« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

なんとかなるさ

B00005MG16俺たちは天使だ! VOL.1
沖雅也 多岐川裕美 渡辺篤史
バップ 2001-08-22

by G-Tools
B00005OLUQ俺たちは天使だ! VOL.10
沖雅也 多岐川裕美 渡辺篤史
バップ 2001-10-24

by G-Tools

 さらに見ていると DVD も出ていた。BOX は現在は出ていないらしいが、単品ではそろっている。久しぶりに見てみたいなあ。古いだろうけれど。

 しかし、単品で 10 枚はちょっと厳しいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とりあえず走ってみるか

B00005Q8A9COMPLETE SHOGUN
SHOGUN
ソニー・ミュージックハウス 2001-10-24

by G-Tools

 鉄腕ダッシュのソーラーカーのときに BGM として使われているのを懐かしく聴いていたのだけれど、SHOGUN が歌っていたのは覚えているもののさてなんという曲名だったかずっと思い出せずにいた。調べればいいものを今の今まで放置していてようやく見ると結構あれこれと出てきてなんとも懐かしい。

 同じ日本テレビ系でかつて放送された「俺達は天使だ!」の主題歌として使われていたわけだけれど、あれは面白かったなあと。今見たらあるいはそれほではないかもしれないのだけれど、それでも当時の記憶としてはずいぶん楽しませてもらったドラマだった記憶だけが鮮明に残っている。

 なんともお気楽でありながら元気のでる曲なのでひさしぶりにしっかり聴いてみたくなった。で、いろいろリンクをさらに見るといろいろお宝が。

B00005V295俺たちのメロディー
テレビ主題歌 大野克夫 井上堯之バンド
カルチュア・パブリッシャーズ 2002-02-27

by G-Tools

 残念ながらノベライズはさすがにもう見当たらない。みんな若いなあ。その後、沖雅也が自殺することになるなど思いもよらない。

Weareangel

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケーロヨーーン

 どういういきさつであったのかはもうまったく覚えていないのだけれど、ふと会話のなかでケロヨンのことが浮かんできた。「ケーロヨーーン」とか「バーハハーーイ」という台詞やら、「ケロケロケロヨン、ハイケロヨン」のケロヨン音頭とかが流れ始めてしまった。なにか蛙のことでもでてきたのだったか。

 といって具体的にどういった番組だったのかなんてことはもうすっかり忘れていて、蛙の人形か着ぐるみが出てきたのだろうとは覚えているのだが、細かいことはすっかり忘れている。

 で、検索してみると Wikipedia とかにそれなりに説明があって感心してみたり、意外にも近年になって映画の DVD が発売になったり、 CD が発売になったりしていたという事実にさらに驚いたり。

 手持ちの古いソノシートとかにあったろうかと探してみたけれど、さすがになかったのでちょっと見たり聴いたりしてみたい。

B000P5FY2Y藤城清治 ケロヨンのぼうけん
いずみたく 清水隆男 藤城清治
コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-07-18

by G-Tools
B000S00LTC藤城清治 ケロヨンの大自動車レース
キッズ
コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-08-22

by G-Tools
B000066O72ケロヨン・ソングブック‐木馬座レコードの世界‐
TVサントラ 新井勢津朗 森あき子
バップ 2002-06-21

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10年ひと昔ふた昔・・・

 さすがに 10 年も前だと比較するのが無理というか無茶というか無意味というレベルなのだけれど、このごろとみに実感するので。

  4 年で 10 倍というそもそものベースが少なすぎたのだというのは、今となってみるとそうなのだろうなとも思う。こちらのバイオ 505 は 64MB だった。今となっては増設もかなわないし、そもそも増設できても 96MB にしかできない。Win98 とはいえやっぱりもう少しあるべきなんだろうなと今となれば思うが、当時はそれでもまあ普通だったようにも思う。もっとあればいいのにと思わなかったわけでもないけれど、当時の諸般の事情というやつなのだろう。

