« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

蛇足

 途中から見ることになって、結局最後まで見た NHK 「ちりとてちん」。なにが面白かったのかと思い返せば、主人公である B 子の家庭というのが、恐らく一番だったのではないかと。

 実のところ終盤も終盤という最後の数週は、どうにもこれまでのリズムやテンポ、面白みからやや外れてきたのではないのか、というやや冷めた感じを覚えながら見ていたというのが実情。もっともその一端は「スタジオパークからこんにちは」に貫地谷しほりが出演したときの悪い印象が尾を引きずったということもあったのかもしれない。

 ことに最後の数日は、常打小屋ができて、いきなり引退宣言をして、子供が生まれて、一門のそれぞれの小さなエピソードが矢継ぎ早に紹介されて終る、というのは、なんだか何をそんなに詰め込もうとしているのだ? と思うくらい。どのみち「ちゅらさん」以来という続編のドラマまで予定されていると噂されるのであるから、そのあたりは一切合切そちらで描けばよかったことではないのか、と。

 あれほどすばらしい脚本を書いていたはずの藤本さん、どうしてしまったのだろう?

 ちなみに AK 製作はあまり好みでないので、もう見ていない。しばらくはゆっくりしたいというのもあるか。

【だそく】

十分完成しているもののあとに付け加えるよけいなもの。
新明解国語辞典 第四版

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チベット・クエスト


4795818320チベット・クエスト―地上最後の宗教を求めて
松本 栄一
情報センター出版局 1995-05

by G-Tools


 essa さんの企画に乗りたいと思いながら、さてどんなリンクが自分には可能だろうかと考えた(もちろん、日々のリンク先はさまざまでよいのだが、とりかかりのそれに何か頭の片隅に残っているものがあったので)。

 そうして思い出したのが、本書「チベット・クエスト」。確かに自分らしい惹かれ方をした本なのだとは思うのだが、今となってはなぜこの本を手に取ったのかはまったく覚えていない。なんだったかなあ。

 松本栄一さんという写真家(検索すると朝日新聞社カメラマンの別のかたもいらしたようだが)が、何度となく訪れながらあまり熱心に学ぶことのなかったチベット仏教というものに、自らも体に不調を覚えるようになって、その教えをきちんと聞いてみたいという思いから何人もの先達に教えを請うた記録だ。

 そこにはチベットの不遇の歴史も見えてくるし、チベット仏教がなにを大切にしていて何を教えているのかといったことが、わたしたち凡人にもわかりやすい噛み砕いた言葉で語られている。先にダライラマ14世はこんなことをいった。「調べてもらえば、我々と彼らのどちらが本当のことをいっているかわかるはずだ」といったことを。この本を読むだけでもその一端が感じられる。

 わけても彼らの目の穏やかさと、中国政府のマスメディアにでてくる人々のそれとの違いは雄弁にかたるものがあるのでは。

 帯の惹句「死ぬまでには、読んでおきたい本」というのはおおげさでもなんでもない。

「ダライラマは疑うこともなく立派な人です。彼は仏教徒として生きとし生けるものを愛しています。敵である中国人でさえ、その行為についてはともかく、その存在を愛しています。チベット人に対する心と中国人に対する心に差はありません。

 ・・・・・
 現実にチベットのなかでは、中国人に多くの人が殺されています。1959年以降、120万人とも200万人ともいわれる人々が殺されました。今また、新たな難民がヒマラヤを越えてやってきています。インドへの亡命の途中、ヒマラヤの雪山で行き倒れて死んでいった人もたくさんいます。また無事にインドに着いても、明日からどうやって生きていったらよいのか、みんな途方に暮れています。
 それでもダライラマは非暴力を続けています。それでいいのでしょうか? 私自身はもっと違った道があるように思うのですが」

ゲン・ドップトップ「(無明とは)やさしくいうと、物事が正しく見えていない状態です。では、どういう場合にそうなるのか? ”貪欲さ”が「無明」の最大の根源です。

 私たちは何かに固執する時、周囲を明晰に見ることができなくなる。自分のやっていることがすべて正しいように見える。
 たとえば、敵が目の前にいたとしても、よくよく自分の心を調べたら、それは自分の心が作ったものだとわかるはずです。」

「私の実感では、チベット国内全体がいまや一つの大きな刑務所になっているという感じです」
「ヒマラヤ越えなんて、私たちチベット人にとっては大したことじゃないんです。私たちの町であるラサを中国人に支配され、自由が失われていることのほうが、チベット人にとってずっと苦しいことです。」

#引用はいずれも「チベット・クエスト」から

 ということでチベット。

一日一チベットリンクprofile-matsumoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一億のシステム

 昨日( 3/28 )の日本テレビ系「太田総理」でのこと。年金特別便の見本を見て。(以下の会話は厳密ではなく、およそその通り)

森永 卓郎:
加入記録の間の未納になっている期間を一行印刷するだけで、ずっと分かりやすくなるんですよ。

大村 秀章:
あなたはシステムを知らないからそういうことをいうんですよ。大変なんですよ。

森永:
わたしだって昔は情報関係の会社にいたことがあるから分かりますけれど、こんなの簡単ですよ。

大村:
無理ですって。一億のシステムですよ?

 なるほど、立派な国会議員さんが言われるのだから、きっと「一億のシステム」というのは相当に複雑なもので大変なものなのだと想像します。

 個人の加入記録を列挙して印刷するデータはでても、その記録の連続していない部分を調べることはよほど難しいプログラムになるのであろうと想像します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わたくしといふ現象は

 [ TBS「第1回TBS・講談社ドラマ原作大賞『被取締役(とりしまられやく) 新入社員』」 ]

 というドラマが放送されるそうなのだが、なんとなく微妙な感覚を持ってしまうのは、こんなココログを知っているから。

 有機交流電灯

 いやまあ、パクリとかいうつもりはないのだが、一般的な言葉ではないだけになんか微妙なものを感じてしまったり。まあ、誰でも思いつく可能性は否定しない。もっとも内容として重なるとかではまったくなく、単に言葉だけのことなので。

4480020020宮沢賢治全集〈1〉 (ちくま文庫)
宮沢 賢治
筑摩書房 1986-02

by G-Tools


わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(略)
「春と修羅 序」宮沢賢治、ちくま文庫、宮沢賢治全集1所収

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Ubuntu8.04ベータ

 [ フォトレポート:絵でみる「Ubuntu 8.04」ベータ - builder by ZDNet Japan ]

 なにやら Windows 環境でも手軽に試せそうなので楽しみ。これで Linux デビューか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

IL-6追加承認

 薬のことなら薬事日報ウェブサイト - 【薬食審薬事分科会】「アクテムラ」関節リウマチの効能追加など新薬11成分を承認

 初の IL-6 抑制型として承認されたようで、インフリキシマブやエタネルセプトの TNF-α抑制型で効果があまり見られなかった患者に対して期待がもてるのでは。

 記事からすれば、この夏くらいには使えるようになるのだろうか。この手の薬にはつきもののことだが、問題は薬価。いろいろの助成制度はあるが、いずれもお役所仕事で対応が遅く、患者の負担や気力をそぐばかり。手続きによって治療費を還付することが決まっているのであれば、はなから治療の際に支払わずに手続きだけにしてくれたらどんなに経済的に楽になるだろうか。

 弱者にこそ配慮がなされる。それが本当の国政・行政だと思うのだがなあ。

#中外製薬のサイトはリンクに際して「許可をとれ」というのでリンクはしない。おろかぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビッグバン

 ここの一日の通常のアクセス数はせいぜい 100 程度。なので急激にその数が増大しているとかえって不安になる。いったい何事が起きたのかと。25 日の夕方からの急激な増加はそれから夜にかけて通常の二倍分もの 200 あまりをそのリンクだけでカウントしていた。件のリンク元はスラッシュドット。

 なにがいったいと思ってみたら、特に関連があるわけではない。アップルのソフトウェアアップデートで Safari をインストールしようとするという件での話だった。Windows Update だって似たようなことがあるじゃないか、という話のなかで、別件だがこんなことも、といってリンクされていた。うーん、どうなのかねえ。

 Safari に関していえば、チェックボックスはあるわけで、個人的には QuickTime Player の更新の際に、毎回 iTunes とかのチェックをはずす煩わしさは感じているが、それ以上のものではない。Windows Update も同様。必ず更新内容を自分で確認してインストールするようにしているので。たとえ面倒でもわけのわからないものがいつのまにかインストールされているという状況はできるだけ作りたくないので(もちろんそれができない場面もいろいろあるわけではある)。

 で、今日になってもまだ余波は続いている。ひょっとして、なにかコメントとかきていたらちょっと怖いかなあなどとも思っていたが、幸か不幸かココログのメンテナンスだったのでなにもない。もっともコメントされるような内容でもないか、とは思うが。

 先方でのコメントでやや勘違いしているのではと思ったのは、「「初年度の年会費無料」って手法に慣れてれりゃ、怪しいって気づくよ。」というコメント。アマゾンプライムの無料体験はちょっと事情が違う。プライムに強制的に登録されてしまうということが問題なので、気づくとかの問題ではないということ。たとえて言うなら、コンビニで買い物したら知らないうちに有料のサービスに登録されていた、というのに似ている。(通常そんなことはありえないが、電子マネーがでてきたのであるいはそういうことも可能な社会もありうるのかもしれない)

 初年度は無料とわかっていてみずから登録をしたのであれば、それは仕方ない。ワンクリック詐欺のような手法に嫌気がしたということなのだが。

 閑話休題。スラッシュドットってすごいパワー(いろんな意味での)を持っているのだなと、感じた次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フント

 「ダダダダ、ダックスフンドドドドドド」という車の CM を見るたびに、「フント」じゃなかったか? などと思っていた。ジャパンケネルクラブの登録犬種名は英語読みの「フンド」なのだそうな。(Wikipedia によれば

 とはいえ、ドイツ原産の犬であるので、できれば本来の読みを尊重して欲しいような気もする。まあ、「フント」と発音するのは「フンド」よりもちょっと言いにくい感じがないわけではないけれど。

 近頃では海外の固有名はできるだけ原音に近いものを採用する動きが強いのではあるけれど、慣れ親しんだものはこのままになるのだろうか。


4167614014ダックスフントのワープ (文春文庫)
藤原 伊織
文藝春秋 2000-11

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あることと待つこと

『 「ゆるすということはむずかしいが、もしゆるすとなったら限度はない

ここまではゆるすが、ここから先はゆるせないということがあれば、それは初めからゆるしていないのだ」
山本周五郎「ちくしょう谷」より 』
さだまさし「償い」ライナーノーツより

 「待つ」ということについてちょっと悩んでいる。ここまで待ってしまったのだから、諦めて待ち続けるべきなのか。それとも、区切りをつけて諦めるべきなのか。

 ゆるす、ではないが、ふと思い出したので。

#「償い」は何かの裁判の判決で裁判官が、この歌を聴いてよく考えるようにといったことを言ったとかで話題になった歌。確かにゆるすことは難しい。

夢の轍 プライス・ダウン・リイシュー盤夢の轍 プライス・ダウン・リイシュー盤
さだまさし Linda Richardson 渡辺俊幸

曲名リスト
1. 微熱
2. 極光(オーロラ)
3. 虫くだしのララバイ
4. 人買
5. 前夜(桃花鳥(ニッポニア・ニッポン))
6. 退職の日
7. まりこさん
8. Home(Now I Know I’m Home)
9. 償い
10. 片おしどり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 原題は「 TO HAVE OR TO BE ? 」
生きるということ
エーリッヒ・フロム 佐野 哲郎
431400181X

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

知らないという謙虚さ、違っているかもという謙虚さ

 すっかり普通に目にするようになっているのに、きちんと知っていなかったので改めて読んできた。オープンソースとは。

 かずひこさんの記事からのリンクも一通り読ませてもらう。正直外野に近い者とすると、それほど熱くならなくてもと思わないでもないが、きっとたくさんの歴史があったのであろうなと想像はできる。なにより、まったくの素人が間違っているのではなく、それなりに知見もあり影響力を多大に持っている人であるというのは哀しいことではあるのだろうな。

 もっともポイントとなるのは「再配布の自由」ということらしい(という理解でいいだろうか)。ほかにもいくつか出ているので、一度は目を通しておくべきかも。プログラムを作る側ではなく利用する側であっても、大雑把な概念はもはや知っておくべき時代になりつつあるのかもしれないので、多くの人が知っておくと吉かと。

 知らないことは勇気をもって知らないと認めたいものであるし、知らなかったらまず調べてみるという姿勢は持ち続けたい。その上で、すでに知っていると思っていることでも、あるいは間違った理解をしているかもしれないという気持ちも必要なのかもしれない。まあ謙虚すぎると気持ち悪いけれど、知ったかぶりよりはまだましかも。

 機会を失うと忘れてしまうので、備忘のためにも記録しておくことに。記録重要。

The Open Source Initiative: オープンソースの定義(日本語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たそがれる

 特典ディスクの「朝のたそがれ」のためだけに買ってもいいと思う。

 いやいや、本編もぜひ見てみたいのだけれど。

B00120HXCUめがね(3枚組)
小林聡美
VAP,INC(VAP)(D) 2008-03-19

by G-Tools

 「かもめ食堂」もぜひ。

B000ELGLDAかもめ食堂
小林聡美 片桐はいり もたいまさこ
バップ 2006-09-27

by G-Tools


 でも原作の入手は困難。

4344010973かもめ食堂
群 ようこ
幻冬舎 2006-01

by G-Tools


 群ようこ、のおすすめはなんといってもこれ。(画像はないのか、残念。なんだか品切れ多すぎないかい?)

416748501X別人「群ようこ」のできるまで (文春文庫)
群 ようこ
文藝春秋 1988-12

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さよならクラーク

 アーサー・C・クラークが亡くなったのだそうだ。90 歳だったとか。読んだ作品の数はそれほど多くはないものの、好きな作品というのも多かった。SF における巨匠のひとりというのは間違いない。

 やはり代名詞はモノリスかな。

415011000X決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク Arthur C. Clark 伊藤 典夫
早川書房 1993-02

by G-Tools


 こんなものが出ていたとは。

4150113084失われた宇宙の旅2001 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク 伊藤 典夫 Arthur C. Clarke
早川書房 2000-04

by G-Tools


 この映像は感動的だった。

B000IU4MYC2001年宇宙の旅
キア・デュリア ゲイリー・ロックウッド ウィリアム・シルヴェスター
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-12-08

by G-Tools


 当時はこれで最後といっていたような。

415011546X楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク Arthur C. Clarke 山高 昭
早川書房 2006-01

by G-Tools


 これも好きだったなあ。ほとんど忘れてしまったけれど。この機会に再読しようか。

4150115575太陽からの風 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク Arthur C. Clarke 山高 昭
早川書房 2006-04

by G-Tools


 そして先日も載せたが、これも。

4150115249渇きの海 (ハヤカワ文庫 SF ハヤカワ名作セレクション)
アーサー・C・クラーク 深町 眞理子
早川書房 2005-07-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Ruby は文化

 地元紙の文化面にまつもとさんの講演写真が載った。 Ruby に関するごく簡単な記事とともに。まあ写真が島根大での講演のものってのが、なんだかなあ感でもあるのだが(昨年の松本市でのまつもと氏による講演写真だったらよかったのに)。とにかく地方紙にそこそこ大きな紙面を使って Ruby について書かれたというのが、ちょっと驚き。

 もっとも内容としては、さらりと流した程度でしかないのだが、一般紙なのだからそれは仕方ないというところ。とはいえ広がりを見せているのだなという実感は得ることのできる出来事だったかと。

 このところ取材が集中しているといったことを書かれているので、それらの一環だったのだろうかと想像。

 ふと日本Rubyの会に入会しようか、などと思ったりもするが、よくよく考えると Ruby 普及の一端を担えるような立場にはいないのだよなあ、と思い返すのが常。せめてこうして広がってくれるのを喜ぶという位置か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鍵をあけたら大きく開放

200803_key


 普通に買い物するだけで、勝手に Amazonプライムに登録されてしまうのが嫌なので(更新しなければよいわけではあるが、ワンクリック詐欺みたいな仕組みはどうも好かない)、結局よそで買った「Key 初回限定版」。どこも横並びなのか販売価格が同じだった。(通常版よりも安い)

 で、Amazon では環境に配慮したという紙製のパッケージが開けにくいとか、ディスクを取り出しにくいといったコメントがあがっていたのだが、確かに通常のプラスチックケースの便利さになれていると違和感が大きいのは確か。とはいえ、プラスチックケースだってディスクの取り出しに難渋する場面も時としてあるので、どっちこっちというところかもしれない。

 そもそも今回のようなケースの作りなのだから、すっかりオープンに開けてしまえば何の問題もない。昨今の携帯音楽プレイヤーにいれて楽しむということでいえば、そう何度も開けることはないのだろうから問題なしといっていい。どうしても CD でじかに聴くというのであれば、別のケースとか取り出しやすいものに一時的に移しておくという方法もあるし。

 しかし、携帯音楽プレイヤーも持っていない、ラジカセとかオーディオ機器も今はまっとうに使えないということを思うと、まずは何か用意しなくては面倒すぎるな、という思いを強くしつつもつい買ってしまうのだな。今年こそは。それともほしい物リストを公開したら誰かがプレゼントしてくれるだろうか。ないな。

B00127ISVSKey(DVD付)
一青窈
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) 2008-03-05

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

粘菌

 菌類研究ということで思い出すと、南方熊楠(みなかた くまぐす)もはずせないか。粘菌などというおよそ常人には知るべくもない不思議な菌類の研究で知られているわけで。その人となりを一度はきちんと読んでおきたいものだなという自戒もこめてメモしておくとしよう。

410120912X縛られた巨人―南方熊楠の生涯 (新潮文庫)
神坂 次郎
新潮社 1991-12

by G-Tools
410602165Xクマグスの森―南方熊楠の見た宇宙 (とんぼの本)
松居 竜五 ワタリウム美術館
新潮社 2007-11

by G-Tools
4103055510南方熊楠菌類図譜
南方 熊楠 ワタリウム美術館
新潮社 2007-09

by G-Tools
4791701739ユリイカ 2008年1月号 特集=南方熊楠
青土社 2007-12

by G-Tools
4896948513南方熊楠アルバム
中瀬 喜陽 長谷川 興蔵
八坂書房 2004-11

by G-Tools
4894800306南方熊楠の森
松居 竜五 岩崎 仁
方丈堂出版 2005-12

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PC-BSD 1.5 出た

 PC-BSD 1.5 が出た。さらに 1.3.x や 1.4.x からのアップデート用のパッチ PBI も出たので、それはありがたいと思ったのだが、ファイルサイズが 800MB 超ということでなかなか恐ろしいことに。

 今の環境での Virtual PC 上でこれをやると相当時間がかかりそう。数時間かかるかも。どうせ何もしていないので素直に 1.5 を入れなおしたほうが早いかもしれないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ますます狭まるiREGiの輪

 先のアマゾンショックから他のショップを探すかという一環であちこち見ていたら、とうとう末期的になってきたのだなと発見してしまった。

Nifbooksend


 @niftyBOOKS のサービスも終了だそうな。ついでに、@niftyFlower@nifty オークションのサービスも終了だそうな。(前二者は 2008/3/31 をもって、オークションは 2008/3/17 をもってだそうな)

 いよいよ iREGi の終焉ということらしい。唯一残っているといえるパソコン関連や家電などの販売も遠からず終了するのかもしれない。となるとますますニフティポイントの使用方法が限定されて意味を失いそうだ。

 まさか、bk1 までなくなるなんてことは、ないだろうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サギプライムショック

 昨日から騒がしくなった amazon 方面なのだけれど、それでもまあと CD を注文しようかと思って進めていってあまりに驚いてしまったので注文をとりやめてしまった。Amazon プライムへの囲い込み作戦がいやらしい。

 普通にカートにいれて、通常配送ですすめていっただけなのに、最終確認画面に表示されていたのはこんなメッセージ。


A_prim_08


 いつ無料トライアルへの参加を選択したというのだ? しかもそれを拒否できないっていうのは。

 ここでそのあたりを調べていくと、一ヶ月の無料体験期間内であればアカウントサービスから自動更新しないように設定できるとも書かれているが、その説明が事前に説明されていないのである意味詐欺みたいなものではないのか? とも思えてしまう。(以下は別ページを探していって見つけた表記。あとはヘルプにはあるにはあるが、注文ページにはなんの説明もない)

 Amazon プライムが使えますとなっている商品を選択すると自動的に参加を選択したことにされてしまうらしい。そして知らずにいるとそのまま年会費を引き落とされてしまうという罠。登録した覚えすらないままに。


A_prim_08_2


 しかもちょうど欲しいものリストで騒ぎになっているさなかであることを思うと、果たして本当に更新されないのかどうかという不安がよぎったので、結局注文は取りやめにしてしまった。なんだかなあ。

 自動的に無料体験させてなにもしらずにいれば、勝手に年会費が徴収されてしまうというのでは、恐ろしくて買い物ができない。せっかくギフト券があるのでと思ったのにがっかりだ。リアルショップで買えってことかな。

#地方の者にすれば、お急ぎ便は意味をなさないので、その意味でもとんでもないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

USB対応レコードプレーヤー

 [ ソニー、USB出力を装備したレコードプレーヤー::AVWatch ]

 レコードプレーヤーの出力に USB を装備しているというのがちょっとひかれる。むかし昔のレコードをそろそろどうにかしたいと思っているのでこれなら簡単に取り込めそう。

 しかし古いレコード。78 回転だったろうか? とすると使えないということになるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怖いのは確かではあるが、なぜ今頃になって

 [ 高木浩光@自宅の日記 - Amazonはやっぱり怖い そろそろ使うのをやめようと思う ]

 欲しいものリスト(旧 Wishlist )になったので変わったというわけではないし、確かにその意味を理解しにくい状況はあったかもしれないけれど、個人的には利用しはじめた当初から公開設定にしていなかったし、「なぜ今頃になって?」という感も否めない。

 確かに公開に設定されている場合の状況を見せられると「これは大変だ」という感想を持つけれど、今頃大騒ぎするようなことなのだろうか、とは思う。

 これまでそうした意識がなく公開に設定したままになっていた人は、これを機会に見直すということでよいのでは。

 それともわたしの認識が甘くて、もっと深い闇が存在していたりするのだろうか。


追記:
 確かに標準が「公開」になっているってのはよくない仕様だとは思った。それってどういうことだ、と考えて変更したからまだよかったけれど、以下を読むと確かに怖いなあと改めて思うわけだ。

 [ Amazonのすごいアクセス解析サービス - ぼくはまちちゃん!(Hatena) ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プロセッサー

 一時情報のまま自分で確認しないでいると恥ずかしい間違いをおかしていたことに気づかない、という事態になるという。(とはいえ、情報入手という意味でここは大変便利に使わせてもらっているのも確か)

 ということで、まず自分できちんと調べて確認をとるという基本的なことを守るべきだなと、今頃になって確認。

proc・ess

[名詞]
1 (製造・加工などの)過程,製法,工程
the ~ of making cheese  チーズ製法
by a mechanical ~  機械的方法で.
4 〔法〕
(1) 召喚[呼び出し]令状,出頭[提出]命令
serve a ~ on a person  人に令状を送達する.
(2) 訴訟手続き[過程].
5 〔写〕写真製版法.
6 〔コンピュータ〕処理.
━ [形容詞]
1 加工[処理]した
~ cheese  プロセスチーズ.
2 写真製版法の;〔映〕結合写真法撮影による.
~・er[名詞]

Progressive English-Japanese Dictionary, Third edition (c) Shogakukan 1980,1987,1998/プログレッシブ英和中辞典 第3版 (c)小学館 1980,1987,1998

proc・es・sor

[名詞]〔コンピュータ〕演算処理装置[機構];(言語)処理プログラム
a word ~  ワープロ.

Progressive English-Japanese Dictionary, Third edition (c) Shogakukan 1980,1987,1998/プログレッシブ英和中辞典 第3版 (c)小学館 1980,1987,1998

 ということでむしろ英語版のほうが誤訳しているといえるのか? わからないけれど。

 13 日配送となっていたが、入荷は 6 日だったので地方時間で届いた。これでおしまいとのことで残念な気もするが、作者のいうように「このての物はいくらでも続けることができてしまう」というのもわかる気がする。アニメにそれが如実に現れているようにも思うし。

 ただ、刊行の点などで今ひとつしっくりしないままに終ってしまったような印象もあって、それが残念といえば残念。

 さて、「アップルシード」ほかはどうなるのだろうか。

4063754537攻殻機動隊1.5HUMAN ERROR PROCESSER (KCデラックス)
士郎 正宗
講談社 2008-03-13

by G-Tools
406313248X攻殻機動隊 (1) KCデラックス
士郎 正宗
講談社 1991-10

by G-Tools
406334441X攻殻機動隊 (2) KCデラックス
士郎 正宗
講談社 2001-06-28

by G-Tools

 鬼っ子になってしまった 1.5 旧版。

B0000A3WO8攻殻機動隊1.5
講談社 2003-07-23

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

微生物の話


4750706183微生物の話―ワインからコンピュータまで
井上 真由美
アグネ 1982-01

by G-Tools

 カビとか菌の話というとまず思い出すのが、これ。「攻殻機動隊」のファンならはみだし部分で知っているかもしれない。身近なもののありとあらゆるものにカビは存在すると知らされる本。内容はすでに古くなっている感はあるものの、基本的なところでは今でも興味深く読めるはず。予防法などに関しては、最新の情報にあたるべきかとは思うが、基本的な知識であるとか、単純に読み物としてという軽いところでも楽しめるはずだ。

 とはいえ、入手は難しいようではあるが。マーケットプレイス高いなあ。1236 円だったはず。

 著者の井上さんは、近年、一風変わった科学者ばかりを集めた番組などにも出演されて矍鑠とした姿を見せておられたが、最近はどうなのだろう。ちなみに男性である。

 面白そうなのでメモしておこう。築地書館はこの手の本がたくさんあって楽しい。

ふしぎな生きものカビ・キノコ―菌学入門
ニコラス・マネー 小川 真
4806713570

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レガシーの継承

 [ Excelレガシーが業務用Webアプリに簡単に変身 マイクロラボ「XCute」::ITPro EXPO 2008 Special ]

 やっぱり隙間を埋めようと考える人はいるってことなのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アルバム「key」

B00127ISVSKey(DVD付)
一青窈
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) 2008-03-05

by G-Tools

 このごろはサクッと買わなくなってしまったのでメモしておく。いやそれすら忘れるということは大いにありうるのだけれど。

 実際に買うときには通常版しかないかもしれないな。

B00127ISWCKey
一青窈
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) 2008-03-05

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いつの間にか貼り付け可になっていた

 とあるプレゼントの応募に関して、応募葉書の PDF を用意しているのを見て、ふと疑問に思ったので調べてみた。よくある商品パッケージの一部を切り取って葉書に貼り付けるようになっているもの。その貼り付け位置が葉書の表面になっていたので「さて?」と思ったのだった。

 ずいぶんと前のことではあるけれど、子供が葉書の宛名面にシールなどを貼ってしまったものは配達できないのだと郵便局から言われた覚えがある。切手以外のものは貼り付けられないといった趣旨だったと思ったのだが、さてどうなっているのだろうかと。

 民営化に伴っていろいろ変わっている可能性もあるなということで、ひとまずサイトを見てみると、どうやら貼ってもいいらしい。いつからかは不明だが、少なくとも現在においては。

[ はがきの表面に紙を貼り付けて送りたいが、可能ですか? - 日本郵便 ]

 とはいえ、やっぱり宛名面に貼り付けるのはなんだか邪魔な気もしないではないなあ。いや、裏面にしてもきちんと貼ってあるかどうかは裏返さないとわからないので、その意味では宛名面のほうが便利ではあるのかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

羊はうまい

 羊羹の「羹」という字はなかなか難しい。いや、よくよく見ればそれほど難解な構成ではないのだけれど、なんとなくというやつ。「あつもの」と読むことは知っているし、おぼろげな意味も分かってはいた。とはいえ、なにゆえにこんな字なのだろう、ということで漢字源でみると、なるほどと合点がいくし、これからは迷うことなく書けるようになること請け合いだ。

 羹(あつもの)という字は、もともと「羊の肉を丸ごと蒸したものは美味しい」ということから生まれたのだそうな。すなわち「羊」「蒸す」「美」から成っていると。

 そうか、うまいのかあ。

 そんなことを思うにつけ、余計に「いも洋かん」はあるまい、という思いを強くするのであった。

【羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)】

(熱かった吸い物にこりて、膾や韲物のような冷たい料理も吹いてさます意から)一度の失敗にこりて、必要以上の用心をするたとえ。
国語大辞典(新装版)(c)小学館 1988

4053025915漢字源 改訂第4版―二色刷
藤堂 明保
学習研究社 2007-10

by G-Tools

#3/9 インデックス作成の事情からタイトルを「羹に懲りて膾を吹く」から変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »