« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

水妖日にご用心


4396208405水妖日にご用心 (ノン・ノベル 840 薬師寺涼子の怪奇事件簿)
田中 芳樹
祥伝社 2007-12

by G-Tools

 エッセーのなかにはその時代でないと意味を読み取れないとか、含み笑いを楽しめないものもあったりするのだが、今回の「ドラよけお涼」はその類。これまでの”怪奇”という点に比べるとややその意味合いは弱い感じがするのだが、それよりも描かれる季節と昨年の同時期の社会情勢とのリンクを楽しむという内容かと。

 あくまでも小説だからということかもしれないが、あの人とかこの人とかがその内容を知ったらなんらかの圧力でもかけてきやしないかと思うくらいに皮肉っているので、一般庶民としてはなかなか面白かったりはする。

 まあ、あくまでもファンタジーなので犯人というか事件というかはそれとして、にしても今回は事件そのものはさほど面白みはなかったようにも思う。ゆえに、先にあげたようなことの面白みのほうが笑えたという。

 それにしても著者近影のにやけた顔はできれば勘弁して欲しいかな(笑)。

 社会風刺を楽しむには悪くないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

未知との遭遇(第X種接近遭遇)

20080426_h


 記録はしておかなくてはということで写真を撮ったのはよいが、ふと振り返るとまともにそのものを見ていなかったなと思った。どんな人だったのかも見ていなかったというのはちょっと残念。さらに連写モードってのがあったじゃないか、と後になって気づいたので、あまりここという場面が撮れていないことにもちょっと無念さが。

 まあ、そんなものである。

 雰囲気は十分に記録されたからよしとしよう。

 それにしても多数のヘリコプターが近接して飛んでいたため、何度となく接近遭遇があり、危ないよなあと思った場面が。あれで落ちたらそれこそ大惨事。

 テレビ中継では、どこぞの局のアナウンサーが、細川元首相夫人が走る場面で「今は一般公募の女性が走っています」と言ったのには唖然としたが。

 「あなたたちはだまされている」とは、なんと皮肉なことばだろうか。そして踊り踊らされる青い果実。狡猾な大人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さらに 1.5.1 へ

 そうこうしているうちに 1.5.1 がでてしまった。ので、自動でアップデートにかかったのだけれど、なにやらおかしくなってしまい、再起動後にまたパッケージをダウンロードしだしたので中断。あらためて pbi ファイルを落として実行したら終った。

 そもそも pbi ファイルを落とすとミラーを選べるのでずっと速度も早いし(といっても程度問題でしかないが)、かえって楽だったり。

 Openofficeorg を試してみると日本語の入力ができなくなっていた。1.4 もしくは 1.5 に対応したバージョンがでているので、そちらを入れないとうまくいかないのかもしれない。

 日本語入力の IM そのものは 1.3 の時のままでも問題はなかったし、逆に 1.4 向けの最新のものにしても問題はないが Ooo ではうまく機能しない。ということでそのあたりは後でテスト(HDD そのものを取り替えているので、なかなかホイホイとやるきになれない。スイッチで切り替えられるようなものがないだろうか。ってそんな使い方する人はあまりいないだろうな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

幽霊法廷


4163266003幽霊法廷
赤川 次郎
文藝春秋 2008-01

by G-Tools

 もともと赤川次郎は手を出しにくかったのだけれど、このところ借り物ということでいくつか読むうちにこの軽いタッチはちょっとした手持ち無沙汰の時間にちょうどよいのだなと認識を新たにした。

 冒頭すぐに一応の決着を見せてしまった事件の再捜査をひそかに行うというのが中心の筋なのだが、正直これというトリックがあるというわけではなく、ただ、非常に都合よく関係者がつながっていくという物語で事件の真相が描かれていくというもの。

 ごくごく単純な二時間サスペンスをだらだらと見ているような感覚が近いかも。そのくらいに登場人物すべてがすべからく事件に関連をもっていたりとか、そこまで都合がいいのかという展開であるのは確かなこと。ただ、だからつまらないかというとそうでもなくて、さくさくと読ませるリズムがあってつい読み通してしまう。そのあたりがきっと赤川次郎たる所以なのかもしれない。

 とはいえ、そう思うとこれをこの値段で読むのはちょっと痛いかなあと思わないでもない。いやいや十分に手ごろな値段ではあるのだが、なんといっても二時間サスペンスなので。