 もはや OS を替えることができるようなスペックではないし(にもかかわらず FreeBSD 6.1 なんかをインストールしてたりはするのだけれど、実際実用にはほど遠い)、現状で使うしかない。で、最近のウェブサイトは非常に重い作りのところが多いので表示するだけでも時間がかかるうえに、ややもすると頻繁にブラウザが落ちる。

 さすがに 10 年も前のノートをいまだに使おうということが、そもそも無理があるのだということは十分理解できるのだけれど、せっかくあるのだからとモッタイナイ精神が顔をのぞかせてしまう。本音は新しく買い換えるほどの余裕がないというべきなのだけれど。

 100 ドル PCが本当に 100 ドルでそこそこのスペックだったら誘われないこともないのだけれど、それはやはり無理というものなのだろうな。型落ちの中古を安く買って PC-UNIX で使うというのが次善の策というところなのかもしれない。(OS なしで値段を下げてくれたらよかったのにねえ)

 ということでこたつトップはますます難しい。寒い。

B0011YTFQYASUSTek ノートPC EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/B EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/B
Asustek 2008-01-25

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お大寒さま

 おねげえしますだ。お慈悲でごぜえますだ。というような寒さが続く、よくぞ寒中とはいったもの。今年も比較的寒さにしろ雪の量にしろやや穏やかかと思っていたのだが、そうはいっても寒中、大寒を過ぎてというものなのかと。

 東京あたりも例によって雪だというので大変な騒ぎになっているわけだが、まあ普段降らない、凍らないところというのはそういうものであろうし、まあそれは仕方ないのだろうけれども、それにしてもの大騒ぎという感想はあながち間違いでもなかろうと思う例年のお定まり。

 正直こういう雪の降り方をするのは春先の特徴ともいえて、この冬の始まりがいきなり早くやってきたことを思うと春の訪れは案外早いのかもしれないとも思う。まあそれにつれて花粉の季節もやや早まるのかなどと不安もつきないけれど。

 昔に比べて楽とはいえ、また暑さも寒さもあっての季節というものであるし、それがなくなるような地球がやってきても寂しいことではあるし、さりとて燃料価格高騰の折、厳しい寒さは勘弁してほしいというのも正直なそして切実な願いであることも間違いない。

 お願いですからお大寒さま、大過なく寒中が過ぎますようおとりはからいのほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっとそこまで

 先日は NHK の「つながるテレビ@ヒューマン」でも取り上げられたというデイリーポータルZの「ちょっと見てきて」。今度はフジテレビアナウンサーの佐々木恭子さんからリクエストがということなのだが、本当に本人なのかなあ、とどうしても思ってしまう。まあ、本人かどうかは特に問題ではないのだけれど。

 面白い試みではあるのだけれど、さてこの先どう展開することやらと、別の意味の興味もあったり。

追記:01/22
 ご本人であることには間違いなかったようだ。もっとも番組のネタとしての特性が色濃いのも事実だったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鹿にかりんとう


434401314X鹿男あをによし
万城目 学
幻冬舎 2007-04

by G-Tools


 今期見ようかと思うドラマは、「鹿男あをによし」と「鞍馬天狗」くらい。「ちりとてちん」は別格。鹿男の一回目を見て、こんな話だったのかと。原作を読んでいないし、話題にはなったものの内容をしらずにいたので、こんな SF 的な話だったなんて。とはいえなんだか面白そうではある。

 ディックさんは放送前に原作をということで急遽買われて読んでいるとのことだが、昨年発売になったばかりで文庫は当分先になりそうなので、わたしが読むのは数年後になりそうだ。

 それにしても 22:00 からのドラマというのはできれば勘弁して欲しい。時間が遅い。つまらないバラエティを垂れ流すくらいなら良質のドラマを 21:00 台までに放送してくれたらなあと思うのだが、大多数の意見は別なんだろうか? それともあくまでもテレビ局の考え方なのか。

 そういえば「鹿男」。見ていたらふと、かりんとうを食べたくなってしまった。かりんとうというのは地元に結びついたお菓子(駄菓子)だなあ。鹿せんべいは特に食べたくはならなかったが。ということで久星のかりんとうを久々に購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

