« 蒲公英草紙(文庫版) | トップページ | ケロヨンでもなくケロリンでもなくケロミン »

メモ:「オブジェクト指向でなぜつくるのか」という思考の試行

4822281957オブジェクト指向でなぜつくるのか―知っておきたいプログラミング、UML、設計の基礎知識―
平澤 章
日経BP社 2004-06-03

by G-Tools


 [ 2008-07-25 - 思っているよりもずっとずっと人生は短い。 ]

 ということでメモ。

 Delphi とか Ruby とかで出会って、なんじゃそれと思いつつ、あれこれ読んでようやくこういうことか? という雰囲気をつかんできたところ。なので、ここまでお薦めされたらそりゃプログラマでなくても読んでみなくちゃ、ということでメモ。

 かつて、「プログラムはどうして動くのか」を書店で見かけたときには、今となっては(といってもその当時の今だが)そうしたことを意識しなくても使えるようになってしまって、知らずにいることも多いのだろうなと思っていたのだった(いや、普通のユーザーは当然のごとくそんなことを意識するはずもないのだけれど)。

 第1版にはいくつか間違いがあったのだけれど、その後修正されただろうか。

 プログラムはしないけれど、パソコンてどうしてこんなふうに使えるのだろうねえ、という向きにはちょっとした読本になるかとは思うのです。

 お、第二版になっているのか。

4822283151プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラミングの基礎知識
日経ソフトウエア
日経BP社 2007-03-29

by G-Tools

|
|

« 蒲公英草紙(文庫版) | トップページ | ケロヨンでもなくケロリンでもなくケロミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/41975062

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:「オブジェクト指向でなぜつくるのか」という思考の試行:

« 蒲公英草紙(文庫版) | トップページ | ケロヨンでもなくケロリンでもなくケロミン »