 でもきっとまた次も読んでしまうのだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PC-BSDを 1.3 から 1.5 にしてみた

 今回の 1.5 では、1.3 や 1.4 からアップデートできるパッチ PBI が提供されたので、ようやくアップデートしてみた。

 900MB 近いファイルなので遅い ADSL だとかなりダウンロードそのものに時間がかかる。それでも先ごろ回線を他社に替えたら微妙に速度アップしたので多少は助かった。とはいえ 40 分ほどかかったわけではある。

 さっそくに実行するとファイル展開をしてから再起動を促されるので、従っていくと再起動中に旧パッケージの削除、新しいパッケージのインストールなどが行われていく。メッセージには「 30 - 45 分くらいかかる」とあるのだが、やや古い環境となってしまっている Pen4 1.6G では 70 分ほどかかってしまった。Virtual PC 上での環境で行っていたらと想像するとちょっとギョッとする。

 インストール作業が終って、デスクトップが表示される段階になるとグラフィック関係の設定を促される。といってもチップセットと色数・解像度程度。その後確認を求められて進むとようやく起動が完了した。

 1.5 が発表されてからしばらく時間がたっていることもあって、すぐにアップデートのメッセージがでるのでこれらをいれているとまたさらに 10 数分といったところか。再起動しないと適用できないものもあったようで、うっかりメッセージを読み落として先に進まなかったりしたが、以前だとこうしたアップデートの際のメッセージは英語だけだったように思ったのだが、ちゃんと日本語になっていたのでわかりやすくなっている。

 日本語入力に関しては、1.3 の時のままなのだがひとまず使えている。1.5 用の PBI もすでに提供されているのだけれど、替えたほうがいいのかどうかはよくわからない。ただ、フォーラムのほうではなにやら標準の PBI にまとめたいような話がでているような、いないような。(きちんと読んでいないので勘違いしているだけかもしれないけれど)

 こまかなところはまたおいおいと使ってみて(といっている内にはきっと次の 1.6 とかが出てしまうのだろうなあ)。

PC-BSD - Personal Computing, served up BSD Style!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

住宅用火災警報器

 テレビ放送の完全デジタル移行に向けての話題はわりとあって、そこそこ意識されているかと思うのだけれど、忘れてはいけないことがまだあって、そのひとつが住宅用火災警報器の設置義務付け

 施行直後には家電店の広告などにもいろいろと記されていたものの、この頃ではちょっと忘れられつつあるような。

 新築はともかく、既存住宅については自治体ごとに猶予期間が異なっている。賃貸の場合は大家に設置義務があるのではないかと思うのだが、どうなのだろう。

 ということで、自分のメモとしても。

 しかし、自治体ごとの詳細ページがエクセルファイルってのはどうなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ:ビューティフルコード

 ちょっと面白そうに思ったのでメモ。

4873113636ビューティフルコード
Brian Kernighan Jon Bentley まつもとゆきひろ
オライリージャパン 2008-04-23

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

HAL2008

 [ [WSJ] 聖火リレー妨害がLenovoの野望も阻む? - ITmedia News ]

 あのトーチのデザインはレノボによるものだったのか。恥ずかしながら知らなかった。というか、どれほどの人がそのことを知っていたのだろうとも思うと、せっかくのイメージ戦略もあまり意味を持っていなかったのかというところなのか。

 ここへいたってはますますそれどころではない状況となってしまい、かけた費用の回収などまったく見込めないのかもしれない。

 長野での聖火リレーでもスポンサーとしての広告車を出さないことにしたというし(予算的な理由としてはいるけれど。確かに予算というのも間違いではないか)、コカ・コーラも車列が長くなりすぎるなどの理由もあって止めることにしたというし。

 いずれにしても歴史的なオリンピックになってしまうことだけは確実といえそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レビューデビュー

479811472310日でおぼえる Ruby on Rails入門教室
arton
翔泳社 2008-04-15

by G-Tools


 すでに発売にはなったようですが(現品はまだ見ていないので)、はじめてレビューにお誘いいただき、ご迷惑をおかけしつつもなんとか参加させていただきました。ありがとうございます。

