« 本当にマイクロだったmicroSD | トップページ | 昼と夜のあいだ »

続きも読んでおきましょう

 本編(日本のインターネットが終る日)のあとがきが出たのでこちらも読まれておくとよいかと。書ききれなかったことなどが書かれている。

 個人的な見解として思うことは、基本的に子供に携帯電話を持たせる必要はまったくないだろうと。防犯上の理由も含めて。子供の現在位置を知りたいというのであれば(それこそ倫理的に人道的にどうなのだろうと疑問をもたないわけではないにせよ。たとえ親であっても)別の専用端末を就学期間だけ貸し出すことをしている学校とかもあるし、専用のものでよかろうと。

 自分で高額の支払いができないにもかかわらず、そうした使用料金などが発生する可能性を持った道具を自由にもたせることが無用のことだと思うのだけれどなあ。(まあ、そこがサービス提供側としてはおいしいところなわけですが)

 究極は人体に固体識別のための IC タグを埋め込みますか。SF な未来というよりも、終った社会という印象のほうが強いかも。

|
|

« 本当にマイクロだったmicroSD | トップページ | 昼と夜のあいだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/41946278

この記事へのトラックバック一覧です: 続きも読んでおきましょう:

« 本当にマイクロだったmicroSD | トップページ | 昼と夜のあいだ »