« RubyKaigi2008一週間前 | トップページ | メモ:初めてのRuby »

共同メディアはどうか

 [ 酔うぞの遠めがね: 内陸地震でのヘリ活用 ]

 救助活動などが比較的、迅速・組織的な印象を受けたのはそういう背景があるにはあったのか、と納得。

 と、同時にあらためて思ったのは、テレビ局や新聞社など報道関係もベースとなる取材基盤のようなものは共同で組織できたほうが、災害時にはよいのではないかな、というところ。

 災害発生直後は、たとえば各テレビ局がそれぞれに当該市町村の役所関係に問い合わせの電話などをいれ、それぞれに同じように答えなくてはならないという事態になっていると想像するわけ。災害対策本部とか主要なそうしたところへの情報提供依頼は各社が個別にではなく、共同して設置したところから取材して一度で済ませることにすれば、貴重な電話回線をむやみに占有してしまう可能性を少なくできるのではないかなと。

 もちろん、各社独自にいろいろ取材したいところもあるだろうし(スクープしたいという気持ちかどうかはともかくとして)、それ以外の街の様子などについては個々に行えばいいだろうが、主要なところのベースとなる取材は共同配信という形にしたらどうだろう、とも思うのだが。

 同様に取材のヘリコプターももう少し総合的に振り分けるような考え方があってもよいのでは、とも。救助のヘリコプターが組織的に配備されるのだから報道も組織的に振り分けていたら、総合的に広範囲な情報が入手できることになってそれだけ対策や救助にも役立つのではなかろうかと。同じ場所に数機の報道ヘリが集まっているのはなんとももったいない気がする。どうせ似たような画像しかとれないのだから。

 そうした共同取材のほかに独自の機動性で個性をだして、それがまた対策本部にメディア(や直接連絡)などを通じてフィードバックされていくというのも、案外有効なことなのではないかなと思ったしだい。

 それにつけても、大きな地震が起きるたびに、デジタル放送よりもアナログを堅持するほうが懸命だろうにという思いが強くなる。そうでなくてもほんのわずかの時間でしかないのだから。

|
|

« RubyKaigi2008一週間前 | トップページ | メモ:初めてのRuby »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/41552124

この記事へのトラックバック一覧です: 共同メディアはどうか:

« RubyKaigi2008一週間前 | トップページ | メモ:初めてのRuby »