 Ruby on Rails 入門教室となってはいますが、確かにいきなりここから始めるというにはつらいところもあると思うので、「かんたん Ruby on Rails で Web アプリケーション開発」などの本で雰囲気を十分につかんでから更にその先に進みたいという人にはうってつけでしょう。自分自身がいい見本ともいえます。

 テーマはずばり「テスト」といっていいと思うので、「なにやら噂に聞く RoR とやらを始めてはみたけれど、テストはまだ使ったことがない」という人にはよいきっかけになるのでは。周辺の解説も参考になるところは多いでしょう。

 そうしてテストの意味や重要性がわかってくれば、角谷さんお薦めの RSpec とかに手を染めるもよし、そのまま標準のテストを極めるもよし。

 10 日で、とは謳ってはいますが、なかなかなボリュームなのであくまでも 10 ステップということで、じっくりと進めるのがコツではないかと。特にテスト。

 実習としてつくりあげていくプログラムも、メールや携帯電話を視野にいれているので前回とはまた違った面を知ることができます。

 テスト未体験の人には特にお薦めということで。

かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発
arton
4798111570

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴーストがささやいている

 「攻殻機動隊」がドリームワークスで実写映画化されるとか。

 うーむ、喜ぶべきか、微妙なところだ。

 なんども、そして誰もがいう言葉。映画と原作とは別物。

 ハリウッドであるだけに、余計に不安はつのるなあ。

 そういえば、「ドラゴン・ボール」もあったか。

 うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何事もないほうがいい

 [ 4月26日に日本で行われる聖火リレーで一体何が起きるのか? - GIGAZINE ]

 なかなかよくまとまっているのかな。多少偏りを感じる人もありそうではありますが。というか、ちょっと状況を楽しんでいるのだろうかと見える部分もあって、大方はそういうものなのかもと思ったり。

また、ボランティアや市職員約1200人、警備員約300人態勢で交通整理や警備にあたる予定

 というのだが、860 人あまりのボランティアとは、沿道地域に求められた動員で、その実態はお爺ちゃんとおばちゃんが大半。警備にあたる長野県警や応援にあたるという近隣警察からの増員は職務ではあるが、ボランティアはただの地元住民にすぎない。

 どちらに転んでも、批判を受けるだろうという指摘は当たっているとは思うけれど、激しい活動はあらたな不幸を生むだけにしか過ぎないのも事実。もちろん中国の姿勢も非難されるところはあるわけで、静かな抗議行動が粛々と行われることを望むばかり。(声をあげるのではなく、プラカードや横断幕を整然と掲げているだけでも十分なはず)

 できれば出発地を善光寺からセントラルスクウェアにでも変更してもらうのが、連休の始まりとなる善光寺界隈の安寧にも配慮されて望ましいのではないかという判断を、実行委員会が下してくれたらとも思うのだが、お役所だからなあ。(参拝者は正面からではなく側面から参拝するようにできないかと打診したりしているし、近隣の学校は臨時休校を決めたりもしている。警備の点でも善光寺を外すのが懸命というところなのでは。寺院というだけで批判的に見るむきもあるようであるし)

 どうしても行動しないと気がすまないという人は、直接中国に対して行動するべきではないかと。

 マスコミに対してもこれ以上興味本位で騒ぎ立てないようにして欲しいというのが正直なところだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ようやくバックアップドライブとする

 ハードディスクを交換して半年あまり。移し忘れたデータに気づいてしまった場合にそなえて前のディスクをそのままの状態で残していたのだけれど、もうよかろうということでフォーマットしなおしてデータバックアップ用にした。基本的に忘れて残しているようなデータはないと思うのだが、なんとなくということだったし。

 外付けで使用するアダプタはケースではなくむき出しタイプなのだが、PC 本体の USB が 1.1 と遅いのでまずは本体を開けて接続してバックアップ。今後のアップデートコピーだけなら多少遅くてもよいかなと思っているのだけれど、まあそれは実際にやってみてということか。

 で、昔( Win95 )の時代には YUPDATE というツールを便利に使っていたのだけれど、さすがにもう古いだろう(アップデートもまったくされていないし)ということで、ベクターあたりを探して物色。ひとまず BunBackup というのを落としてきた。そこそこ使い勝手はよさそう。

 せっかくなのだから Ruby で作ってみたらよいのでは、と思わないでもないが、便利なものがあるのであれば使わせていただくというのが吉かな。それで不満があれば作ってみてもよいわけだし。

 いや、それよりもやっぱり USB 2.0 カードをまず買うってものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リメイク

 リメイクの映画「日本沈没」を最後のあたりを残してテレビで見る。うーん、微妙。昔の映画も遠い記憶なのだが、もっと緊迫して面白かったように思うのだけれど、思い出が美化されているだけとも思えない。原作とはまったく別物のように見えるので、これはきっとハリウッド製作なのかも(とでも思いたい)。(政府の対策本部が震度6にまったく耐性がないってのはどうなのだ?とか、とか)

 まあ、最後まで見られなかったのでいずれはしっかり見てからとは思うけれど。

 とはいえ、考えてみると原作を未読のままきてしまったので、ここいらでやはり読んでおきたい。そうそう谷さんによる続編もでたことだし。

#それにしてもテレビ局ってお金持ち。

B0000A4HS4日本沈没
小林桂樹 藤岡弘 丹波哲郎
東宝 2003-09-25

by G-Tools
4094080651日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1
小松 左京
小学館 2005-12-06

by G-Tools
409408066X日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2
小松 左京
小学館 2005-12-06

by G-Tools
4093876002日本沈没 第二部
小松 左京 谷 甲州
小学館 2006-07-07

by G-Tools

 amazon での価格が如実に物語っているのかも。(この時点では 62% オフ)

日本沈没 スタンダード・エディション日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛 柴咲コウ 及川光博

by G-Tools

 こういう世界でもないし。
リメイク (ハヤカワ文庫SF)
コニー ウィリス Connie Willis 大森 望
4150112754

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SPSP

 ようやくにしてドラマ「SP」のダイジェストスペシャル(というべきだったもの)を見た。確かに面白かっただろうなと思えた。「アップルシード」やら「攻殻機動隊」とかにどっぷりだと目新しさというものはないもののだが。

 で、昨今のフジテレビの商魂のたくましさでまたまた続きは映画でということで、tako さんのご立腹(というか不満)ももっとも。そのうち「つづきはウェブで!」とでも言ったりするだろうか。(そればかりはないだろうけれど)

 最後のアトリウムでの攻防はどう見ても不自然さが残ってしまうのだが、あの状況で多数の警護官がいたにも関わらず、首相のたてになったのがたった5人で、それもひとりずつ入れ替わりでというのもなんとも奇妙な感じ。彼らの職務としたらマルタイである首相の警護にあるわけで、極端にいえばその場にいる一般人に被害が及ぼうと構わないという判断がたつのではないのか。にもかかわらず犯人を確保する人間がその場には誰もいなかったというのはどうなのかと。まあ、ドラマなのでという答えになるのかもしれないが。

 その後の舞台での展開も含め、犯人がよほど訓練をつんでいた人間という設定でないと、あの銃撃の精度は説明がつかないし、たとえどのような状況でもむやみに発砲できないという日本の了解があったとしても、ではなぜあの舞台での最後の最後では次々と発砲して犯人の確保にあたったのかという意味がみつからない。もっと前の時点で確保のために発砲はできたはずなのだが。(いや、つまりだからそれが尾形の秘密と関連があるという解釈もなりたちうるわけではあろうけれど)

 病院でのエピソードで「あんた軍人だね」といったところがあったが、あれもいまひとつ軍人であるということを決定づけるには不十分な印象も。本放送ではもう少し丁寧に描かれていたのかもしれないが。軍人であると判断できるような所作には見えなかったのだけれど、そこは井上の特殊な能力ゆえに、という解釈?

 このところ本当に当たるドラマというのが少ないと思えるなかなので、少しでもひっぱりたいという気持ちがあるのかもしれないけれど、異なるメディア展開でひとつの大きな作品が完結するというのは、観客側にとってはあまりうれしくないようには思う。作り手としてはおいしいのだろうけれどね。


 軍人というのならせめてこのくらいのイメージは欲しい。

MASTERキートン (1) (ビッグコミックスワイド)
勝鹿 北星 浦沢 直樹
409185821X

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

バーチャリアル

 [ 2008-04-05 - ryugateの日記#p1#p1 ]経由

 Wii リモコンでこんなことができてしまうというか、そんなことを考えて実現してしまうってのがすごいなあ。

 で、単純に面白そう。純粋にやってみたい。それでどうするってものは何もないわけだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アビジャン

B000GETXQW人間ピラミッド
ドキュメンタリー映画 デニーズ ナディーヌ
紀伊國屋書店 2006-08-26

by G-Tools

 どなたかが買われた DVD 。コートジボワールとかアビジャンとかなんだかこちらのくすぐり所を知っているかのような言葉があって妙に気になる。ドキュメンタリー映画ってところもちょっと惹かれる。

 ということでメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

When the Saints Go Marching in

 [ 中国「聖火消されてない」 - 注目 ニュース:@nifty ]

 日本ではなぜか(まあ直近の日本でのオリンピックは長野であったからなのであろうけれど)長野市でのみ聖火リレーが行われる。ということでいろいろ騒がしい。

 主催は長野市と北京オリンピック組織委員会というのだが、そもそもこれは長野市が立候補したものだったのだろうか。それともこの世界でのリレーは北京の組織委員会が決めて応諾を得たものなのだろうか。いずれにしてもかかる費用は中国がもつわけではないのであろうし、増額された警備委託費用 600 万円は長野市の予算から出されるのだろうなあと、思ったりする。

 妨害はあったが、なんの問題もなく聖火リレーは行われており、成功している、各リレー地では厳重な警戒態勢をとるようにと要望だけはする中国は、その責任をどう考えているのだろう。

 一方で、沿道の整備に立つのは 800 人あまりのボランティアということで、正直不安は隠せないだろうに。問題は日本人による静かな抗議行動ではなくて、外国からやってくるかもしれない人権団体による抗議行動かもしれない。巻き添えくらったのではかなわない。

 自らの非を絶対に認めないという点においてだけは、中国とアメリカはよく似ていると思うのだけれど、その一方で自分達は発展途上国だから何をしてもいいかのような主張を声高に叫ぶというのはどうなのだろうと思わざるを得ないか。

 IOC には「世界での聖火リレーを中止」という英断をお願いしたいくらいだなあ。でなければ空港から空港へということで。聖火やオリンピックそのものが悪ではもちろんないのだけれど、あまりに現状の対応は悪すぎると言わざるをえないし、その意味で他国にとばっちりをおよぼされるのだけは勘弁してほしいところ。

#問題なのは中国政府であって中国人ではない。ということは大事なことかと。

When the Saints Go Marching in: Greatest Dixieland
Various Artists
B0012OTVQM

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なるほどなgettext tips

 [ gettext の _('...') をエレガントに書く方法 - kwatchの日記 ]

 そうなんだあ。確かに量が多くなるとうっとうしくなるのはある。どうせそれで OK なら、今後そういう方向で改められる(つまりそれを標準とするという)ことになると、よりありがたいような。

 いろいろの書き方ができる場合はあるのだから、そのままでも構わないのだろうけれど、よりすっきりしているほうが気分として楽かな、とも思ったり。どうなのだろう。

 IDE のエディタで自動補完してくれるので便利に思う反面、あとから修正とかしているときにはなんにでも反応してしまうので、それが逆に邪魔だったりしたことを、ふと思い出してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なめくじ長屋捕物さわぎシリーズ


なめくじ長屋捕物さわぎ

 リストとしてまとめておこうと思いつつ、気がつけばすでに半年以上。いい加減重い腰をあげるとしよう。ということでまとめておく。

 「しゃばけ」シリーズで一躍有名になった畠中恵さんが師事した都筑道夫の「なめくじ長屋」のシリーズは、しゃばけの生まれる基となった時代捕物小説。「しゃばけ」はあやかしなどが出てくることもあって、どちらかというとファンタジー色が濃く人情話が主流となっているといえるのかもしれないが、こちらはその日暮らしのなんだかわからないような長屋の連中が”センセー”と呼ばれる浪人を中心に悪い奴らを懲らしめつつ、おこぼれに与るというのが中心。そのなかで時代物を十分に配慮したトリックをちりばめていて、小気味よい。

 単純に勧善懲悪というわけでもないというあたりは、テレビドラマの「必殺」シリーズを連想させたりもするが、謎解きそのものもなかなか考えられていて、ミステリーとしての楽しみを十分に味わうことができる。このごろは読書スピードが落ちているというのに、ひと月あまりの間にドドッと一気読みしてしまった。

 「しゃばけ」シリーズのファンであれば、読んでみて損はないのではないかな。

 もっとも、時々艶っぽい描写があるのでそのつもりで。官能小説みたいなことはないので、あまり構える必要はないけれど。

 当初、文庫は角川文庫から出版されていたのだが、後のものは光文社文庫から続きが出版され、今では光文社文庫からすべて出版されなおしているようだ。ということでリストはすべて光文社のもの。発行年代が前後しているようだが、発表順ではこの順のようだ。(しかし、まったく画像がないのだなあ)

4334724205ちみどろ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫)
都筑 道夫
光文社 1997-06

by G-Tools
4334723772くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫―光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1997-03

by G-Tools
4334723020からくり砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫―光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1996-10

by G-Tools
433472261Xあやかし砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1996-07

by G-Tools
4334722237きまぐれ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1996-04

by G-Tools
4334715559かげろう砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1992-07

by G-Tools
4334714781まぼろし砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1992-02

by G-Tools
4334714196おもしろ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1991-10

by G-Tools
4334707289ときめき砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫)
都筑 道夫
光文社 1988-04

by G-Tools
4334707785いなずま砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫)
都筑 道夫
光文社 1988-07

by G-Tools
4334727468さかしま砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社時代小説文庫)
都筑 道夫
光文社 1999-01

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スナップクーラーブー

 [ 止まらないWebページ改ざん,JavaScriptに気をつけろ:ITpro ] diary (Japanese)経由

 Sleipnir でもそのあたりの設定をクリックひとつで切り替えたりが便利。セキュリティ設定で普段は JavaScript 無効にしていて、必要なところだけモード切替している。といっても Firefox も使っているから NOSCRIPT 設定しておこうかな。

 ほかにも、SnapCrab とか便利。ウェブページ全体のキャプチャを撮れるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

酷政

 [ 災害復興の名のもとにつづく税金の無駄遣い - ビジネススタイル - nikkei BPnet ]

 Gmail の本日の必読記事から読んでみた。 またひとつ白日の下にさらされたというだけなのであろうけれど、国交省の回答を見ていると、官僚とか政治家という輩は本当にのらりくらりといいわけを繰り返すだけで自らを省みるということはしない人々の集まりなのだなと思うばかり(いや、省みるという文字が入っているだけに皮肉かしらん)。こんなことでなんとかなっている国というのがちょっと恐ろしくなるくらい。虚業というものがあったが、もはや「虚国」というか、実態のないバーチャルなそれこそ映画「マトリックス」のような世界に生きているだけなのではないかと思ってしまいそう。

 予算を使い切ることに得々として、本当に使われるべき弱い立場の人間には鞭打つ社会の表れが、「もうあんたは長くないんだからお金はいらないでしょ」という医療制度で、とれるところ・取りやすいところからはどんどん取るという、その姿勢には福祉のかけらも見えない。

 問題をすりかえて、目先を変えてごまかすというのは、さながらレジ袋削減にだけ環境問題を背負わせるようなたくらみが見えてきたり。やっぱりこの国は仮想の世界なんじゃないだろうか。

#日経BP ではリンクには許可を取れとあるが、リンクしてしまう。いい加減、意味のないことはやめようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

えす(ぺしゃるな)OS

 [ 読者が使ったことのないであろうOSベスト5 - builder by ZDNet Japan ]

 確かに使ったことはない。知ってはいるし、雑誌などで見たことはあるものもある。BeOS なんかは体験版みたいなものを持っていたこともあったけれど、いかんせんインストールできる環境がなかった。NeXTSTEP は X のデスクトップ環境でなら雰囲気だけは味わったか。

 文豪ミニ5用の MS-DOS ってのはちょっと違うか。(日本なら超漢字とか)

 それはともかく、[ 読者が使ったことのないであろうOSベスト5 - page4 - builder by ZDNet Japan ] において、

その代わり、もしユーザーのコンピュータが30386 CPUを使っていれば

 などと書かれている部分は、「 80386 」の間違い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うた

 あらすじで名作を紹介する番組で、「ピノキオ悪い奴だわ(笑)」などと思いつつ見終わったあとで、冒頭をやや欠いてしまったが、NHK の「SONGS」で竹内まりやを見ていたらついつい最後まで見てしまった。そうか、昨年の一回目の放送が竹内まりやで、久々ということであったのか。で、あの「人生の扉」の映像と。

