも一部録画し損ねたのだったが、ひとまず DVD にしておこうかとようやく重い腰を持ち上げたのだが、巨大なファイルを前に分割しようか、オーサリングソフトのほうで分割して処理すればいいかなどとあれこれしているうちに、なぜか消えた。

 いやまあ、きっと「消してもいい?」って問い合わせにうかつに「はい」をポチッとしてしまったのだろうとは思うのだが。

 ごみ箱をみてもない。巨大なファイルなので即削除処理したのだろうとは思ったが、リカバリツールでなら復旧できるだろうと思っていた。

 駄目だった。ふたつほど試してみたが、かけらもみつからない。

 残念だけど諦めるしかなさそうだ。やれやれ。久々のやっちまったな感。


#つまり買えってことか?

B000HIVIGKのだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
二ノ宮知子 衛藤凛
アミューズソフトエンタテインメント 2007-05-25

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

現代語訳 古事記


4309406998現代語訳 古事記 (河出文庫)
福永 武彦
河出書房 2003-08-05

by G-Tools

 ふと読んでみようかと思ったのは今年のはじめくらいだったろうか。ようやくにして読んだ。
 はっきり言ってこれは神話。こうも荒唐無稽な古代神話がつづられていたのかと改めて思った。いやまあ、だからこそ面白い物語(フィクション)になっている部分もあるにはあるのだ。

 全般にかかれているのは、誰が誰を生んで(まさに産んでいる。あるいは人知を超えた化学変化によって生成されている。などというと信心深い方面のかたには怒りを買うかもしれないけれど)どこを治めていくつまで生きて墓がどこにある。といった系譜。それにしても手当たり次第にいい娘を見れば子供を産ませたり、気に入らないやつがどこそこにいるといっては殺してしまったり、したたかな部下の悪巧みにだまされてあっさりと無辜のものを殺してしまったり。しかしここに登場するのは天皇の系譜の人物ばかりなのだ。うーむ。

 そんな意味においては、単なる神話というよりも、いったいそれで何を伝えたかったのかと思うところがあって、それゆえに信憑性に対する疑問をも持ちえるゆえんなのかもしれないが、それでもこれはフィクションとしての神話なのだろう。

 細かなところでホホーッと思ったのを列挙すれば、

  • 愛媛は古事記の時代からエヒメ(愛比売)であった(P.33)
  • イザナギ、イザナミははじめふたりで寝て(と書かれている)数々の神や土地を産むのだが、最後に産んだ火の神で、その出産をきっかけにしてイザナミが死んでしまうと、イザナギひとりで目を洗っては産み、衣服を脱いでは産み、と結局ひとりでできるもん状態で何人も産んでいく。いったいぜんたいふたりの共同作業で生み出す必要性があったのかと謎に思う。たとえば天照大神はイザナギひとりから生み出されている。
  • 天岩屋戸の話。岩戸を投げてできたのが戸隠で、そこに岩戸が隠されたといった伝説があるのだが、古事記にはそうした記載はいっさいない。案外各地に残されているその手の伝説・説話はのちのちに出来上がったものなのかもしれない。
  • 現在と同じ地名が当時からというのでは、焼津とか三重とかいろいろ
  • 有名な「大和(やまと)は 国(くに)の真秀(まほ)ろば、畳(たた)なづく 青垣(あおかき)、山籠(やまごも)れる 大和(やまと)しうるはし」は、ヤマトタケルノミコトが今の鈴鹿市あたりの山麓で故郷をしのんで歌った歌だとか。その後死んでしまう。そして死後は白鳥になったとか。
  • 海に落ちておぼれそうというのに歌を読む天皇とか、戦のさなかに歌を読むとか、とにかく歌なんか読んでいるときじゃなかろうという時の歌が残っているというのがなんとも素敵。
  • 映画「殯(もがり)の森」だったかがあったが、殯宮(あらきのみや)という葬祭に関連する言葉がでてきてなるほどと思ったり

などなど。

 身長が数メートルもあるような天皇とか、200年近く生きた人もざらにいるとか(そうしないと帳尻があわないのだろうけれど)、実に不思議なところ満載。とはいえ、これがひとりの人間による口伝で残されたものをなんとか統一的な表記で文字に残そうとしたという、そのプロジェクトに関しては、なかなか立派なことをしたものだなと感心せざるをえないか。

 もう少しくだけた現代語訳のほうが、さらに読みやすいかとも思わないでもないが、十分に読める内容なので、信心とかはともかく物語として一読してみる価値は十分ありそうだと思った。ということで、この現代語訳のシリーズを少し読んでみようかな。なによりも福永武彦というだけでも、間違いなさそうだと思わせるし。

 やはり、次はこれかな。

4309407641現代語訳 日本書紀 (河出文庫)
福永 武彦
河出書房新社 2005-10-05

by G-Tools

B001393BRG殯の森
ますだかなこ, 斎藤陽一郎, 尾野真千子, 渡辺真起子, 河瀬直美
NHKエンタープライズ 2008-04-25

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Rubyにまかせる

 なかなかうまくいかないとあれこれしている中で、ふと面倒なことはまかせてみたらどうなのだろう、と思ったので試してみた。つまり、基本的に unpack におまかせする。で、問題なかった。なにを悩んでいたのだろうかというくらいに。

 ただ、勘違いして似たようなパターンも処理してしまうので、むしろそれを防ぐようにだけ処理を追加すればすっきりとプログラムがかけた。あの悩んだ日々はなに?

 やっぱり手元にあると便利。

4797340045Rubyレシピブック 第2版 268の技
まつもとゆきひろ
ソフトバンク クリエイティブ 2007-02-01

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

QUOTED-PRINTABLE

 携帯電話のメールバックアップ(本体機能としての)で作成された vmg ファイルを処理するようにしたのだけれど、ようやく新しい携帯電話( 3G )での様式がわかったので見ると若干違っている。

 他社とのメール、つまり INET となっているものの本文が以前の携帯電話では base64 でエンコードされていたのに、今度は Shift-JIS のプレーンテキスト。そのまま読める形になっている。Subject だけは MIME エンコードされているのだけれど nkf を使ってデコードしたみたけれど文字化けした。なぜ?

 それはともかく、ソフトバンクでいう(というか過去のものだけれど)スカイメール、SMS というやつだと QUOTED-PRINTABLE というエンコードで、聞きなれないものだったので妙に特殊だったらどうしようかと思ったのだが、Ruby の pack でデコードできると知ってちょっと感動した。string.unpack("M*") とすればデコードしてくれる。

 新しい携帯電話で、そうしたエンコードの違いを処理してくれればよいのだが、オレさま流儀で使われるふしのある vMessage ファイルを思うとやや不安もあるので、新しいほうの形式にあわせたファイルに変換も試みておこうとあれこれ始めたのだが、QUOTED-PRINTABLE の切り分けがなかなか完全にいかずに悩む。まあ正規表現の書き方が不十分なためなのだと思うのだけれど、単純そうでなかなか難しい。

 基本は「 =AB 」のように 16 進数にして並べているのだが、ときおりそのままの数字単体とか半角記号とかが入ったりする。また、文字列の一行に制限があるので、次の行に続くときには行末に = がついている。というところ。

 この本文部分だけまとめて切り出してしまえばよかろうと思ったのだが、なんだかおかしくなった。TMail でもみて少し勉強したほうがよいだろうか、と落としてきたところ。

 ま、うまくマッチできないのはごくわずかなので最悪手作業で直せばいいのだけれど、ちょっとくやしいのでもう少しあがいてみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひとまずセコく省電力化をはかってみる

 ノートの電源が入らなくなったのを期に、最近のノート PC の様子など見ていたのだけれど、結局とりあえず動くようになったのもあってちょっと迷っていた。それでも消費電力も少なくなるだろうし、冬場もこたつでつかえて快適かもなあ、などとつい誘われたものの、ようやくひとまずやめておくかと考えるにいたった。

 というのもビデオキャプチャユニットが Vista に対応していないということだった。5 年ほど前の製品なのだけれど、無理だったのかと。調べずに買ってしまい、あとで泣かずにすんでよかったというものか。

 もっとも、DVD にする作業だけはデスクトップを使ってという方法とかもあるが、それでは一番電気を使う処理はそのままという感じでよろしくない。XP へのダウングレードというのもあるようだけれど、検討していた機種にはそれはなかったような気がする。というか、せっかくなら Vista も使ってみたいとも思うもの。

 さらにサポート期間をあらためて調べたら、Vista は 2012/4 で終わりなのかと。XP は延長されたので 2014/4 までだ。Vista にしたって今後まだわからないともいえるけれど。

 それよりも手ごろな DVD レコーダー(地上デジタル対応)を買うほうが、まずは快適なんじゃなかろうかとも。重い処理を専門家にまかせるというのは適切なのではと。地上デジタルそのものには懐疑的だったり、不満に思うところもなくはないが、もはやどうなるものでもないわけで、もちろんアナログチューナーもあるわけだからいずれにしても困るということではない。頻繁に使うというほどでもないのだが、定期的な用事がある関係でやはりこちらを優先すべきか。

 ということで、デスクトップから普段使うことのないパーツを外すという作業をしてささやかな抵抗をしてみた。光学ドライブが二台あったので CD ドライブは接続を外した。ボード類もはずして、まず使わないのでフロッピーディスクも電源を外した。さらに DVD ドライブもいつも使うわけではないなとの判断から電源ケーブルをはずして、使うときには再起動するか、ということに。USB 2.0 であったなら USB 接続でもいいかとすら思うくらい。

 しかし、なんだかせこいわ。そのうち気が変わるかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

単1・単2も出たけれど

B001ET6B8QSANYO 「eneloop」シリーズ ニッケル水素電池 単1形 1本パック HR-1UTG-1BP
三洋電機 2008-09-12

by G-Tools

 いよいよエネループの単1タイプが発売になった。これなら以前単3+スペーサーで使えなかったところでもつかえるだろうか? という期待もある反面、一本単位の販売とはいえ価格がなかなか高い。さらには充電器も専用のもの(しかも全種類充電可能のもの)一種類だけで、これがまた高価。

 ちょっと悩む。なによりもそれで使えなかったとなればそれこそ無駄にしかならないわけで、やはりここは普通に乾電池でしのいでおくほうが無難なのかもしれないか。

 なによりも乾電池は 1.5V に対して、エネループは 1.2V というのをもう少しなんとかできればうれしいようにも思う。

 でもちょっと気にはなるのだよね。

B001ET6B9ASANYO 「eneloop」シリーズ ニッケル水素電池 単2形 1本パック HR-2UTG-1BP
三洋電機 2008-09-12

by G-Tools
B001ET6B9USANYO 「eneloop」シリーズ ユニバーサル充電器 (単1形~単4形兼用) NC-TGU01
三洋電機 2008-09-12

by G-Tools

 ちなみにこのユニバーサル充電器、単1と単2、単3と単4は、それぞれ接点部分が折りたたみ式で共用できるようになっているというので、単1だけ4本とか単4だけ8本という充電の仕方もできるのだそうだ。これはこれでよく考えられているなと感心。

 とはいえ、あらたにこれを購入するのはなかなか懐との相談が厳しいのも正直なところだ(現状ではこれを買うしか方法がない)。単1・単2専用で2本くらいを充電できて安価な充電器があるとうれしいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

iTunesはじめました

 自分ではないのだけれど携帯電話が新しくなったということで、一応最近の例にもれず音楽ファイルを microSD に入れて再生できるらしい(説明書にはダウンロードの説明だけで、PC からなどの説明は一切ないのだが、ウェブサイトには質問に答えるという形で説明がある。なんだかなあ)というので、iTunes 7 を入れてみた。

 これまで iPod のたぐいとは縁がなかったので入れることもなくきたのだけれど、結局他にツールがないということで。さっそくに数少ないディスク内の音楽ファイルをあさっていたが、wma ファイルは自分用に AAC 変換して保存するのね。ジャケットイメージを取得するには iTunes Store のアカウントを取得しないといけないそうで、まあそれはまだ放置してある。なにしろ PC に音楽をいれて再生しながら使う、などということをほとんどしないし、前述のように iPod のたぐいを持っていないのであまり必要が感じられない。

 で、7 を入れた翌日になって 8 がでたとのニュース。まあ、もう少し待って初期の不具合とかつぶされたあたりで更新するとしよう。

 それにしても最近の携帯電話の説明書は簡略になる傾向にあるのか(それでも十分に分厚いとは思うけれど)、書かれていない部分というのはけっこう多いのかもしれないなあ。隠し技はともかくとして、基本的なことは指数を増やしてもやはり記述しておいて欲しいような気もするのだけれど。

 さて、「始めました」といえば、「冷やし中華始めました」。よくいわれることに「始めましたはあるのに、終わりましたがないのはなぜか?」などということ。秋の気配を感じるようになるといつの間にやらなくなっているという。けれどもたいていは「いつまで」とも「すでに終った」とも貼りだされるようなことはないわけで、気がつくとなくなっているという。

 東海林さだおさんあたりがフンフンと鼻を鳴らしつつ「いったいどういうことだ!」と店の親父に詰問しそうなところかな。いや、謝っちゃってるよ。

4167177250タコの丸かじり (文春文庫)
東海林 さだお
文芸春秋 1994-08

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

突如復活した

 電源が入らなくなってしまったバイオ。毎日数時間は電源ケーブルをつないだまま放置したのだけれど、一向に改善される気配もないので、本格的に買い替えを検討するかと最近の様子を見ていたりした。そんな気配を察知したのか、危機感にとらわれたのか、今朝になったら充電を開始し使えるようになった。もっとも充電そのものはほどほどには残っていたようではある。

 ということでひとまずは作業できるようにはなった。中三日というところ。思い出してみると以前の時もそのくらいはかかったような気がする。

 それならこのままでいくかと義理立てして思いたいところではあるけれど、さすがに 10 年前の機種では昨今の状況には正直辛いものがあったのも事実であるし、今後もたびたび同じ現象に悩まされるであろうことも確か。ゆえにすぐというわけではないにせよ、やはり考えざるを得ないかなとは思うわけだ。

 で、あれこれ見ていたところで思ったのは、そこそこの値段のものは知らないが、10 万円を切るようなタイプで見比べるとどうにも不満になってくるのがバッテリーのもち時間。1時間程度しかないというのが案外多い。公称で1時間ということは概ね半分の 30 分程度と思っていたほうが無難かと思うので、それではあまりにもひどすぎる。

 では、この頃のネットブックタイプはどうかというとそれなりに時間は使えそうだが、全体としての小ささと5万円前後はするという価格を思うと、もう少し出して普通にノート PC を買ってしまったほうがかえって使い勝手がよいのではないのか、とも思ったりしていた。

 どうせなら Vista だろうかとか、それならメモリは 2GB は欲しいなとか、どうせなら CPU は Core2Duo で、などとやっていくとどんどん値段が上がっていって、結局 10 万円程度になってしまったり。うーん、悩むわ。出来合いの XP あたりでもそこそこしてしまったりするので、ひたすら安くと思えばそちらということにもなるのだが、どうせ今買うならというような気持ちもでてきていらぬ悩みを増やしてしまう。

 ひとまずは急ぐ必要がなくなったとはいえ、今ならというキャンペーン価格につい誘われてしまうのでもあった。こたつトップ生活の前になんとかしたいという気持ちがないわけではないのだけれどねえ。

 なにより夜鳴きマックという過去があるので、つくも神になるまえにというものかもしれないなあ。

4048737864つくもがみ貸します
畠中 恵
角川書店 2007-09

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

二週間のご無沙汰でした

 怪我を油断して放置していたらちょいと面倒なことになってしまい寝ている間に二週間も経ってしまったら、あれこれ書こうかな、などと思っていたことも忘れてしまったり、時期が過ぎたななどと思ったり、まあいろいろですが、かつての「ロッテ歌のアルバム」の玉置宏さんばりに「二週間のご無沙汰でした」と、書いてみることに。

 で、体調はそこそこ回復してきたのだけれど、多分全快にはしばらく時間がかかると思われ、あるいは最悪一生もんのおつきあいを強いられることも視野にいれておくべきか、とも思っていたり。

 それはともかく、閑話休題。

 いざと思ってバイオノートを使っていたのだけれど、昨日になったら電源が入らなくなった。前日は使っていたのに。どうやらもう何度目かわからないくらいに繰り返されている現象で、一週間ほど使わない期間があったので、そのせいかということでコンセントとつないで放置をしているのだけれど、いまだ回復の兆しなし。いい加減新しいのを買えということなのか。そうはいっても先立つものがなあ。どなたか古いノートを恵んでくださるという奇特な方はいらっしゃらないでしょうか。と、空に向かってつぶやいてみよう。

 さて、時間があいてしまったし、なにやらもう動きはないようだしなのだけれど、記録重要ということで。つらつらぐさ: 98エミュレータでは駄目なのかなのこと。

 本体 ROM とかはなくてもいいのだろうか? ということで、確かにそれはあるかもということで試してみた。結果は必要ない、ということだった。DOS 版の N88BASIC で動いているのでよほど特殊な事情で BIOS ROM の機能を使っているというようなことがない限りは、必要ないということなのかと。

 これが、PC-88 だと多くの場合に BIOS ROM がないと動かない。制約が多い分、使えるものは使っておこうという事情が関係していたのかも。

 また、先にもリンクを置いた、ねこープロジェクトIIT98-NEXT はいまだにネットで入手できるし、開発そのものは中座しているような部分もあるようだけれど、一応実用に支障のない段階にあるので問題なく利用できるかと思うので、なぜ過去の本を探しているのかはよくわからない。使い方が難しいということも特にないし。まあ、ここでうだうだ言っても始まらないので、それだけのことではありますが。

 ということで、ようやくぼちぼち復活。

#ココログのバージョンアップとやらで、なんだかあれこれ変わったようだが、うーん、微妙。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »