« 住宅用火災警報器 | トップページ | 幽霊法廷 »

PC-BSDを 1.3 から 1.5 にしてみた

 今回の 1.5 では、1.3 や 1.4 からアップデートできるパッチ PBI が提供されたので、ようやくアップデートしてみた。

 900MB 近いファイルなので遅い ADSL だとかなりダウンロードそのものに時間がかかる。それでも先ごろ回線を他社に替えたら微妙に速度アップしたので多少は助かった。とはいえ 40 分ほどかかったわけではある。

 さっそくに実行するとファイル展開をしてから再起動を促されるので、従っていくと再起動中に旧パッケージの削除、新しいパッケージのインストールなどが行われていく。メッセージには「 30 - 45 分くらいかかる」とあるのだが、やや古い環境となってしまっている Pen4 1.6G では 70 分ほどかかってしまった。Virtual PC 上での環境で行っていたらと想像するとちょっとギョッとする。

 インストール作業が終って、デスクトップが表示される段階になるとグラフィック関係の設定を促される。といってもチップセットと色数・解像度程度。その後確認を求められて進むとようやく起動が完了した。

 1.5 が発表されてからしばらく時間がたっていることもあって、すぐにアップデートのメッセージがでるのでこれらをいれているとまたさらに 10 数分といったところか。再起動しないと適用できないものもあったようで、うっかりメッセージを読み落として先に進まなかったりしたが、以前だとこうしたアップデートの際のメッセージは英語だけだったように思ったのだが、ちゃんと日本語になっていたのでわかりやすくなっている。

 日本語入力に関しては、1.3 の時のままなのだがひとまず使えている。1.5 用の PBI もすでに提供されているのだけれど、替えたほうがいいのかどうかはよくわからない。ただ、フォーラムのほうではなにやら標準の PBI にまとめたいような話がでているような、いないような。(きちんと読んでいないので勘違いしているだけかもしれないけれど)

 こまかなところはまたおいおいと使ってみて(といっている内にはきっと次の 1.6 とかが出てしまうのだろうなあ)。

PC-BSD - Personal Computing, served up BSD Style!

|
|

« 住宅用火災警報器 | トップページ | 幽霊法廷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/40960121

この記事へのトラックバック一覧です: PC-BSDを 1.3 から 1.5 にしてみた:

« 住宅用火災警報器 | トップページ | 幽霊法廷 »