個人、情報保護法ではない

 先日ラジオで古い年賀状の処分をどうするかということを話題にしていた。女性のアナウンサーは盛んに「今は個人情報保護法がありますから、それにしたがって処分するようにしてください」といっていた。

 それ、ちょっと違う。

 いわゆる個人情報保護法は、原則的に企業や自治体・団体に対してその取り扱いに対して規定したもので、一般の個人に対してなにかを求めるものではなかったはずでは。もちろん、個人事業主であればその事業の範疇においては遵守する義務が生じるのはいうまでもないだろうが。

 さながら一般の個人が、年賀状など郵便物をそのまま可燃にせよ資源にせよゴミとして処分しようとしたら罰せられるような物言いは間違っているだろうな。

 もちろん、自分の住所のみならず、友人・知人の住所もさらしてしまうことになりかねないので配慮は必要だろうとは思うが、それによって法に触れるとかいうことでもない。正直なところ、昨今たびたび耳にする企業による情報漏えいのニュースだが、それによって処罰を受けたという話すら聞いた覚えがない。知らずにいるだけかもしれないが。ましてや、個人。

 正直そうしたものはシュレッダーダストにして処分するというところだとは思うが。それは法律うんぬんではなく、個人的に気持ち悪いからというところにすぎない。

 ところで年賀状ということだが、何百枚も届くというのであれば、その大半は仕事など義務的なものではないのか。とすれば少なくともそれらはせいぜいがとこ一年程度で処分というところでは。友人・知人であっても場所をとてしまって困るというのであれば、数年程度で処分。もちろん、これはという気に入ったものは残しておくなりすればいい。というところなのではないかな。

 わたしはとりあえず残したまま。少ないから。

個人情報の保護に関する法律 - Wikipedia

 お手軽なら手動、(今度はクロスカットにしたい)

B000817XRESANWA SUPPLY パーソナルシュレッダー PSD-11 (A4対応, CD対応, DVD対応, クレジットカード対応, クロスカット, 容量3.3L, カット枚数1枚)
サンワサプライ

by G-Tools

 でも、やっぱり電動は楽だろうなあ。

B000BTA7UIナカバヤシ 電動パーソナルシュレッダー NSE-201CB ブルー (A4対応, クロスカット4×42mm, 最大裁断枚数約5枚, 容量11L)
ナカバヤシ 2005-09-01

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

そうそう(草草)

 映画「銀色のシーズン」が公開になった。先日みた宣伝番組の雰囲気だけでも、思っていたよりも面白そうな印象は受けた。なにより BoBA さんも出演で撮影中のブログを読んでいたのもあって、気になってはいたのだ。

 が、そんなことよりも驚いたのが草草さんがでているということ。現在放送中の NHK 朝のドラマ「ちりとてちん」で徒然亭草草(つれづれてい そうそう)役を演じている青木宗高さんが出ている。撮影は昨シーズンに白馬にて行われたので、まだ大きな頭をしていたときだ。今はすっきりと髪を切ってしまっているので、それにあわせて舞台挨拶でカツラをかぶってみせたという写真が BoBA さんのところで紹介されている

 なんだかみなさんスキーはさほどできなかったので事前にかなり練習を積んだということでもあり、さらにスキーのできない花嫁役の田中麗奈さんにしても実際にスキーはおろかゲレンデに来るのも初めてだったという話で、そりゃ適役というものだろうと。

 撮影中に一度事故があったので、さてさてと思ったりはしたが、大きなものではなかったのも幸いしてかどうにか終ったようではあった。昨年は雪が少なくてかなり難儀したというのも。

 ところで BoBA さんだ。國村準さんも出演されているのだが、ふと正月に映画「キルビル」を見たら、ここでも一緒だったのだなあと。もっとも絡むシーンはないのだが。BoBA さんはマスクをつけていてもすぐに分かる。ある意味得なことなのかもしれないなと思いつつみていた。映画そのものについては、なんだか妙な映画だと思うしかなかった。航空機に日本刀を機内持ち込みしているとか、すし屋がすし屋には見えないとか、どこの日本だ? という雰囲気とか、まあいろいろ。最終的な2では北斗の拳になっているし。それを含めてある種のおばか映画と思えばそれはそれで楽しめるのだろうなと思ったしだい。

 久々にスキーもしてみたいものだと思ったり。もっとも 20 年もやってなければ、果たしてというところではある。

B0002LHWGCキル・ビル Vol.1 & 2 ツインパック
ユマ・サーマン 栗山千明 クエンティン・タランティーノ
ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント 2004-10-08

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

須弥山と極楽


4061157302須弥山と極楽―仏教の宇宙観 (講談社現代新書 (330))
定方 晟
講談社 1973-01

by G-Tools

 しゃばけで触れた「しゅみせん」とは、「須弥山」と書く。仏教の宇宙観に登場し、「高さ56万キロ、33人の天神が住む想像上の高峰」とされる。

 この本は昔、友人に教えられた一冊で、実に得るところの多かった良書。宇宙をどう捉えていたのかを詳しく解説してあり、宇宙観や輪廻・解脱といったところの解説へとすすんでいく。図や具体的な数字も多く添えられているのでイメージをつかみやすいというのも門外漢にとってうれしいところ。

 ちなみに「金輪際」という言葉もここからきている。風輪、水輪、金輪と重なったうえに大地などがあり、その中央にそびえるのが須弥山、というのが大雑把な世界。金輪と水輪との境が金輪際。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

しゃばけ


410146121Xしゃばけ (新潮文庫)
畠中 恵
新潮社 2004-03

by G-Tools

 ようやくにしてドラマ「しゃばけ」を見た。すでにひと月半ほどたっている。当初はなんとなく乗り気がなかったのだが、案外素直によくできていたなと思いつつ見終わった。原作を読んだのがすでに二年くらい前で細かな内容はすっかり忘れてしまっていたということも無縁ではないのだろうな。

 後になって話をきけば、あそこが原作とは違っているとかいろいろ気づかされるところはあったのだが、「ドラマや映画は原作とは別物」というのはすでに決まりごとのようになっているので、まあそういうものなのであろうと。

 とはいえ、やはり二時間あまりのドラマに納めてしまうには、原作のもつ雰囲気、その文章から感じさせてくれる空気というのは、表現しきれるものではないかなとも思うが、だからこそそれぞれのよさというものなのかもしれない。

 最後のほうになって、いきなり「しゅみせん」という言葉がでてきたが、さて、どれほどの人がその意味を理解しただろうか、などともふと思ったり。なんとなく雰囲気だけ感じたかもしれないけれど。

 第一弾と銘打ったので、ときどきこうした二時間枠でドラマ化する予定なのだろうか。とはいえ今後は短編だから、それらをつなぎ合わせてしまうのか。さて、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タイムラグ

 大晦日のこと。ラジオで紅白を聞きながら雪かきなどしてから、テレビを見ていた際にふと他の番組を確認しつつ進行状況をということでラジオをつけたままにしていた。で、たまたま紅白にテレビのチャンネルを戻すとなんだか妙なことになった。

 声の感じが違うのはスピーカーの違いとかいろいろあるのだろうからおくとして、音がずれている。正確ではないけれど 0.1 から 0.2 秒くらいテレビのほうが遅れている。まだ地上デジタルにはしていないのでアナログのままだ。ラジオとテレビで音声がずれるのだねえと初めて知った。

 いや、あるいはそれは電波受信の問題なのか? とも思ったりはするけれど、それでは時報の持っていた意味が果たせないのだから、そういう問題でもないのか? とも思ったり。もちろん録画という意味では遅れていてもいわばローカルタイムで問題ないというのはあるわけだろうけれど。

 で、昨年どこぞかで読んだ話で、確かにそうだなあと思ったのは、地上デジタルで電波の有効利用といっているけれど、昨年秋から始まった緊急地震速報に関してはかえってマイナスなんだなあと。デジタルの受信のためにはどうしても 2 秒ほど遅れが生じてしまうので、どの地域であってもテレビによる緊急地震速報はその遅れを避けることができない。

 一分くらい余裕があるときならまだしも 10 秒なんてときだったら実質 8 秒になってしまうのか。いやまあ、その 2 秒の差が果たしてどれほど意味をなすかどうかは分からないのだけれど、いずれにしても有効利用という名目のもとかえって不便、それも技術的にはどうにもならないと聞く不便を強いられることになるわけで、果たしてそれは本当の意味で有効な意味があるのかどうか。

 もちろん、たったひとつのマイナスを引き合いにしてというのはきっと早計なのだと思うけれど、とはいえ非常に重要な意味を持つ部分ではあるのではないかな、とも思うので。

 とはいえ、すでに動き始めていることゆえどうなるわけでもない。泣く子と地頭にはかなわないのは今も昔も同じこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっぱりレコーダーかな

 ビデオキャプチャユニットを使って数年なのだが、登録をしろというのが嫌なので番組表を使わずにずっといた。それが、昨年の秋ごろだったかになって予約録画ってものがあったのねといまさらながらに知って、それなら番組表もあるとやっぱり便利なんだろうねえ、と思い、意を決して登録するかとサイトにいったら二年ほど前から登録不要で使えるようになりましたとの文字が。もっと早く使えばよかったか、と思ったのは言うまでもない。

 それはともかく。そんなこんなで昨年終わりくらいからパソコンでの録画もなかなかに便利になったのはよかったのだが、本日残念な結果にしばし呆然。せっかく朝から録画していた「のだめ」の最後が録画できずに終っていた。気がついたときにはまだ放送はされていたが、すでに 30 分ほど逃しているのでいまさらというもの。なぜ失敗したのだろう、とあれこれ考えてみたが、予約そのものが間違っていたわけではない。ファイルをみると 6 時間で終っているのでヘルプを確認したら、書いてあった。最長録画時間は 6 時間だと。

 だったらどうして予約の際に録画可能時間を越えていると知らせてくれないのかなあ、などと思ってみたが、いまさらどうなるものでもなし。長時間だっただけになんだかよけいにがっかり感が強かった。まあ、たかだかドラマの録画なんだけれどね。

 以前放送の際に全部見てはいるのだが、せっかくまとめて再放送というのだから、この機会に残しておくかと思っていたのが無理になってしまったのがなんともがっかり。明日の残りの放送をどうしようか。

 といって、いまさら DVD-BOX を買うというのも間が抜けているしなあ。もう一度再放送してくれないかなあ。分割でいいから。

 やっぱり HDD レコーダーが欲しいところだな。なにしろ録画中はパソコン使えないし。(いや使って使えないことはないけれど、無理しても始まらないスペックだから)

B000HIVIGKのだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
上野樹里 玉木宏 瑛太
アミューズソフトエンタテインメント 2007-05-25

by G-Tools


 このあたりが手ごろか。

B000WHMGDKTOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD300GB RD-S301
東芝 2007-11-30

by G-Tools
B000IMVJ5ASONY スゴ録 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載HDD&DVDレコーダー400GB RDZ-D800
ソニー 2006-11-01

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふくら雀

20080101_1s


20080101_2s


 大晦日の雪というのは風情はあるが、正直勘弁してほしいというのが素直な気持ち。このあたりは幸いにしてそれほどひどくはなかったけれど、やはり山の方面ではいろいろあったようではあるし、昨夜も救急車の音とかもしていたし(まあ雪関連とばかりは限らないけれど)。

 明けて、屋根の上の雪にふくら雀が戯れている姿はちょっとほほえましい。いや戯れているのか、「寒くてかなわん」といっているのかどうかは知る由もないのだけれど。

 昨日はやはりの真冬日。というかほとんど気温変化がなかったという。

4416291116雪国のスズメ
佐野 昌男
誠文堂新光社 1991-03

by G-Tools

 マーケットプレイスのこの値段はなんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »