« 美の壷 | トップページ | いつの間にか貼り付け可になっていた »

羊はうまい

 羊羹の「羹」という字はなかなか難しい。いや、よくよく見ればそれほど難解な構成ではないのだけれど、なんとなくというやつ。「あつもの」と読むことは知っているし、おぼろげな意味も分かってはいた。とはいえ、なにゆえにこんな字なのだろう、ということで漢字源でみると、なるほどと合点がいくし、これからは迷うことなく書けるようになること請け合いだ。

 羹(あつもの)という字は、もともと「羊の肉を丸ごと蒸したものは美味しい」ということから生まれたのだそうな。すなわち「羊」「蒸す」「美」から成っていると。

 そうか、うまいのかあ。

 そんなことを思うにつけ、余計に「いも洋かん」はあるまい、という思いを強くするのであった。

【羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)】

(熱かった吸い物にこりて、膾や韲物のような冷たい料理も吹いてさます意から)一度の失敗にこりて、必要以上の用心をするたとえ。
国語大辞典(新装版)(c)小学館 1988

4053025915漢字源 改訂第4版―二色刷
藤堂 明保
学習研究社 2007-10

by G-Tools

#3/9 インデックス作成の事情からタイトルを「羹に懲りて膾を吹く」から変更。

|
|

« 美の壷 | トップページ | いつの間にか貼り付け可になっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/40337113

この記事へのトラックバック一覧です: 羊はうまい:

« 美の壷 | トップページ | いつの間にか貼り付け可になっていた »