 今年はファンの投票をもとにしてベストアルバムの製作を予定しているということで、これはちょっとチェックしておかなくては。と、昨年からにわかにマイブームとなっている様子。いや、昔からその歌は耳に残っていたのであるし、心地よい歌声はずっと好きだったのは間違いないのだが、なんとなくそのままになっていたわけで、ある意味今の自分の年齢というものが欲しているのかもしれないか。

 まもなく発売されるシングルとなる新曲「うれしくてさみしい日」はなにか聞き覚えがあると思ったら、CM で使われているらしい。ジャケットのイラストは児玉清さんによる切り絵なのだとか。読書家としては有名だが、こんな趣味も持ち合わせておられたとは。ちょっと味のある作品。

 余裕ができたらちょっと遡って聴いてみるとしようか。

B0015DMNME幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
竹内まりや
Warner Music Japan =music= 2008-05-21

by G-Tools


 もちろん今日の BGM は、これ。
Denim (通常盤)
竹内まりや Alan Jay Lerner 杉真理
B000O76P6M

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

既視感

 昨夜の「プロフェッショナル 仕事の流儀」をなんとなく見ていて、最後のほうででてきたサイトアイデアがなんとなくこれと似ているなあと思っていた。

OOOOOOUCH.COM

 こうした視聴覚的に楽しめるサイトデザインは、確かに楽しいのだけれど、基本としてはうっとうしいだけだし、弱者にはまったく使えないものでもあるなと。Flash や JavaScript が使えないとまったくページが表示されないようなサイトとかに出会うと、それだけで萎えてしまってその先を見ようという意欲をなくしてしまうことが多いし。

 もちろんみんなに優しく楽しいなんてのは、無理というべきなのだとは思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

るびま0023号

 るびま0023号がでた。お疲れ様です。

 待望の原さんのインタビューなのだが、読んでいたら小一時間たってしまった。長い。いや、いつも長いわけだけれど。

 ささださんも初めての Ruby 本は、原さんの白い Ruby 本だったとかで、同じなのかと思ったり(あるいは「邪道編」が先だったか、同時くらいだったか)、原さんが awk から Ruby に移っていったというところが同じだったり。もっとも日経MIX ではなくて、ニフティの FGALTS だったけれど。

 「無駄じゃ、無駄じゃ」はジャコウネズミさんですね。

 DVD をひたすら焼いてってのも昨今の状況には似ているか。それほどたくさんではないのだけれど、友人から頼まれて録画したものを DVD-RW で渡すということが続いていた。ビデオデッキはないが PS2 ならあるので再生はできるという。

 巻頭言でついその気になって arton さんところから Ruby-1.9.0-1.msi を落としてみたり(まだ入れてない。VirtualPC になるかと)。

 まだまだパラパラと斜め読みしたところなので、おいおいと RSpec とか cgi.rb の話とか。cuzic さんの本もいいなあと思いつつ、まあこれは、そのということで。

 1.8 対応にしませんか?

4274063852Rubyプログラミング入門
原 信一郎
オーム社 2000-10

by G-Tools

4756136036Rubyを256倍使うための本 邪道編
arton
アスキー 2000-10

by G-Tools

 この本はよく読んだ。持っているのは cbook24.com で出していた頃のもの。新紀元社が引き継いだらしい。いまだに awk ? とも思うかもしれないけれど、いろいろ進化しているという噂も聞くし、とっかかりには優しいとは思う。癖はあるけど。

4775302493プログラミング言語AWK (新紀元社情報工学シリーズ)
A. V. エイホ P. J. ワインバーガー B. W. カーニハン
新紀元社 2004-01

by G-Tools

 この awk 本にもお世話になったなあ。というか最初はこれだった。

4756101623AWKを256倍使うための本 (Ascii 256倍)
志村 拓 鷲北 賢 西村 克信
ASCII 1993-08

by G-Tools

 この本は自分で買う方向で検討しよう。なんとか。

4839926689Rubyist Magazine出張版 Ruby on Windows
cuzic
毎日コミュニケーションズ 2007-12-19

by G-Tools


 そういえばチベット、
一日一チベットリンクダライ・ラマ14世講演会

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »